モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ25週147話感想あらすじ【9月21日(水)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想25週147話
2016年9月21日(水)放送
とと姉ちゃん25週テーマ「常子、大きな家を建てる」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで25週147話9月21日(水)

小橋宅にて・・・

花山伊佐次が、かか・君子を見舞いに訪れました。

ぶっきら棒で偏屈と言われた花山が、唯一といっていいほど丁寧に会話をする相手、その一人が君子でした。

花山が君子の部屋に通されます。

お茶を運んできた常子に、君子は花山と二人にしてほしいと告げます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e8%8a%b1%e5%b1%b1%e8%a6%8b%e8%88%9e%e3%81%84147

常子が部屋から姿を消すと「ずっと、花山さんにお礼を申し上げたかったんですよ・・・」と君子は話しだします。

そして、君子は花山に向き直ると「娘たちを、立派に育てていただき、感謝しています」と言うのでした。

すると花山は神妙な面持ちで‟これまでずっと悩んでいたこと”を、君子に語り始めます。

それは、常子の事でした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e8%8a%b1%e5%b1%b1147

 

 

 

 

 

 

 

終戦後「あなたの暮らし」を27歳で創刊した常子は、その時花山に宣言した「雑誌作りに人生をかける」と言ったことを守り44歳、まさに人生を「あなたの暮らし」に捧げてきました。

しかし、常子も妹たちや一般の女性のように、家庭を持ち家族を持つ暮らしを送ることもできたのではないかとも思っていたのでした。

「申し訳ありません・・・」

花山は、常子の人生を誤った方向に導いてしまったのではないかと、後悔の念を込めて君子に謝ります。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%8b%e3%81%8b02147

 

 

 

 

 

 

すると「常子は、幸せだと思います。」と君子は言い、何よりもそんなふうに見守ってくれる人がいるのだからと、改めて花山への感謝の気持ちを告げるのでした。

そして「よかった、お伝えできて・・・」と、何か一つの使命を果たしたかのように、安堵の表情を浮かべるのでした。

やがて、長話は体に障ると帰ろうとする花山に、「娘たちをこれからもよろしくお願いします」と、今度は花山に娘たちを託すかのように言うのでした・・・

 

花山が帰った後・・・

姉妹は三人そろってかか・君子の部屋に集まります。

冬の柔らかな日差しが縁側から部屋の中にまで伸びる、そんな中で、君子は三姉妹一人ひとりを褒め、そして感謝の言葉を伝えるのでした。

やがて、私の宝箱だという小さな行李(こうり)を皆の前に持ち出すと、常子に開けさせます。

すると中には、とととの最後のお花見をした造花、KT歯磨きなど、様々な小さな思い出が詰まっていたのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%ef%bd%94_%e5%b0%8f%e6%a9%8b%e4%b8%80%e5%ae%b6147

やがて、君子は娘たちの顔を見渡して「みんな、本当にありがとう、あなたたちは私の自慢の娘よ・・・」と言うと、仏壇のととの写真に向き直り、心の中で何かを報告するのでした。

そして、10日後
君子は安らかに息を引き取ったのでした・・・ つづく

▮とと姉ちゃんキャスト相関図・後期>>
▮とと姉ちゃん・モデルまとめはコチラ>>

<前回146話次回148話>