モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ26週152話感想あらすじ【9月27日(火)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想26週152話
2016年9月27日(火)放送

とと姉ちゃん26週テーマ「花山、常子に礼を言う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで26週152話9月27日(火)

あなたの暮し出版にて・・・

花山が取材で広島に行ってから4日目、花山の机には原稿や書類が山積みになっていました。

常子たちが、今日はやっと花山も戻って来る日だと話していると、そこに電話が入ります。

それは花山の妻・三枝子からの知らせで、花山が東京駅で倒れたというのでした。

 

病院にて・・・

常子と美子は、慌てて病院に向かいます。

2人が花山の病室に入ると、「やぁ、おふたりさん。」と言いながら、ベッドの上で原稿を書く花山の姿があるのでした。

その姿に、2人は唖然とします。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e7%97%85%e5%ae%a4152

花山は、胸が苦しくなって腰を下ろしただけだ、倒れたなんて大袈裟だ、と言います。

その元気そうな口ぶりに、常子と美子は安心するのでした。

やがて花山は、取材の目的について話し始めます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%af%e3%81%aa%e3%82%84%e3%81%be15202

 

 

 

 

 

 

 

戦争中の人々の暮らしを、記録として記事に残したいと言います。

歴史としての戦争ではなく、人々の日々を残し、世の中に忘れ去られないようにしたいと言います。

人々が何を食べ、何を着て、どんな暮らしをしていたかといったものは、何も残されていないと話します。

そして、一人一人が暮らしを大切にしていたら、戦争は起きなかったのではないかと言い、二度と戦争が起きないように、戦後生まれの人達にきちんと伝えたいと話すのでした。

花山は、終戦のあの日からずっと考えていたのでした。

そして、また来週にでも行くと言い出します。

 

 

 

 

 

「いい加減にしてよ、お父さん!」娘・茜が止めます。

さらに、妻・三枝子も、強く反対するのでした。

すると花山は「死んでも構わん。現役の編集者でありたいんだ!」と言い、常子なら分かるだろうと、語気を強めて問い掛けます。

しかし常子は、その取材には賛成できないと答えるのでした。

常子のその言葉に、花山もうなだれるしかありませんでした。

 

数日後の事

花山の病室を、常子と美子、水田が訪ねます。

常子は、花山に取材をしたい気持ちはまだあるかと尋ね、もちろんだと言う花山にある提案をします。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%b8%b8%e5%ad%90152

 

 

 

 

 

 

「あなたの暮し」の読者に、戦時中の体験記事を募集してはどうかと話します。

それで質の高い記事になるのかと疑問視する花山に、「読者を信じてみませんか。」と常子は答えるのでした。

それなら花山の身体に負担を掛けずに済むと、妻・三枝子も娘・茜も納得してくれます。

すると花山は、募集文は自分に書かせてくれと言い、常子の提案を受け入れるのでした。

 

2ヵ月が過ぎたころ、ある朝・・・

常子達が出社すると「常子さ~ん!大変です!」社員の島倉が大慌てで階段を降りて来て、とにかく2階へと急かすのでした・・・つづく

<前回151話次回153話>