モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ26週154話感想あらすじ【9月29日(木)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想26週154話
2016年9月29日(木)放送

とと姉ちゃん26週テーマ「花山、常子に礼を言う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで26週154話
9月29日(木)

「あなたの暮し」2世紀第32号は、特集記事を“戦争中の暮し”と銘打って発売されました。

花山が命を懸けて完成させたこの特集号は、ついに100万部を超える売上を記録し、創刊以来の快挙を達成しました。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%af%e3%81%aa%e3%82%84%e3%81%be01154

 

 

 

 

 

 

花山は「有り難いねぇ。」と、嬉しそうに読者からの手紙に目を通します。

これでゆっくりできますねと言う常子と美子に対し、花山は「次号があるだろう!準備を始めんと。」と言います。

そんな花山の顔を凝視する2人に対し、無理はしないと、花山は少しおどけた様子で答えるのでした。

 

昭和50年1月

あなたの暮し出版では、次号の出版に向け、社員達が交代で会社と花山の自宅を行き来する日々が続いていました。

社員達は皆、花山に怒鳴られていました。

しかし、一同はその事を笑顔で話し、花山に怒鳴られる事が久々で懐かしく感じたと、口々に話すのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%9f%e3%81%be%e3%81%8d154

 

 

 

 

 

 

この日は、たまきが花山の元を訪ねていました。

会社に戻って来たたまきは、「怒鳴られた方がよっぽど良かったです・・・。」と暗い表情で答えます。

そして、花山が話した内容を原稿に代筆したが、今日はそれさえもつらそうだったと、花山の様子を報告するのでした。

 

花山宅にて・・・

ある雪の日の事、常子が花山の部屋で代筆をしています。

仕事も終わり帰ろうとする常子に、花山はもう一つ『あとがき』の代筆をして欲しいと頼みます。

そして、それを自分が死んだ後の「あなたの暮し」に掲載して欲しいと言うのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e8%8a%b1%e5%b1%b1%e3%81%ae%e4%bb%a3%e7%ad%86154

何を言い出すのかと常子は濁しますが、常子にしか頼めない事だと花山から言われ承諾します。

乱れる呼吸を苦しそうにしながらも、ひと言ひと言思いを込めた花山の言葉があふれます。

やがて『あとがき』を話し終えた花山は、すべてをやり終えたかのように大きく息を吐くと、「さぁ、もう帰りなさい。」と言うのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%b8%b8%e5%ad%90154  %e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e8%8a%b1%e5%b1%b115402

そんな遺言にも似た花山の『あとがき』を聞いた常子に、急に不安が押し寄せ「花山さん、もし花山さんがいなくなったら、私、どうしたら良いんですか・・・」と涙を浮かべます。

すると花山は「常子さん、大丈夫だよ。」と力強く答えます。

そして、悩んだ時は君の肩に語りかけろ、君に宿ってやるからと言うのでした。

常子が帰ろうと玄関で花山の妻・三枝子に挨拶をしていると、花山が玄関まで出てきます。

忘れていたが次号の表紙だと言い、常子に表紙絵を渡します。

そして、真剣な表情で「常子さん、どうもありがとう。」と頭を下げるのでした。

三枝子は、花山にいつもとは違う何かを感じ取っていました。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%af%e3%81%aa%e3%82%84%e3%81%be03154

また来ますね」という常子に、花山は手を振り続け見送ります。

帰り道、常子もまた、花山の所作に何か異変を感じ取っていたのでした・・・ つづく

<前回153話次回155話>