モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ26週155話感想あらすじ【9月30日(金)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想26週155話
2016年9月30日(金)放送

とと姉ちゃん26週テーマ「花山、常子に礼を言う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで26週155話
9月30日(金)

あの日から2日後・・・

あなたの暮し出版では、いつ花山が書き直したいと言って来ても良いようにと、常子は花山の原稿を入稿せずに保留にしていました。

ちょうどその時、会社の電話が鳴ります。

水田が電話に出ると、それは花山の妻・三枝子からでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%b8%b8%e5%ad%90155

 

 

 

 

 

 

 

何か嫌な予感がしながらも、常子が電話を代わります。

三枝子は、落ち着いた声で、花山が息を引き取った事を伝えるのでした。

 

花山宅にて・・・

常子と美子が、急いで花山宅を訪ねます。

ベッドでは、花山が安らかな表情で眠っていました。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e8%8a%b1%e5%b1%b1%e3%81%ae%e6%ad%bb155

 

 

 

 

 

三枝子は、涙ながらに、花山の容体が急変し連絡が間に合わなかったと、常子に謝ります。

花山の顔を側で見た美子は、堪えきれずに声を出して泣き出します。

常子は、冷静ながらも、涙が溢れます。

そんな常子に、三枝子が話します。

2日前の夜、常子が帰った後、花山は満足そうだったといいます。

そして、「常子さんに任せておけば大丈夫だ。」と語ったと言います。

「そんな風に褒めて下さったのは、初めてですね・・・。」常子が応えます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%82%88%e3%81%97%e3%81%93155  %e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%9315502

そこに、花山の孫娘・みのりが、じいじの似顔絵を描いたと言って走ってきます。

「じいじ、起きて。」その無邪気な姿に、常子も堪えきれず、顔を覆い泣き崩れるのでした。

 

小橋家にて・・・

花山の死を受け、小橋家には暗い空気が流れていました。

そこに、常子が原稿を持って現れます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%b0%8f%e6%a9%8b%e5%ae%b6155

 

 

 

 

 

それは、三枝子から預かった、花山の最後の原稿でした。

皆で原稿を読み進めていると、たまきが何かに気付きます。

花山から、常子達姉妹に向けたメッセージでした。

美子、鞠子へのメッセージが読まれ、最後に常子へのメッセージが読まれます。

「常子さん、君に感謝を伝えるには、原稿用紙が何枚必要だろうね。君がいなければ、今の私はいなかった。ありがとう。」

そのメッセージに、常子は微笑みます。

そして、1枚の紙には、あなたの暮し出版の社員達の似顔絵が描かれているのでした。

 

花山が亡くなった、2か月後

「あなたの暮し」は、長年の功績が認められ、雑誌の最高栄誉とされる「日本出版文化賞」という大きな賞を受賞したのでした。

あなたの暮し出版では、社員達がテレビの前に集まっています。

社長の常子がテレビ番組に出演する事になったのでした。

緊張した面持ちの常子は自分の肩をポンポンと叩き、「どうしたもんじゃろうのう・・・。」と、花山に語り掛けます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e7%a4%be%e5%86%85155

そしていよいよ、常子がテレビ画面に映るのでした・・・  つづく

<前回154話次回156話>