モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

べっぴんさん ネタバレ1週5話感想あらすじ【10月7日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレ感想1週5話
2016年10月7日(金)放送
べっぴんさん1週テーマ「想いを込めた特別な品」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで1週5話

坂東邸にて・・・

母・はなの一時帰宅が許されました。

ゆりとすみれは、嬉しそうにはなを出迎えます。

はなは、初めて見る新しい我が家の、その豪華さに驚きます。

そして、はなのためにと家中の至る場所に飾られた花々を見て、はなの顔にも嬉しさが咲きほころびます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%af%e3%81%aa5

 

 

 

 

 

 

庭で楽しそうにはしゃぐゆりとすみれを、五十八とはなが2階のバルコニーから眺めています。

そして、五十八は、坂東営業部が成功したのも、大きな家を建てられたのも、幸せは全てはなのお陰だと話します。

その言葉を聞いたはなは「娘達をお願いします・・・」と、真剣な眼差しを五十八に向けます。

そして、ふたりの娘の事を語るのでした。

ゆりは強く見えてもいざという時に自分を貫けない一面を持っていて、最後の最後はそこが心配だと言います。

そして、すみれはぽーっとしているように見えて、実は芯の強い子だと言うのでした。

そして、何十年経っても、自分が娘達を深く愛していた事を忘れないで欲しいと涙ながらに話し、私達にとって娘は特別な存在、“べっぴんさん”だと言うのでした。

そして、はなが再度「五十八さん・・・私達の娘、ゆりを、すみれを、よろしくお願いします」と言うと、五十八は「任しとけ」と、涙ながらに力強く答えるのでした。

 

翌朝の事。

すみれが目を覚ますと、部屋の壁には花の刺繍のタペストリーが飾られていました。

すみれは、その美しさにうっとりします。それは、母・はながゆりとすみれを妊娠している時に、赤ちゃんの健康や幸せを想い刺繍したものでした・・・

その日、はなが病院に戻る時を迎えます。

五十八からタペストリーの話を聞いたすみれは、たどたどしい言葉で懸命にはなに伝えます。

「私な・・・もろうた人が、嬉しい思うてくれるような、思いを伝えられるような、そういう“べっぴん”を作る人になりたい。」

それを聞いたはなは、「ええなぁ。なれるよ、絶対。」とすみれを励まします。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%af%e3%81%aa005
 

この数日後、はながこの世を去るのでした。

時は流れ8年後。昭和17年(1942年)。

日本が戦争の真っただ中にあるころ、すみれは、女学校の5年生になっていました。

ゆりは、女子大学に進学し、英語の勉強をしていました。

すみれは女学校の親友・良子と君枝のもんぺに、3人お揃いのクローバーの刺繍をしプレゼントすると、2人はその刺繍を心から喜んでくれるのでした・・・つづく

<前回4話次回6話>