モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

べっぴんさん ネタバレ3週15話感想あらすじ【10月19日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想3週15話
2016年10月19日(水)放送
べっぴんさん3週テーマ「とにかく前に」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで3週15話

スポンサーリンク

闇市にて・・・

ここでは、どこからともなく流れてきたモノが、公定価格の数倍もの値段で取引されていました。

そんな梅田の闇市を、ゆりが大きな風呂敷包みを背負って歩いています。

そのゆりを、帰還兵らしき男が、後をつけるかのようについてきます。

ゆりも、その気配を察し自然と早足になります。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%82%86%e3%82%8a15

やがてゆりが自分たちのバラックに着くと、闇市を取り仕切る根本の子分たちが露天商に絡んでいるところに出くわします。

 

口をはさんだゆりにもとばっちりがかかろうとした瞬間、後をつけてきた復員兵が割ってはいります。

騒動を聞きつけた潔が通りに飛び出してくると、その剣幕に子分たちも引き揚げます。

「兄貴・・」復員兵が潔を見て呟きます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%88%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%9115

 

 

 

 

 

 

 

「おおっ!」そう叫ぶと潔はその復員兵と再会を喜び合うのでした。

呆気にとられるゆりに「ふたりは、復員列車で知り合って意気投合したんや」と潔が説明すると、男は「岩佐栄輔です」と名乗るのでした。

バラックで栄輔に白米のおにぎりをごちそうしていると、そこに、すみれが現れました。

栄輔はすみれを一目見て、好感を持ちます。

一方、すみれはと言えば、その食卓のごちそうに目を奪われていました。

やがて、潔と栄輔が栄輔の家探しに出かけると、ゆりは、今日は客がいたので特別なごちそうを出したが、日々の暮らしは厳しいとこぼします。

それを聞いたすみれは、持参した品をゆりに買い取ってほしいと頼むことができずに、そのまま持ち帰るのでした。

すみれが路地を歩いていると「邪魔やねえ、おどき」と女の声がします。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%88%e3%81%a4%e3%81%9315

 

 

 

 

 

 

振り向くと厚化粧の女がいました。

アメリカ兵に腕を絡ませたその女性は、女学校で同級生だったえつこ様こと高西悦子でした。

悦子は、家族や夫を戦争で亡くし、生き残った一人娘を育てていくために、昔の自分を捨てて生きていると話します。

悦子の覚悟に触れたすみれは、さくらには自分しかいないのだと、改めて気持ちを引き締めるのでした。

 

翌日の事・・・

すみれは売りたい品を持って、再びゆりを訪ねました。

幸い潔が販売を引き受けてくれましたが、潔からは「時代は変わった。すみれちゃんも自分の手で仕事して、自分の足で生きるんや」と言われるのでした・・・

その帰り道、あさや靴店の麻田の事を思い出します。

翌日、すみれは麻田を訪ねました。

あさや靴店の一帯は空襲の被害を免れ、麻田はアメリカ兵の靴の修理や下駄作りで生計を立てていました。

そんな麻田を前に、すみれは風呂敷包みを解き自分の靴を見せると、麻田に店で売ってほしいと頼むのでした。

しかし、麻田はすみれのために作った靴をほかの人に売ることはできないと謝ります。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%82%e3%81%95%e3%81%a015

 

 

 

 

 

 

すみれは、娘のためにお金が必要なのだと言って、写真ケースに入れたさくらの写真を見せます。

すると麻田は、すみれが刺しゅうを施した写真ケースの出来映えに目を留め、こうした品を作ってここで売ったらどうかと勧めるのでした・・・  つづく

<前回14話次回16話>