モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

べっぴんさん ネタバレ4週22話感想あらすじ【10月27日(木)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレあらすじ感想4週22話
2016年10月27日(木)放送
べっぴんさん4週テーマ「四葉のクローバー」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで4週22話

スポンサーリンク


すみれが君枝のところから戻ると、家の中から男性の声がします。

栄輔が、すみれの娘・さくらをあやす声でした。栄輔は食料を持ってきてくれ、さくらとも遊んでくれていたのでした。

栄輔の帰った後、遊び疲れてぐっすり眠るさくらを見ながら、すみれは「紀夫さんがいたらなぁ・・・。」とつぶやき、寂しさをつのらせるのでした。

 

大阪・梅田。潔たちのバラック小屋にて・・・

すみれの家から戻った栄輔は、特に意味は無いと念押ししながら、すみれの夫がどんな人なのかとゆりに尋ねます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%a0%84%e8%bc%9422

 

 

 

 

 

 

ゆりは、紀夫は捉えどころが無く、何を考えているのか分からない人だと話します。

そして、すみれと紀夫がお見合い結婚だと聞くと、栄輔は「愛とか恋とかやないんやな?」と確認するかのように言うのでした。

ちょうどそこに、潔が得意先回りから帰ってきます。

潔はゆりの好物である梅干しをもらってきたと嬉しそうに見せますが、ゆりは「それはありがとう。」とだけ言い、外へ出て行ってしまうのでした。

 

翌日の事。

すみれと良子が君枝を訪ねています。

君枝が夜を徹して仕上げたドレスのデザイン画を見せると、2人はその可愛いデザインにうっとりします。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e5%90%9b%e6%9e%9d22

君枝は、すみれから今回の話を聞いた時に、やりたくて仕方が無く感じたと打ち明けます。

良子も、こんな素敵なデザインを見たら、やりたくて仕方が無いと言うのでした。

こうして3人は、期間限定で「今だけの手芸倶楽部」を再結成するのでした。

さらに翌日、君枝の家に3人は集まると、良子の作った型紙を基に、すみれが母・はなの形見のウエディングドレスにはさみを入れるのでした。

 

大阪・梅田の闇市にて・・・

ゆりが歩いていると、町ではまた乱闘騒ぎが起きます。

ゆりが巻き込まれるところを栄輔が助け、男と殴り合いになります。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%a0%b9%e6%9c%ac22

 

 

 

 

 

 

その結果、相手の男は右腕を骨折してしまったのでした。

闇市の元締め・根本に、子分の玉井がその事を報告します。

腕を骨折した男も、根本の子分でした。根本は「ほな、そろそろやな。」と言い、雷鳴轟く中、不敵な笑みを浮かべるのでした。

 

その頃、

すみれ達はドレス作りを進めていました。

3人共、日常を忘れ、自然と笑顔になっていました。

そしてすみれは、自分はずっとこんな物作りをしたかったのだと、子供の頃の夢を思い出すのでした。

やがて、力を合わせて作ったドレスが出来上がるとすみれは思わずつぶやきます。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e8%89%af%e5%ad%90%e3%81%99%e3%81%bf%e3%82%8c%e5%90%9b%e6%9e%9d22
「天使のドレスやわ。」・・・つづく

<前回21話次回23話>