「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想1週1話【4月1日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想1週1話
2019年4月1日(月)放送
なつぞら第1週テーマ「なつよ、ここが十勝だ」

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!1週1話

昭和21年・初夏。
舞台は終戦直後の北海道、十勝平野。


奥原なつ(9才)は、満州から復員する柴田剛男(たけお)に連れられ、はてしなく続く一本道を歩いていた。

東京で生まれ育った奥原なつ。

彼女は母を東京大空襲で、父を戦争で失ってしまった。

なつは、4才上の兄・咲太郎(さいたろう)、3才下の妹・千遥(ちはる)、そして幼なじみの佐々岡信哉(のぶや)と共に、子供たちだけで東京でなんとか暮らしていた。

やがて孤児院で暮らすことになった奥原兄妹。

そこに剛男(たけお)は訪ねた。

剛男は、なつたちの父の戦友で、戦死の報告と手紙を届けに来たというのだった。

父の死を聞いて落胆する兄妹。

その境遇に同情した剛男は、兄・咲太郎の気持ちを汲み、なつだけを自分の故郷、十勝に連れ帰ったのでした。

柴田家にて・・・ 

柴田家は、十勝の開拓農家で、酪農と農業を営んでいる。

剛男は柴田家の婿養子だった。

無事復員した喜びもつかの間、いきなり見知らぬ少女を連れ込まれた柴田家は、その扱いに戸惑い、もめてしまった。

特に、剛男の妻・富士子(ふじこ)の父・泰樹(たいじゅ)は強く反対する。

かわいそうだからって、犬猫みたいに恰ってくるやつかあるか。
役立たんやつを増やしてどうすると、剛男に迫る。

自分の扱いについて言い争う大人たちを、無表情にじっとみつめるなつ。

それに気づいた富士子が、なつに優しく接すると、なつは耐えきれず泣き出してしまうのでした・・・

なつぞら感想・最終回まで!1週1話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

2話

スポンサーリンク