「なつぞら」ネタバレ18週まで公開コチラから 〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想1週6話【4月6日】

 

スポンサーリンク

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想1週6話
2019年4月6日(土)放送
なつぞら第1週テーマ「なつよ、ここが十勝だ」

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!1週 6話

 牛舎にて・・・ 

翌朝、なつが牛舎に行くと牛が出産する場面に立ち会います。

初めて見る光景に、なつの心臓は高鳴ります。

仔牛の誕生などをきっかけにして、なつの中に母と子、家族への思いが渦巻き、心がざわついていました。

教室にて・・・ 

天陽の絵を描くのをみていた時、教室の窓から強い風が吹き込みました。

天陽のノートに描かれた絵の馬が、風を受けてふわりと躍動したようになつには見えた。

なつがノートをとりあげパラパラとめくる。

すると描かれた馬の姿が、あちこち跳びはねているように見えるのでした。

楽しくて何度もめくるなつ。

この出来事が、その後のなつに大きな影響を与えることになるとは、そのとき、なつは気付いていませんでした。

その後、何日経っても兄・咲太郎からの手紙は来ませんでした。

そんな不安な気持ちを抱えて過ごすなつ。

柴田家にて・・・ 

ある日の事、夕見子の妹・明美(あけみ)の面倒を見る中で、泣き出した明美を見て、妹の千遥の事を思い出しきつく抱きしめてしまうのでした。

お兄ちゃんに会いたい、妹に会いたい、そんなやるせない思いを胸になつは考えます。

兄は、なつを寂しがらせないように、わざと返事を書かないのではないか・・・

子供部屋にて・・・ 

その晩、なつは、また兄に手紙を書きます。

しかし、思いが溢れてきて、涙が落ち便箋の文字がにじんで・・・

そんな中、なつは決意します。

また明けきらない静寂の中、なつは継ぎはぎのモンペと、カバンを下げて柴田家の前に立っていました。

そして、遠く薄白くのびる道を、なつは思いを振り切るように駆け出すのでした・・・

 

なつぞら 感想・最終回まで!1週 6話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀5話 | 7話▶

 

 

 

スポンサーリンク