「なつぞら」ネタバレ26週・最終回まで一気公開中!〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想4週21話【4月24日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想4週21話
2019年4月24日(水)放送
なつぞら第4週テーマ「なつよ、女優になれ」

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!4週21話

翌日、本格的な稽古開始の日、天陽が自転車に乗ってやって来た。

天陽の自転車はずいぷんとくたびれたもので、天陽は器用に乗りこなしていた。

倉田は台本を読んだという天陽に「好きに描いてくれ」と任せた。

「君の絵には、十勝の土に生きる人間の魂が見事に表現されていた・・・」

「は?」と小首をかしげる天陽。

時々好きなときにここへ来て、芝居の稽古を見て感じたことを、背景にしてくれればいいと倉田は言います。

 

いよいよ芝居の稽古と思ったら、やはりまずはランニングからだった。

天陽も一緒に走った。

準備運動をして体をほぐし、それからいよいよ演じてみるのだ。

ペチカ役のなつと、ポポロ役の雪次郎は稽古場の中央に立ち、掛け合いの場面を演じ始めた。

 

「だめだ!」芝居の途中で倉田が止めた。

「奥原、お前何を考えてる?ちゃんとやれ!」

「…あの…ちゃんとやってますけど…」

「ポポロに答えるセリフから、もう一回やれ」

なつは戸惑いながら、もう一度セリフを言った。

「だめだ、もう一回!」

「だめ、もう一回!」

 

何度やっても倉田は「だめ」と言うだけなので、「分かりません!どうすればいいんですか?」と、ついになつは、音を上げた。

「どうすればいいか、俺にも分からん。だが、お前がだめなのは分かる。自分で考えれ」

何しろ、芝居をするのが初めてなのだ。なつはすっかり萎縮していた。

そして、「下手以下だ」と言う倉田に、なつは呆然とするだけなのでした・・・

夕食時・・・ 

なつは帰宅するが、食卓にもつかず部屋で膝を抱えて泣いた。

夕見子が心配し部屋をのぞく。

「…悔しい…悔しいよ…。私は、何もできないよ…できなかった…」すっかり落ち込むなつに、毒舌家の夕見子も、ただ黙ってなつを見ているしかなかった。

演劇部稽古場にて・・・ 

翌日の稽古でも、倉田はなつの芝居を厳しく責めた。

「お前のセリフには魂が見えないんだ!もっとちゃんと気持ちを作れ!」

なつは混乱するばかり、ほかの部員も押し黙っている。

 

そんな時、つぶやくように、しかし、はっきりと天陽が言った・・・

「魂なんてどこに見えるんですか?魂なんて作れませんよ」

なつぞら 感想・最終回まで!4週21話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀20話 | 22話▶

 

 

 

 

スポンサーリンク