「なつぞら」ネタバレ26週・最終回まで一気公開中!〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想5週28話【5月2日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想5週28話
2019年5月2日(木)放送
なつぞら第5週テーマ「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!5週28話

「川村屋」にて・・・ 

しばらくして、野上がなつたちの席にカレーを運んできた。

早速、なつと富士子はおのおのカレーをすくってライスに掛け、口に入れた。

「…ん~…おいしい!」と、なつは顔を上げて富士子を見る。

特製カリーでおなかも満たすことができ、その晩、なつたちは「川村屋」のアパートの空き部屋に泊まった。

アパートにて・・・ 

富士子がポツリと言った。

「夕見子がね、大学に行きたいんだって」

富士子が押し黙るので、なつは心配になった。

「母さん、寂しいの?…私がいるしよ」

 

すると、富士子は言うのだった。

「夕見子に言われちゃったのよ。土地に縛るのは、なつだけにしてって。そんな気ないからね…いんだよ、なつだって別に…」

「…いいって何が?」

「もしも…もしもよ…いざというとき…私のことを、無理に母親だと思わなくてもいいからね」

富士子の言葉に、なつは小さく息をのんだ。

「やだ!…やだよ…私から、母さんを取らないでよ…」

なつは富士子にしがみついて泣きじゃくる。

子どもに返ったようだった。

川村屋にて・・・ 

翌日、なつと富士子は、光子との約束どおり、「川村屋」で朝食を取った。

「おいしい! このクリームパン」

「おいしいね。でも、このクリーム、「雪月」のシュークリームと似てない?」

「雪月」にて・・・ 

主・雪之助が息子・雪次郎と、夕見子を前に話している。

「17才から5年間、東京は新宿の「川村屋」というパン屋で修業をしてたんだ」

「新宿?なつと母さんも今、新宿に行ってるよ」と夕見子。

雪之助は「新宿か…懐かしいな」と違い目をした。

雪之助の話を聞いた夕見子は、その修業のたまものである名物のシュークリームを土産に買って家に帰った。

柴田牧場にて・・・ 

悠吉・菊介・照男・泰樹が並んで休憩していると、夕見子がやって来て包みを渡す。

「帯広に出たから。お土産。「雪月」のシュークリーム。みんなで食べて。じゃ、頑張ってね!」

手を振って出ていく夕見子に「女の子らしいとこを初めて見たなあ」と悠吉は目を丸くする。

 

「じゃ、頑張ってね!だもなあ」と菊介は笑いが止まらない。

「母さんとなつがいなければ、気が利くんだな」と照男もふっと笑った。

「…もったいなくて食えん…」と泰樹は言いながら、シュークリームを取り出して、うれしそうに口に運んだ。

「川村屋」にて・・・ 

なつたちが食後のお茶を飲んでいると、信哉が血相を変えて飛び込んできた。

咲太郎らしい人がいるらしいというのだった・・・

なつぞら 感想・最終回まで!5週28話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀27話 | 29話▶

 

スポンサーリンク