「なつぞら」ネタバレ18週まで公開コチラから 〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想5週30話【5月4日】

 

スポンサーリンク

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想5週30話
2019年5月4日(土)放送
なつぞら第5週テーマ「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!5週30話

 六区館の楽屋にて・・・ 

咲太郎が考え事をしていると、役者の松井新平が入ってくる。

博打で大勝ちしてやたらと気をよくしている。

「よし、サイ坊、今夜は二人でパーっと行こう!」

 

すると、突然、咲太郎が土下座をした。

「お願いします。その金を貸してください!」

 

十万円貸してほしいと言うと、松井は目を剥いた。

咲太郎の困窮を察した松井は、腕時計を7本取り出して咲太郎の前に並べた。

 

「これが博打の戦利品なんだ。質屋に持ってけば、10万くらいになるかもしれないぞ。」

川村屋にて・・・ 

翌日、なつたちは「川村屋」で咲太郎を待ち続けたが、夜になってもやって来なかった・・・

店を閉め始めていると、信哉が沈痛な表情をして現れた。

「咲太郎が警察に捕まった・・・」と言う。

咲太郎は、質屋に時計を持って行き、それが盗品だったらしく、その場で取り押さえられたというのだ。

夜が明けるとすぐに、なつたちは浅草に向かった。

六区館の楽屋にて・・・ 

幸い「六区館」ダンサー、マリーに話を聞くことができた。

「サイちゃんはやってないわよ、泥棒なんて」時計が盗まれた3日前の夜は、咲太郎と一緒に朝までいたと言うマリー。

警察に話したが、うやむやにされたと言う。

なつは複雑な気持ちてその話を聞いたが、ひとまず咲太郎が罪を犯したわけではないことは分かった。

川村屋にて・・・ 

なつたちが戻ってくると、角筈屋の茂木がなつたちを待っていた。

「こちらは藤田正士(ふじたまさし)さん、人呼んで『藤正親分』」と茂木はなつたちに紹介した。

戦後のムーランルージュを、この藤正親分が再建したんだ。と話しだし、ムーランの支配人で、咲太郎の親分格だったと話す。

咲太郎を助けたのは、ムーランで踊ってた、岸川亜矢美(あやみ)という踊り子で、亜矢美が咲太郎を自分のところに連れてきたと言います。

亜矢美は、母親のように咲太郎をかわいがっていた。だから咲太郎にとってムーランルージュは、親の居る場所、宝のような場所だと思っていただろうと思いを語ります。

そして藤田は、ムーランルージュが潰れたとき、咲太郎が必死に買い戻そうとしたのだと話す。

10万円を用意すれば、共同経営者として買い戻せるとの口車に乗り、それで金貸しから借りたが、その金を持ち逃げされた。

咲太郎は、その10万円を作るまでは新宿に戻らないと、そう言って姿を消したと回想する。

 

ただ、誰かがあいつの保証人になったと藤正親分は不思議がる。

「その保証人。よっぽどのお人よしか、ばかですね」と茂木が言うと、横で光子(こうこ)が恥ずかしそうに小さく手を挙げた。

「マダム!」、「まさか…」。皆、あんぐりと口を開けた。

「親分…咲太郎はだまされたって本当ですか?サイちゃんが私をだましたわけじゃないのね?」と少し安堵する光子。

 

その時、信哉が喫茶室に飛び込んできた。

警察で咲太郎から少し話が聞けたというのだ。

「…それで、あいつの手紙を預かってきたんだ」

信哉が差し出した封筒には『なつへ』と書いてあり、中には短い走り書きが入っていた。

なつ…すまない…お前はもう、こんな兄ちゃんのことは忘れてくれ…、北海道で、幸せになれ…。

兄ちゃんも…お前を忘れる・・・

そのころ、十勝でも事件が起きていた

柴田牧場の作業場にて・・・ 

長男・照男が作業をしていると、思いつめた表情で泰樹が入ってきた。

「お前・・・、なつと結婚しろ」

そうすれば、なつは正真正銘の柴田家の家族になると言うのでした・・・

なつぞら 感想・最終回まで!5週30話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀29話 | 31話▶

 

スポンサーリンク