「なつぞら」ネタバレ26週・最終回まで一気公開中!〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想7週40話【5月16日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想7週40話
2019年5月16日(木)放送
なつぞら第7週テーマ「なつよ、今が決断のとき」

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!7週40話

雪月にて・・・ 

(39話雪月にての続き)

泰樹は、東京に行く雪次郎と一緒に、なつの東京行きも面倒見てほしいととよに話します。

孫であり愛弟子なのに寂しくはないのかと聞かれた泰樹は「わしが、なつを裏切ったんじゃ。なつを自由にしてやりたい・・・」と言ってうつむくのでした。

やがて、試作品のパフェを運んできた店主・雪之助に「お前、東京になっちゃんも連れてってやんな!」と、とよは命じるのでした。

なつの部屋にて・・・

天陽の家から帰ったなつは、絵を描きながら天陽とのやりとりを思い出していた。

『なっちゃんは、自分の信じたことをやればいい。』

『天陽君、そんなに応援しないでよ!』

「ああ!」とため息を吐き、私はばかだ…と顔を伏せた

天陽のアトリエにて・・・

天陽も絵筆をとるが、なつとのいきさつが頭を離れない。

そこに照男がやってきた。

なつが東京に行ってもいいのかと聞く照男。

「なっちゃんは、いつかここから居なくなるとずっと思っていた・・・」と天陽は言う。

さらに、幼いころ、この土地から離れたくないという天陽の希望を、親身に応援してくれそれを実現させてくれたなつ。

そのなつの希望を、今度は自分が応援すると天陽は胸の内を語ります。

その気迫のこもった言葉に、照男も返す言葉はなかった・・・

集乳所にて・・・

富士子が泰樹に伝えます。

なつが東京へ行きたい理由は、兄妹の事とは別に東京でしたいことがあるのかもしれないと、心当たりがあるように話します。

なぜそれを言わないのかといぶかしげに言う泰樹。

私たちに悪いと思って言い出せないのだろうと、富士子はなつの思いを推し測るのでした。

夕食にて・・・ 

囲炉裏の真ん中には、照男が作ったというサケの牛乳鍋が湯気を立てている。

照男は「みそと牛乳が合うんだわ」と鼻歌交じりに皆の椀によそう。

そこへ弥市郎と砂良が訪ねてきた。

昼間、富士子と照男が、なつのお礼にと阿川家に牛乳を届けた、その返礼に来たと言います。

そして、弥市郎は抱えていた包みをほどき、立派な木彫りの熊を差し出しました。

なんだかソワソワする照男。その顔に時々目を走らせる砂良。

二人の間には、なにか別の空気が流れているかのようでした。

泰樹が食事をと誘ったが、二人はそのまま帰って行きます。

 

ひとしきり牛乳鍋でほっこりしたあと、泰樹がぼそりと口を開きます。

「なつ、・・・お前のことは『雪月』に頼んどいた。雪次郎と一緒に、東京に行けばいい・・・」

なつは、それほど泰樹の怒りをかっているのかと声を震わす。

「私はもう、じいちゃんと家族ではいられんの?」

しかし、泰樹の思いは別のものだった。

「いつでも戻ってこい。ここは、お前の家だ。先に東京の用事を済ませてこい。」と、穏やかな口調で話します。

そして、「もし東京で幸せになるなら、それも立派な親孝行じゃ。絶対にそれを忘れんな」と優しいまなざしでなつを見るのでした。

雪月にて・・・ 

翌日、なつは「雪月」を訪ねた。

笑顔で迎えるとよの顔を見て、なつの顔がゆがむ。

「私は、ずるい…。じいちゃんを裏切ってしまった」と、とよにすがるのでした・・・

 

なつぞら 感想・最終回まで!7週40話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀39話 | 41話▶

 

スポンサーリンク