「なつぞら」あらすじ一覧はコチラから 〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想8週47話【5月24日】

 

スポンサーリンク

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想8週47話
2019年5月24日(金)放送
なつぞら第8週テーマ「なつよ、東京には気をつけろ」

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!8週47話

『風車』を飛び出したなつ。

心配する咲太郎は『川村屋』のアパートまでついてきた。

歩きながら冷静さを取り戻したなつは、咲太郎に『風車』での振る舞いを謝り、再び会えた喜びを素直に伝えたのでした。

川村屋の寮にて・・・

なつともっと話がしたい咲太郎は、寮にまでついてきた。

なつは佐知子に気付かれないためにと、雪次郎の部屋を訪ねた。

そこには、銀座で勉強していたという雪次郎の父・雪之助がまだ居た。

なつぞら_47_雪之助

雪之助は初めて会う咲太郎に、持参のバター煎餅をふるまった。

うまいと言う咲太郎に、北海道の味だと告げると咲太郎の顔色が変わった。

咲太郎は、なつが北海道でこき使われた挙句に追い出されたと亜矢美から聞いて以来、北海道を恨んでいた。

それを聞いた雪之助は「それは違う、なっちゃんは柴田家に大事に育てられたから東京に来られたんだ」誰がそんなことを言ったんだと反論した。

なつぞら_47_アパート

なつのあることないことを亜矢美に吹き込んだのは、酔ったあげくの自分ということはすっかり忘れている様子だ。

雪次郎が「なっちゃんは、夢があって東京に出てきた」と説明した。

「私がやりたいのは漫画映画」と、なつが明かすと「子どもが見るもんだろ、あんなのは」と咲太郎は怪訝な顔をした。

なつは口をとがらせて「子どもの夢を作りたいの!子どもの見るものだから、私は作りたいの!」と思いを伝えた。

なつぞら_47_なつ01

すると咲太郎は納得した様子で「応援する、俺に任せろ」と胸をたたいた。

なつは、咲太郎の夢を聞いてみた。

咲太郎は『ムーランルージュ』を復活させ、亜矢美を舞台に戻してやることだと言って思いをはせる。

「よしっ!また来るわ」と咲太郎が立ち上がった。

帰ろうとする咲太郎に、なつはは佐知子が咲太郎を待っているみたいだと伝えます。

すると咲太郎は「かわいそうな子だから優しくしてやってくれ」と、身内の事を話すように言う。

「お兄ちゃんは、あんまり優しくしないほうがいいと思う」となつは忠告するのでした。

咲太郎は『愛情』と『同情』の垣根が無いようだ、特に女性には・・・

なつの部屋にて・・・

寝ている佐知子を起こさないように、壁に、父の描いた家族の絵、うさぎのセル画、そして柴田家の集合写真を貼った。

なつは心の中で、北海道の家族に呼びかけた。

『今のお兄ちゃんと、どうやったらまた家族になれるのか分からない・・・』

そして、父の描いた幼い咲太郎の絵を眺めながら、大人になった咲太郎を描いてみるのでした・・・

『川村屋』にて・・・

数日後、真新しいジャケットに身を包んだ信哉(なつの幼なじみ)が『川村屋』を訪ねてきた。

なつと会うのは昨年以来だ。

マダム光子と野上の計らいで、二人は営業中の店で話をすることができた。

なつぞら_47_信哉

希望する新聞記者ではなく、放送記者になったという信哉。

これからは新聞記者より大きな可能性があるかもしれないと、信哉は希望に満ち溢れた表情を浮かべた。

なつぞら_47_のぶ

「開拓者なんだね、ノブさんも」と、なつは尊敬の眼差しで信哉を見た。

そして、仕事が終わったら一緒に行ってほしい所があると、なつは信哉を誘った。

行き先は『風車』だった。

風車にて・・・ 

なつが店に入ると、亜矢美はバツの悪そうな表情を浮かべた。

カウンターの端には、咲太郎のことをよく知る藤正親分が座っていた。

なつに気づき「おお・・・」と軽く声を上げた。

なつぞら_47_風車

「なんか・・・ご用・・・」そっけない亜矢美の言葉に、なつは意を決したように亜矢美を見た・・・

 

スポンサーリンク

なつぞら 感想・最終回まで!8週47話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀46話 | 48話▶

 

スポンサーリンク