「なつぞら」あらすじ一覧はコチラから 〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想8週48話【5月25日】

 

スポンサーリンク

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想8週48話
2019年5月25日(土)放送
なつぞら第8週テーマ「なつよ、東京には気をつけろ」

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!8週48話

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

 風車にて・・・ 

なつは改めて藤田と亜矢美から、咲太郎が新宿でどうやって生きてきたのか聞こうと思ったのだ。

なつぞら_藤正親分_藤田正士

昭和21年の夏、少年の咲太郎は、「妹を迎えに北海道に行きたい・・・親分、俺は、どうやったら金を作れますか?」と藤田に聞いたという。

「あなたを捨てたわけじゃない。私が捨てさせたの」亜矢美が目を伏せると、藤田は「違うだろ。あんたはまた踊っただけだ」と優しく言い直した。

「それを見てあいつは、ここで生きる決心をしたんだ」

客のいないステージで、亜矢美と踊る少年・咲太郎の姿がなつの脳裏に浮かび上がった・・・

「救われたのは私のほうだよ。お兄さんを長い間引き止めて悪かった」

なつの心は、いつのまにか解けていた。

なつぞら8週48話なつ

あなたがいてくれて、本当によかった。私も北海道の家族に救われました。

そして夢ができたんですと、なつは亜矢美に話す。

「…そんな苦労なら、してよかったんだねぇ」と亜矢美は心からほほえんだ。

新宿では、皆が自分の生き方を必死に探している。なつにはそう思えた。

川村屋にて・・・ 

ある日、なつは、「川村屋」へ「東洋動画」の仲と陽平に来てもらい、これまで練習した絵を見せた。

仲の反応は好感触だった。

そこに、咲太郎がやって来た。なつは仲と陽平に、兄・咲太郎を紹介した。

すると、たちまち佐和子がやって来て接客する。

咲太郎が来た時の佐和子は、なつにも急に優しくなる。

その女心がなつには苦しい。

もの静かそうな仲や陽平と、べらんめえ口調の咲太郎とはかみ合わないように思え、なつは会話の中で何度もハラハラした。

なつぞら8週48話咲太郎

そんななつをなだめるように、陽平が『角筈屋書店』と印刷された紙袋を差し出した。

袋の中には大判の洋書が入っており、めくると動物の動きが連続写真で載っている。

その洋書をなつにプレゼントすると陽平は言います。

「動きの基礎を勉強するのにいい」と仲も笑顔で勧めた。

本を抱えて喜ぶなつの隣で、咲太郎は立ち上がると「奥原なつを、よろしくお願いいたします!」と、深々と頭を下げるのでした。

なつは昼間「川村屋」で働きながら、夜は自室で絵の練習に励んだ。

なつぞら8週48話なつ

試験会場にて・・・ 

そして、6月。

いよいよアニメーターになる試験の日がやって来た。

なつは、泰樹の懐中時計を強く握りしめ、試験会場のドアに向かって歩きだす。

「じいちゃん…行くべ」・・・つづく

 

スポンサーリンク

なつぞら 感想・最終回まで!8週48話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀47話 | 49話▶

 

スポンサーリンク