「なつぞら」ネタバレ26週・最終回まで一気公開中!〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想9週54話【6月1日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想9週54話
2019年6月1日(土)放送
なつぞら第9週テーマ「なつよ、夢をあきらめるな」

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!9週54話

『風車』にて 

なつが引っ越してくると知った咲太郎が二階を案内する。

咲太郎の部屋の対面の三畳間を開けると、

所狭しと掛けてある色鮮やかな亜矢美の私服が、なつの目に飛び込んだ。

好きに着ていいと亜矢美に言われたなつは、服を分け入るように物色した。

どうせ寝に帰るだけと言う咲太郎が、この三畳間を使うことになり、

咲太郎の今までの部屋に服を移して、なつが使うことになった。

高卒で臨時採用のなつの月給は、五千円。

そこから、千五百円を家賃として支払うことになった。

この家にあるものは全部、使い放題、食べ放題、着放題と亜矢美は言った。

超お得である。

『川村屋』にて 

なつは、光子に引っ越しの報告をした。

光子は「しっかり自分を持って、自分を支えていきなさい」となつに助言し、いつでもいらっしゃいと手を差し出した。

そして、厨房では職長・杉本の励ましの言葉と、みんなの温かい拍手に送られるのでした。

寮にて・・・ 

なつの引っ越し荷物を運ぼうと、咲太郎も来ていた。

同室の佐知子が、名残惜しそうになつに声をかけると、隣室の雪次郎が顔を出した。

咲太郎は、今夜はなつの就職祝いをするからと、二人も招待するのでした。

『風車』にて 

その晩の咲太郎のとっておきのメニューは、天丼だった。

料理人だった父の天丼の味が忘れられず、おいしい天丼だけを追い求めたと、咲太郎は手早く調理しながら、みんなに熱く語った。

信哉がやって来て、就職祝いにと花束を差し出した。

「お花もらうなんてはじめてだわぁ・・・」なつはとても喜ぶのでした。

「よしっ!これで昔の家族もそろったな」と満足そうな咲太郎に、でも・・・千遥がいないとつい口にするなつ。

咲太郎は「千遥のことは言うな」と止めた。

探さないのかと心配する信哉に「探してどうするんだ。幸せを壊すのか?」と語気を強めた。

千遥のことが頭から離れないなつだが、咲太郎には別の考えがあるようだった。

なつ、咲太郎、亜矢美、雪次郎、佐知子、信哉。

そこに、出勤前の腹ごしらえに来たというカスミとレミ子も加わり、全員で天丼をほおばった。

こんなにうまい天丼は初めて食ったと信哉が声をはずませる。

咲太郎に、役者やダンサーを目指さないのかと雪次郎が聞いた。

「裏方ばかりやりたがるのよ、この子は」と亜矢美が口を出し、カスミも同調した。

「表に立ついい役者や芝居が見られると、それで満足できる・・・」と咲太郎。

それを聞きながら「咲太郎らしいな」と、信哉は深くうなずいた。

なつは「私も同じかもしれない」と共感し目を輝かせた。

「何でもいい。自分を生かす仕事を見つけた者は幸せだ」

咲太郎の言葉を聞きながら、その場にいる全員が天丼を味わう。

からりと揚がった衣に幸せがしみていた・・・

『東洋動画』の出社初日 

亜矢美に選んでもらった服を着て、見違えるほどあかぬけた姿で『東洋動画』に出社したなつ。

夢に向かう最初の扉を開けたのでした・・・

つづく

 

なつぞら 感想・最終回まで!9週54話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀53話 | 55話▶

 

スポンサーリンク