「なつぞら」あらすじ一覧はコチラから 〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想10週56話【6月4日】

 

スポンサーリンク

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想10週56話
2019年6月4日(火)放送
なつぞら第10週テーマ「なつよ、絵に命を与えよ」

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!10週56話

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

昼休み、なつが『白蛇姫』の絵コンテを眺めていると、仲と陽平がやって来た。

仲に誘われて、なつは、仕上げの仕事が終わると作画課を訪ねることにした。

そこでは、陽平たち美術スタッフが背景画を作っていた。

フロアのいちばん奥に、原画を描く仲と井戸原昇(いどはらのぼる)の机があった。

 

なつは、元警官の下山克己(しもやまかつみ)との再会を喜び、はしゃいでいると大沢麻子にぶつかってしまった。「ちょっと!」となつをにらむ麻子は、洗練された印象だ。

下山が説明をしてくれた。

アニメーションというのは、まず2枚以上の原画が描かれ、その原画と原画の間をつなぐ「中割」と呼ばれる動画が何枚か描かれて、一つのシーンカットになる。

原画と動画を描く人を「アニメーター」と呼ぶが、中でも原画はそのシーンの基礎となる。

下山をはじめとした六人が「セカンド」となって、仲たち原画担当との間に立って、動画担当を指導しているのだという。

 

下山がなつに説明していると、先ほどの麻子と動画担当・堀内幸正(ほりうちゆきまさ)が言い合っている。

警戒するなつに、自分と麻子はセかンドだと、下山はささやく。

 

二日目の朝。

亜矢美は初日よりも、色柄の派手な服を選び、なつを躊躇させた。

出社すると、やはりその服は同僚の女性陣を刺激した。

北海道での幸せな生活や職場の人間関係を思うと、なつは一人、素早く昼食を終え仕上課に戻った。

 

『白蛇姫』の絵コンテを穴の開くほど眺める。

何ともスケールの大きい幻想的な物語なんだろう・・・

スポンサーリンク

なつぞら 感想・最終回まで!10週56話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀55話 | 57話▶

 

スポンサーリンク