「なつぞら」ネタバレ26週・最終回まで一気公開中!〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想10週60話【6月8日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想10週60話
2019年6月8日(土)放送
なつぞら第10週テーマ「なつよ、絵に命を与えよ」

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!10週60話

試験会場にて・・・ 

なつは一心不乱になって描いた。

終了後、一緒に受験していた三村茜が、驚いた様子で声をかけてきた。

「あなたってすごいのね、よくこんなに描けたわ」

なつは「全然ダメだった…」と悔しそうに答えた。

所長室にて・・・

規定15枚。

なつの描いた枚数は30枚以上でダントツの一番だった。

しかし、完成度が低かった。

仲は、なつは独学でここまでやったとアピールする。

「それじゃ、勘じゃないか」と露木。

「その勘が、彼女にはそなわっている」と、仲は熱弁をふるう。

審査は遅くまで続いた・・・。

作画課の会議室にて

原画アニメーターの仲と井戸原に呼び出され、試験の結果を伝えられた。

なつは、試験に落ちた

結果を聞いたなつは「悔しいが、自分のせいだ」と二人の前で自分の未熟さを認めた。

井戸原は、30枚も書かずに規定の15枚を丁寧に仕上げればよかったのにと、不思議そうに聞いた。

すると、なつは「イメージが湧き、どうしても描きたくなった。でも、手が追いつかない。下手だとよく分かった。それが悔しくて…」と言い、うつむきます。

そして、動画の勉強は今後も続けさせてほしいと、意を新たにするのでした。

部屋を出ると作画課の仕事場だ。

なつはセカンドアニメーターの麻子と目が合った。

麻子が茜に指導をしている様子を見て、一緒に受験した茜は合格したとなつは知った。

会議室では、井戸原と仲が話している。

「まいったね…イメージに手が追いつかないか…あれでもう、われわれと同じことで悩んでいるんだからね」井戸原は驚きを隠せないと微笑んだ。

仲も、満足そうにうなずくのでした・・・

十勝の阿川家・・・

菊介と天陽が見守る中、熊の毛皮をかぶった照男が砂良に告白した。

「砂良ちゃん好きです。結婚してください。どうか俺と一緒に生きてください。」

照男が砂良に告白できないことに業を煮やした菊介が、天陽にも協力させ、照男が砂良ににプロポーズする喜劇じみた作戦を立てた。

危うく父・弥市郎に銃をぶっ放されそうになったが、作戦は見事に成功した。

 

年が明けた・・・

天陽のアトリエにて・・・ 

<なつから天陽への手紙>

『天陽くん、元気ですか?

照男兄ちゃんと砂良さんのこと、心からうれしいです。

ばかなことを考えた菊介さんと、天陽くんにも、心から、ありかとうと言いたい。

今は毎日、仕上の仕事、彩色に打ち込んでいます。それも、まだまだ未熟です。

当分、北海道には帰れません。帰りません。

十勝に帰りたい…みんなに会いたい…だけど今は、振り返りません。

私はここで、生きていきます。』

 

なつの決意を、改めて突きつけられた天陽。

なつには『待たない』と宣言し送り出した天陽。

だが、なつとのこれまでの手紙は、天陽にとってなつとのつながりの証しだった。

私はここで、生きていきます。』なつは別の世界で生きていく人となった。

家業を継ぐために、自分の家族を持つべき時が迫っている天陽。

その道に、なつはいないのか・・・

手紙を読み終えると、天陽は描きかけの絵に向かった。

その絵は、膝を抱えて座り、じっと正面を見つめているなつの絵だ。

こぼれ落ちる涙をぬぐいながら、天陽はその絵を塗り潰し始めた・・・

つづく

 

なつぞら 感想・最終回まで!10週60話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀59話 | 61話▶

 

スポンサーリンク