「なつぞら」あらすじ一覧はコチラから 〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想11週61話【6月10日】

 

スポンサーリンク

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想11週61話
2019年6月10日(月)放送
なつぞら第11週テーマ「なつよ、アニメーターは君だ

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!11週61話

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

仕上課にて・・・ 

「お疲れさまでした!動画総枚数65,298枚すべてのトレース、彩色が終わりました!!」

課長・山根の顔がほころび、仕上課のスタッフは解放の喜びに激しく手をたたいた。

不眠不休、残業の日々が、とうとう終わったのだ。

このあと、出来たセル画と背景画を合わせて撮影し、編集し、声優が吹き替えたセリフや音楽と重ね合わせると、映画『白蛇姫』は完成する。

昭和32年(1957)、中庭には桜が咲いていた。

初めて携わったアニメーションの制作作業を終えた満足感は、疲れも忘れさせる。

風車にて・・・ 

なつが跳ねるように「風車」帰ると、カウンターに男女二人が片寄せあうようにいた。

なつはその二人に抱きつく。

結婚式を挙げたばかりの照男と砂良(さら)が、新婚旅行に東京へとやって来たのだった。

なつが雪の中で遭難し、弥市郎と砂良に助けられたことがきっかけで、二人は結婚することになった。

柴田家では、これを『なつの恩返し』だと言い盛り上がったという。

 

照男は、祖父・泰樹から託されたバターをなつに渡します。

なつはその香りを吸い込むと「懐かしい・・・」と目をつむった。

天陽の話や、砂良が持ってきた木彫り熊で盛り上がっていると兄・朔太郎が帰宅する。

照男と咲太郎、なつの兄どうし、照れくさそうに初対面の挨拶を交わす。

照男は、朔太郎の正直さを気に入ったようだ。

なつの部屋にて・・・ 

なつの本気は、彼女の部屋によく表れている。

照男と砂良がなつの部屋に案内されると、机の中央に描きかけの動画用紙、その脇に、描き終わった動画用紙が山と積まれていた。

照男は「頑張ってるな」となつをねぎらうのでした・・・

 

スポンサーリンク

なつぞら 感想・最終回まで!11週61話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀60話 | 62話▶

 

スポンサーリンク