「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想11週62話【6月11日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想11週62話
2019年6月11日(火)放送
なつぞら第11週テーマ「なつよ、アニメーターは君だ

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!11週62話

『赤い星座』の公演・・・ 

咲太郎が所属する劇団「赤い星座」の4月公演『人形の家』が幕を開けた。

主人公ノラの迫力に、なつも雪次郎も身を乗り出して見入った。

咲太郎は、終演後も興奮冷めやらぬ二人を連れて、ノラ役の亀山蘭子の楽屋をたずねた。

なつと雪次郎は、緊張で姿勢を正した。

蘭子に舞台の感想を聞かれたなつは、

「絵に描きたいが、この感動は描けない。それぐらいすごかった」とあたふたと答えた。

「こんがらがった感想ね。でも、うれしい」と蘭子は笑った。

北海道の農業高校で演劇をやっていたと、紹介された雪次郎は、

伝える力がプロなんだと。それが新劇なんだと思いました」と蘭子に伝えた。

「あなた今、何をしてらっしゃるの?」蘭子は興味深そうに雪次郎を見た。

 菓子作りの修業をしてると聞き、「それでよく、芝居をやめられたわね」と不思議そうな顔をすると、楽屋に戻っていった。

雪次郎はその場で固まってしまい、お礼を言うことすらできなかった。

何かを思いつめるような雪次郎を、なつは心配した。

咲太郎もまた、雪次郎をじっと見つめた。

この出会いは、雪次郎にとって衝撃的なものとなったようでした・・・

『風車』にて・・・ 

まだ興奮冷めやらぬなつは、亜矢美に、芝居の感想を熱っぽく話した。

咲太郎が得意げに「長い間、女は家の中に閉じ込められてきた。それを解き放とうという運動なんだよ、この芝居は」と言うと、ずっと黙っていた雪次郎が口を開いた。

芝居は運動なんかじゃない

すかざす亜矢美は「いつもと目が違う」と、雪次郎の顔をのぞいた。

「演劇や文学の目的は、問題の解決にあるんじゃないとイプセンは言っています」と、口火を切ると、雄弁に語り出した。

咲太郎は「よく勉強してるな」と素直に感心した。

「いくら本を読んでも分からなかったことが、あの人の演技を見て、実感できたんです」と、雪次郎はすっきりとした表情をした。

あの人とは亀山蘭子のことだ。

人間の描写』を絵にしたいと思ったなつは、その夜、蘭子の芝居を思い浮かべながら、白蛇姫のワンシーンを描いた。

なつの苦手な、線をきれいに描く『クリーンナップ』を心掛けて丁寧にペンを走らせるのでした。

仕上課にて・・・ 

『白蛇姫』の仕事が終わり、嘘のように暇になっていたなつたちに、検査担当の富子がトレースの練習を勧めた。

皆が尻込みする中、なつがひとり手を挙げる。

自信があるのかと富子に聞かれ、「クリーンナップの練習をしていたので、大丈夫だと思いたい」と話す。

皆が見守る中で、なつは、席に着いてトレースをはじめた。

用意された魚の絵の線をきれいに写し取ると、富子は「なかなかうまいじゃない」と褒めた。

結局なつは通算で、同じ絵を10枚も描いた。

10枚のセル画を富子が重ねると、それぞれの線はズレていて、絵はぼやけて見えた。

なつは、自分の実力を思い知らされたのでした・・・

 

なつぞら 感想・最終回まで!11週62話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀61話 | 63話▶

スポンサーリンク