「なつぞら」あらすじ一覧はコチラから 〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想11週63話【6月12日】

 

スポンサーリンク

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想11週63話
2019年6月12日(水)放送
なつぞら第11週テーマ「なつよ、アニメーターは君だ

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!11週63話

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

楽屋にて・・・ 

「あなた今、何をしてらっしやるの?」と蘭子はじろりと雪次郎を見た。

新宿の『川村屋』でお菓子作りの修業をしていると雪次郎が言うと、蘭子は「それでよく、芝居をやめられたわね」と言うのだった・・・

一見ちぐはぐな出会いをした蘭子と雪次郎たちの関係は、これっきりではない。

だが、それはまたのちの話となる。

劇場を出て、3人は「風車」で食事をした。

風車にて・・・ 

3人はおでんをつまみながら、芝居談議に花を咲かせた。

「長い間、家の中に閉じ込められてきた女性を解き放とうという芝居なんだ」と、得意げに言う咲太郎に、雪次郎は、それは違うという顔をした。

「芝居は運動なんかじゃないです。」

演劇や文学の目的は人間の描写だとイプセンが言っていたが、亀山蘭子の演技を見てその意味がようやく分かったと熱く語るのでした。

仕上課にて・・・ 

『白蛇姫』の仕事が終わって暇となったなつたちに、先輩の富子がトレースの練習を勧めた。

やがて富子は、なつが描いた10枚のセル画を重ねて見せた。

すると、1本のきれいだった線がぶれて、白娘の顔がぼやけたように見えた。

次に、ベテラントレーサーの西部が描いたセル画を10枚重ねて同じように見せる。すると、ほぼ一本の線画に見える。たちまち、なつは敗北感にさいなまれた。

「みんなも心して練習してください」

昼休み、桃代と昼食のパンを食べながら、自分の未熟さを話した。

やがて話題は変わり、ファッションの話になった。

最近の桃代は、なつの着ている多彩な服装に感化され、二人並ぶと異色な雰囲気が漂うのだった。

すると突然「二人とも、よく頑張ってるよ」

不意に背後から声がして、振り返ると、スケッチブックを抱えたアニメーターの下山が立っていた・・・

 

スポンサーリンク

なつぞら 感想・最終回まで!11週63話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀62話 | 64話▶

 

スポンサーリンク