「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想11週63話【6月12日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想11週63話
2019年6月12日(水)放送
なつぞら第11週テーマ「なつよ、アニメーターは君だ

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!11週63話

仕上課にて・・・ 

自分の実力を思い知ったなつ。

ベテラントレーサーの描いたセル画を10枚重ねると、ほぼ一本の線画に見えた。

そして、仕上課の先輩・富子は、トレース技術の大切さをなつたちに説明した。

いっそう気持ちを引き締めるなつのでした。

昼休みの中庭にて・・・ 

桃代いわく、トミさん(富子)のいけにえにされてしまったなつの表情は沈んでいた。

桃代が話題を変え、お互いのファッションの事情で話が盛り上がっていた。

すると、突然背後から「二人とも、よく頑張ってるよ」と、下山が言う。

「今のところ、同じ服装を見たことがない。感心するよ」と言って、スケッチブックを見せた。

二人の服装を記録したデッサンがびっしりと描いたあった。

驚く二人に、「同じ服装を着たらやめようと思っていたら、こうなったと」と下山は笑った。

なつが困惑していると、「同じ服装で来たら逮捕する」と下山はけしかける。

 

するとなぜかムキになり「逃げ切ってやる!」と意気込む桃代に、なつはたじろいだ。

『川村屋』にて・・・ 

仕事帰りに、なつは久しぶりに『川村屋』を訪れた。

テレビが置かれた『川村屋』は、ますます繁盛していた。

嫌みの効いたギャルソン・野上の言葉、ウエイトレス・佐知子の笑顔、マダム光子(こうこ)の天然さ加減に触れて、なつは嬉しくなった。

そこへ、信哉がやって来て、なつとの久しぶりの再会を喜んだ。

そして、これからテレビで、信哉が取材したニュースが流れるのだと晴れがましい顔をした。

やがて、白黒のテレビからニュース映像が流れ、『都会の迷子たち』のテロップが大きく出た。

なつは信哉と光子とテーブルに座り、迷子の様子を迫った番組を見入っていた。

すると、幼い頃の妹・千遥の姿を想い出し、なつの胸が痛んだ。

思いつめたなつの表情。

そして、なつは意を決したように「ねえ、ノブさんお願いがあるんだけど・・・」と信哉に向き直ると「千遥を見つけたい」と信哉を見つめた。

咲太郎の考えを知る信哉は、渋った。

光子は「サイちゃんは、自分が何をしてやれるか不安なのだろう」と、咲太郎の気持ちを代弁した。

なつは、咲太郎には話すから探して欲しいと言うと、信哉は「必ず捜すよ」となつを安心させた。

自室にて・・・ 

仕事から帰ってきた咲太郎は、幸い機嫌がよかった。

「こっちは明日が千秋楽だ。雪次郎が毎日見に来てるぞ」と、咲太郎はあきれ顔だ。

なつは、なつは姿勢を正すと、千遥のことを切り出した。

「千遥がいることを確認するだけ。遠くから見るだけでもいい。」

なつの真剣さに打たれた咲太郎は、古い葉書を取り出した。

千遥は幸せに暮らしていると書いてあるそのハガキの差出人は『川谷とし』。

なつたちの母親と仲のよかったいとこで、住所は千葉だった。

「引っ越す前の家にも行ったが、どこに行ったか分からなくて」と咲太郎はすまなそうに言い、部屋を出て行った。

咲太郎も千遥に会いたかったことが分かり、なつはうれしかった・・・

 

なつぞら 感想・最終回まで!11週63話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀62話 | 64話▶

スポンサーリンク