「なつぞら」あらすじ一覧はコチラから 〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想11週65話【6月14日】

 

スポンサーリンク

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想11週65話
2019年6月14日(金)放送
なつぞら第11週テーマ「なつよ、アニメーターは君だ

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!11週65話

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

そして、三度目の試験の目がやって来た。

「新しい私!」と、なつが思いを込めた服で試験に臨んだ。

試験会場にて・・・ 

そこには仲と井戸原、養成期間中の新人アニメーターが集まっていた。

課題は、就業時間内の8時間で、5枚以上の動画を完成させることだった。

 

いつかじいちゃんの歩いた道にたどりつけるように…。

なつは泰樹の懐中時計を胸に、試験に臨んだ。

試験が終わって数日後、なつは仲と井戸原に呼び出された。

「短い間に、よくここまで上達したね。君に、アニメーターとしての可能性があることを誰もが認めざるをえない」ついに、なつは合格した。

半年ほど過ごした仕上課ともお別れだ。

なつは早速、十勝の泰樹に『合格』を知らせる手紙を書いた。

じいちゃんは、いつでも私の、いちばんの誇りです。

 

なつの合格と同時に、兄・咲太郎も、ついにマダム・光子に借金を全額返し終えた。

なつと2人で『川村屋』を訪れた咲太郎は、晴れ晴れとした顔で封筒を光子に渡す。

なつは「マダム、野上さん、私、アニメーターになったんです!」と明るい声で報告した。

 

昭和32年の夏。

次回作の長編映画『わんぱく牛若丸』の制作が決定した。

「原画、動画も関係なく無記名でキャラクターを募集し、検討会を開きたい!」と仲が言うと、みんなが沸いた。

井戸原がまだ製本されていない脚本を配った。

そこには登場人物表も入っていた。

それを手にし、なつの胸は高鳴るのでした。

そして、井戸原が「みんな、奮って参加するように」と言うと、一斉に「はい!」と、皆が威勢よく返事をして解散した・・・

 

スポンサーリンク

なつぞら 感想・最終回まで!11週65話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀64話 | 66話▶

 

スポンサーリンク