「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想11週65話【6月14日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想11週65話
2019年6月14日(金)放送
なつぞら第11週テーマ「なつよ、アニメーターは君だ

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!11週65話

『風車』にて・・・ 

なつは、咲太郎と雪次郎と食事をしながら、「動画のテスト」の話をした。

亜矢美は、「期待されてるってことだね」と喜んだ。

なつは「今度こそ、期待に応えないと」と気合を入れた。

咲太郎はアフレコに感動した様子で、あれこれ語ると「とにかく、おもしろい発見だった」と力説した。

そこに、出勤前のカスミとレミ子が入ってきた。

『人形の家』を観て感動したと言うレミ子は、「劇団に入りたい」と咲太郎に熱っぽく語るのでした。

夢に向かうなつと、新しい夢をみつけたレミ子。

雪次郎はひとり、何か思うものがある様子だった。

試験の日・・・ 

そして、三度目の試験の日がやって来た。

課題は8時間で、5枚以上の動画を完成させること。

仲の号令と同時に、なつはペンを走らせた。

泰樹の時計を胸に「東京を開拓して来い」という泰樹を思い浮かべ、なつはさらにペンに魂を込めた。

試験後の面接にて・・・

数日後、なつは仲と井戸原に呼び出された。

受験者の中で一番の50枚を描いたというなつ。

なつびいきの仲だけでなく、井戸原もなつを褒めた。

「短い間に、よくここまで上達した。君に、アニメーターとしての可能性があることだけは、誰もが認めざるをえない」と井戸原。

すると仲が「合格だ!」と、力強く言った。ついに、なつは合格したのだ。

麻子もなつを推していたと、仲はなつに教えた。

面接後、なつが麻子のもとに向かいお礼を言うと「よかったわね、頑張りなさいよ」と、麻子はクールに返した。

セカンドの下山が「ようこそ動画の世界へ」とほほえむと、作画課のみんなが拍手でなつを歓迎した。

なつは、ようやくアニメーターになれた実感を味わうのでした。

仕上課にて・・・

なつは、検査担当の富子と山根課長に報告した。

富子は「いい動画を描いたら、きちんと仕上げてみせるから。そのときは、なっちゃんと呼ばせてもらう」とエールを送った。

うれしくなったなつは、つい口がすべり「そのときは私も、トミコウさんと呼ばせていただきます!あっ、トミさんでした…」と、最後まで富子をいらだたせた。

近くで聞いていた桃代は笑いをこらえるのに必死だった。

なつからの手紙・・・

なつは、早速、泰樹に合格を知らせる手紙を書いた。

今度会うときまでに、この道をしっかり歩ける人になっていたいです。

大好きなじいちゃん、いつでも私の、いちばんの誇りです。

『川村屋』にて・・・

なつと咲太郎がそろって『川村屋』を訪れた。

咲太郎は、晴れ晴れとした顔で、封筒をマダム光子に渡した。

ついに、借金を全額返済し終えたのだ。

そして、なつがアニメーターになったことを報告すると、光子は飛び跳ねるように喜んだ。

「大きな声を出さない。マダムまで!」とギャルソンの野上がいつもの仕草をした。

満席の店内では子どもたちが、アメリカの子ども向け番組『名犬チンチンリー』を夢中になって見ていた。

咲太郎は、アメリカのドラマのセリフが、日本語で流れることを不思議がった。

光子が、子供には字幕を読ませるよりも見やすくなるから、日本人がセリフを話していると教えた。

 

それを聞いた咲太郎は、とても興味を持ったのでした・・・

 

なつぞら 感想・最終回まで!11週65話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀64話 | 66話▶

スポンサーリンク