「なつぞら」ネタバレ18週まで公開コチラから 〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想11週66話【6月15日】

 

スポンサーリンク

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想11週66話
2019年6月15日(土)放送
なつぞら第11週テーマ「なつよ、アニメーターは君だ

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!11週66話

昭和32年(1957年)の夏。

ついにアニメーターになったなつは、興奮を隠しきれませんでした。

会議の場にて・・・ 

仲と井戸原がスタッフを集め、次回の長編映画『わんぱく牛若丸』の制作が決定したと発表した。

そして、仲が無記名でキャラクターを募集し、検討会を開きたいと言った。

登場人物表の入った脚本を、手にしたなつの胸は高鳴った。

「期限は、お盆休み明けまで。奮って参加するように」と井戸原が言うと、「はい!」と皆が威勢よく返事をして散会となった。

なつは興奮が止まらず、セカンドの麻子に声をかける。

「いきなりキャラクターを考えろと言われても…」と悩んで見せるが、「期待されていないから、楽でいいじゃない」と、あっさり麻子に言われてしまうのでした。

作画課にて・・・ 

大杉社長が取り巻きを引き連れて作画課にやってきた。

大杉は、『白蛇姫』の大ヒットを感謝し、次回作もいい漫画映画にしてくださいとあいさつした。

「しかしアータ、ここは女の子もたくさんいていいね」と、ぐるりと見回す大杉。

突然目が合い、凝視されたなつはしかたなく会釈した。

幸いにも、大杉はなつの存在を忘れていたようだ。

大杉は女性スタッフ全員に語りかけた。

「お母さんは昔、こんな漫画映画を作っていたんだと、自分のお子さんに誇れるような、立派な仕事をしてください」

昼休みの中庭にて・・・ 

なつは、大杉社長の挨拶について、茜相手に文句を言い続けた。

「結婚や、子どもが生まれたら、仕事を辞めるのはおかしい。努力してやっとアニメーターになったんじゃないですか!」と怒りが収まらない様子だ。

「やめろって言わせなきゃいいんじゃないの」

いつのまにか麻子が背後に立っていた。

文句を言う前に、会社から引き留められるくらいのアニメーターになればいいだけだと麻子は言い、その場を去っていった。

「あんなふうになりたいの?」となりで見ていた茜は、麻子の背中を見送りながらぽつりと言った。

自宅にて・・・ 

なつは、富士子を思い浮かべながら、常盤御前を描き始めた。

イマジネーションが湧き、鉛筆がすらすら動いた。

その時、「信哉が来ている」と、咲太郎がなつに声をかけた。

信哉が、千遥の転居先を調べて知らせに来てくれたのでした。

千葉の船橋まで行き、それらしい女の子を見かけたものの、声はかけないままに帰って来たという。

その子が千遥かどうかは、分からないとのことだった。

会いたいというなつの願いに、固い表情だった咲太郎もようやくうなずいた。

家に居そうな時を考え、お盆の8月15日に会いに行くことに決まった。

そして8月15日・・・ 

なつと咲太郎は、せまい路地裏で信哉が知らせてくれた「栄春荘」を見つけた。

「どうする?」と咲太郎は、珍しくおじけづいたような顔をする。

「ここまで来たら、行くしか…」と言うなつも、もじもじしていた。

すると、不意に一室のドアが開いた。

そこから17才ぐらいに見える少女と、つえを突いた中年男性がゆっくり現れた。

少女は優しく、男性を介助している。

「千遥…」なつは、ついたまらず声をかけた。

少女と男が振り返る。

なつは、その少女の顔をじっと見つめるのでした・・・

つづく

 

なつぞら 感想・最終回まで!11週66話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀65話 | 67話▶

 

 

スポンサーリンク