「なつぞら」あらすじ一覧はコチラから 〉〉〉

なつぞらネタバレあらすじ感想11週66話【6月15日】

 

スポンサーリンク

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレあらすじ感想11週66話
2019年6月15日(土)放送
なつぞら第11週テーマ「なつよ、アニメーターは君だ

なつぞらネタバレあらすじ感想・最終回まで!11週66話

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

なつは興奮が止まらず、ちょうど通りかかったセカンドの麻子に話しかけた。

いろいろと質問してみるが、「あなた期待されてると思ってるの?」と麻子はなつを見る。

「思っていません・・・」となつ。

「なら、楽でいいじゃない」となつの肩をポンとたたき、去っていくのでした。

 

入れ代わりに、なつのそばに寄ってきたのは三村茜(みむらあかね)だ。

なつより2才上で、前年12月の動画試験に合格した人物である。

線が丁寧なところが長所だが、作業が遅い。なつとは対照的だった。

 

そのとき、社内放送のスピーカーから社歌「東洋行進曲」が大音量で流れだした。

大杉社長のおでましの合図だ。

所長の山川や取り巻きを引き連れて、大杉は、にこやかに現れた。

「『白蛇姫』が、大ヒットを記録している。次回作『わんぱく牛若丸』もいい漫画映画にしてください」

 

なつは以前、大杉に面接で入社試験を落とされたので、目が合わないようにと警戒している。

その訓示のなかで、大杉は、アニメーターや女性を卑下するような発言をするので、なつは癪に障る。

昼食時、中庭で茜を相手に大杉の文句を言った。

一方的に辞めさせられるのか?となつが意気込んでいる、いつの間にか麻子が後ろに立っていた。

「それじゃあ、会社からいてほしいと思われるアニメーターになればいい」とにべもなく言われるのだった。

なつは『常盤御前』のキャラクターを描こうと思っていた。モデルは十勝の富士子にするつもりだ。

そんなことを考えながら、絵を描くことが楽しくてたまらなかった。

 

そんなとき、信哉が「千遥は千葉の船橋にいる」と知らせに来た。

なつと咲太郎は、8月15日に、千遥を確かめに行くことにする。

 

そして、その日。

千遥のアパートまで来るが、二人は怖気づく。

と、不意に一室のドアが開き、少女と松葉づえを突いた中年男性が現れた。

 

川谷幸一だった。

少女は優しく、幸一を介助している。

「千遥か?・・・」もっと近づいて確かめたい!。

そんな衝動に駆られるなつの腕を、咲太郎がつかんで止めた・・・

 

スポンサーリンク

なつぞら 感想・最終回まで!11週66話

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

◀65話 | 67話▶

 

 

スポンサーリンク