「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【なつぞら】小畑雪次郎(山田裕貴)のモデルは誰?

北海道時代からのなつの幼なじみ、小畑雪次郎(おばたゆきじろう)。

演じるのは、山田裕貴(やまだゆうき)さんです。

『雪月』の主人、小畑雪之助の長男であり、父・雪之助が修行した『川村屋』で修行するために、なつと共に上京します。

さて、この雪次郎には、モデルがいるのでしょうか?

雪次郎の実家である『雪月』は北海道の菓子屋として有名な『六花亭』がモデルとなっているといわれています。

とすると、雪次郎は『六花亭』の経営者の誰かがモデルなのでしょうか。

 

【なつぞら】小畑雪次郎のモデルは誰?モデルの『六花亭』を探ってみた

『六花亭』は本社が帯広です。

ご存じのように、帯広は『なつぞら』北海道編の舞台となった十勝地方にあります。

そして劇中の『雪月』は帯広にありました。

この『六花亭』は小田豊四郎(おだとよしろう)さんという方が創業者です。

様々なお菓子のアイデアを生み出し『お菓子の発明王』と呼ばれ、今の『六花亭』の基礎を作った人物です。

この小田豊四郎さんの長男で『六花亭』を受け継いだのが小田豊(おだゆたか)さんという方です。

豊さんは大学卒業後、老舗菓子屋に菓子作りの修行にでています。

一方、劇中の雪次郎くんも『雪月』の小畑雪之助の長男で、店を継ぐために東京の『川村屋』に菓子作りの修行にでます。

『六花亭』が『雪月』のモデルであるとすると、この『六花亭』の小田豊さんが雪次郎のモデルになっているのかもしれません。

また、『小田』と『小畑』という苗字のつけ方を見ても、かなり意識せざるを得ませんね。

 

【なつぞら】小畑雪次郎のモデルは誰?モデル・小田豊さんのキャリアがすごい!

小田豊さんが生まれた時、『六花亭』はまだその前身である『札幌千秋庵帯広支店』でした。

少年時代:なりたかったのは…

幼少のころ、豊さんの友達には、親が医者や弁護士の人たちがいたそうです。

その家庭の裕福な様子を見て、豊さんは漠然と医者か弁護士になりたい、と思っていたそうです。

しかし、結局は両親に影響されたのでしょうか、豊さんは高校の時には菓子屋になる決意をします。

1969年に慶應義塾大学を卒業した後、京都の老舗菓子屋『鶴屋吉信(つるやよしのぶ)』で三年半修行しました。

『鶴屋吉信』は今も超人気店で、その見事なお菓子につい見とれてしまいますね。

『六花亭』入社後

1972年、『鶴屋吉信』での修行を終えた豊さんは、父の経営する『札幌千秋庵帯広支店』に副社長として入社します。

その頃、会社は日本初のホワイトチョコレートを開発しこれが大当たりしていました。

そして、これを機に1977年、社名を『六花亭』と改名。

改名記念として発売されたのが、あの北海道土産の定番の一つとなっている「マルセイバターサンド」です。

これが大ヒットになり、『六花亭』が全国的に有名になっていったのは、みなさんもご存じの通りです。

豊さんはお菓子をヒットさせるかたわら、十勝という土地を愛し、地域振興にも力を注ぎました。

十勝地方にある中札内村(なかさつないむら)の森林を購入、ここにマルセイバターサンドの製造工場を中心として、『中札内美術村』を作り上げたのです。

ここには美術館やレストラン、庭園などが含まれていて、地域に根ざした施設作りがされています。

 社長としての小田豊さん

豊さんは1995年に社長に就任しますが、色々な意味で型破りな社長でした。

その代表的なものが「モノ作りは人が生命線」という主義です。

たとえば、当時『六花亭』には人事部というものがなかったそうです。

なぜなら、豊さんは従業員約1300人の顔と名前を、ほぼ全員覚えていたそうです。

そのうえで、人事はすべて豊さんが仕切っていました。

つまり、ワンマンなの?かというと、そうではなかったようです。

その背景には、「人事は劇薬、だから人事の責任が取れるのは社長だけ」という信念があったのだそうです。

そのため社員のみならずパートの採用も、豊さん本人が面接をしていたそうなんですよ。

すごい信念と、パワーの持ち主なんですね。

また、商品があまりにヒットしたため生産が追いつかず、社内が過酷な状況になったこともありました。

その時にも、豊さんは積極的に工場を増やすなどして労働環境を改善させ、残業ゼロや全従業員有給休暇の完全取得を実現させています。

百貨店から東京への出店を打診された時も、売り上げや規模拡大よりも従業員の質を維持することを優先し、断ったんだそうです。

「人」へのこだわりを感じますね。

2016年には豊さんは社長を引退。現在は『六花亭』の商品開発部ともいうべき『六花亭』食文化研究所所長として活躍されています。

 

【なつぞら】小畑雪次郎のモデルは誰?まとめ

劇中の雪次郎のモデルではないかと言われている、『六花亭』の小田豊さんのプロフィールについてご紹介しました。

雪次郎との共通点は、父が菓子職人でお菓子のアイデアマンであったこと、経営者の長男であったこと、職人修行をしていることですね。

とはいえ、豊さんは演劇もやっていませんし、職人修行も大学卒業後ですし、モデルというよりも参考にしたかな?という感じでしょうか。

さてさて、雪次郎くんが今後どうなっていくのか、一説によると、ちょっと不良になっちゃうかも…という情報も舞い込んできています。

さらに、雪次郎くんに注目です!

◇モデル一覧15名はコチラから>>

スポンサーリンク