「なつぞら」ネタバレ18週まで公開コチラから 〉〉〉

【なつぞら】モデルは誰?神地航也(染谷将太)のモデルとは

 

スポンサーリンク

 

『なつぞら』では、『東洋動画』に新人アニメーターとして、染谷将太(そめたにしょうた)演じる神地航也(かみじこうや)が入社してくる予定です。

神地は、抜群の画力で入社した新人アニメーターという役柄です。

なつぞら_神地_かみじ_染谷

仕事に対して情熱的に取り組み、時に知的でウィットに富んだ言い回しで周囲を和ます、愛されキャラと言う感じです。

さらに、柔軟で大胆な発想を得意とし、アニメーション界に新しい風を吹かせていくとのこと。

さて、染谷さんが演じる神地航也とは?

そのモデルになった人物はいるのでしょうか?調べてみました。

【なつぞら】モデルは誰?神地航也は日本アニメ界の超大物監督がモデル?!

劇中の『東洋動画』は、現・東映アニメーション(旧・東映動画)がモデルになっているということは周知のとおりです。

このことから、神地航也のモデルになった方が『東映動画』のアニメーターの中にいたのではとの推察から、当時のアニメーターを調べてみました。

また、神地はなつの後輩という設定なので、なつのモデルとされている奥村玲子さんの後輩のアニメーターを調べてみました。

すると、ナントその中に、今は日本を代表する超大物監督の名前を見つけることが出来ました。

その名前は、宮﨑駿(みやざきはやお)さんです。

引用:https://www.asahi.com/

劇中の神地は、抜群の画力で『東洋動画』に入社し、『高畑勲(たかはたいさお』さんがモデルと言われている坂場一久と意気投合します。

実際に、宮﨑さんも高畑さんと意気投合し、一緒に『スタジオジブリ』を創設したのは有名な話ですね。

これらの事から『なつぞら』の神地は、当時の宮﨑駿さんがモデルではないかといわれています。

 

【なつぞら】モデルは誰?神地航也のモデル宮﨑駿さんのプロフィール紹介

それでは、神地航也のモデルとされている宮﨑駿(みやざきはやお)さんとは、いったいどんな人物なのでしょうか?

白蛇伝でアニメに興味

一族が経営する数千人の従業員を擁した「宮崎航空興学」の、重役の二男として宮崎駿さんは生を受けます。

昭和16年(1941)1月5日生まれ。

宮崎さんは、幼少のころから何不自由なく育ち、漫画が大好きな少年でした。

高校3年生のときに、東映動画の日本初フルカラー・アニメーション映画『白蛇伝』を鑑賞して、主人公の白娘に恋をし、アニメの世界に興味を持つようになったと言われています。

そして学習院大学卒業後、抜群の画力で東映動画に入社します。

ルパン、ハイジ、そしてコナン

最初は動画担当としてのスタートでしたが、1965年に公開された『ガリバーの宇宙旅行』のラストシーンを、監督や演出家に直談判して変更し、実質的に原画も担当して頭角を表します。

この時に、先輩アニメーター・大塚康生さん(なつぞら・下山)からその才能を見出されたといいます。

宮崎駿さん・大塚康生さん| 引用:http://anime.es/

*『ガリバーの宇宙旅行』ラストシーン

昭和46年(1971)『Aプロダクション』へ移籍。

テレビシリーズ『ルパン三世』や映画『パンダコパンダ』を手がけます。

そして、昭和48年(1973)『ズイヨー映像』に移籍するとテレビシリーズ『アルプスの少女ハイジ』や『母をたずねて三千里』と大ヒットを飛ばすのです。

とくに『ハイジ』は27%近い高視聴率で、大人気アニメとなります。

さらに、宮﨑さんはすべてのカットの設定から構成、レイアウトまで担当するという、驚異的な仕事量をこなして周囲を唸らせました。

さらに『あらいぐまラスカル』、『未来少年コナン』、『赤毛のアン』、そして映画『ルパン三世・カリオストロの城』での映画監督デビューへと続きます。

引用・livedoorニュース)https://news.livedoor.com/

とくにコナンでは監督業からオリジナル・スケッチやキャラクターデザイン、メカデザイン、大半の絵コンテからレイアウトまでを描きました。

さらに高畑さんの担当分を除き、脚本や原画のチェックまで担当するという、膨大な作業量をこなしました。

スタジオ・ジブリを創設

昭和59年(1984)、宮﨑さんは自身のアニメ『風の谷のナウシカ』を高畑勲さんと共に制作。

大ヒットを記録したことで、2人はスタジオ・ジブリを創設します。

そして『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』、『紅の豚』と立て続けに制作。

平成9年(1997)に公開された『もののけ姫』は、監督引退説が話題になったこともあり、映画『E.T.』が持っていた日本の映画興行記録を15年ぶりに塗り替える大ヒット作となりました。

日本人で2人目となるアカデミー名誉賞

平成13年(2001)に発表した『千と千尋の神隠し』は興行記録をさらに塗り替え、観客動員数2350万人、興行収入308億円と、日本における映画史上第1位の新記録を作りました。

引用・livedoorニュース| https://news.livedoor.com/

そして翌年のベルリン国際映画祭では日本としては39年ぶり、アニメーションとしては史上初の金熊賞を受賞し、2003年にはアカデミー賞長編アニメ賞を受賞しています。

『ハウルの動く城』、『崖の上のポニョ』、『風立ちぬ』を発表し、2014年11月、第87回アカデミー名誉賞を受賞。

日本人としては黒澤明以来2人目の快挙となりました。

新作『君たちはどう生きるか』を制作中

2005年『TIME』誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出された宮﨑さんは、『風立ちぬ』制作後2013年長編映画からの引退を表明していましたが、2017年にこれを撤回。

2017年10月28日に早稲田大学で開催されたイベントで、次回作の題名が『君たちはどう生きるか』であると公表され世界的に話題となりました。

【なつぞら】神地航也のモデルは誰?まとめ

神地航也のモデルとされる、宮崎駿さんのプロフィールの一部をご紹介しました。

宮﨑さんは、アカデミー名誉賞を受賞するなど今や日本を代表する映画監督であり、そのチャーミングなお人柄にはアニメファンならずとも惹き付けられるところです。

また、史実に基づけば三村茜(渡辺麻友)と結婚という流れにもなるようですが、果たしでドラマではいかに?

その辺も注目したいところですね~♬

◇なつぞらモデル一覧はコチラから>>

 

スポンサーリンク