「なつぞら」ネタバレ18週まで公開コチラから 〉〉〉

なつぞらネタバレ17週あらすじ|ドラマ&史実ネタバレ情報

 

スポンサーリンク

 

『なつぞら』17週ネタバレあらすじ
一週間分お届けするコーナーです。
各話詳細は詳細あらすじページにてご紹介。
なつぞら第17週テーマ「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」

『なつぞら』17週ネタバレあらすじ|7月22日~27日

なつぞら17週のネタバレ情報と、史実からの時代背景をお届けしています。

なつぞら17週ネタバレあらすじ

東京オリンピックの開催を、翌年に控えた昭和38年(1963年)。

なつが『東洋動画』に入って約7年。

そして、アニメーターになって、約6年の月日が流れました。

世間では、日本初の連続テレビアニメ『鉄腕アトム』が大ヒットしていました。

様子見をしていた『東洋動画』も、ついにテレビアニメに本格参入することを決定します。

そして、テレビアニメのための新部署『テレビ班』が開設されるのでした。

なつは、数々の実績と経験を積み、社内の誰もが認める優秀なアニメーターに成長していました。

ある日なつは、仲からテレビ班への異動を命じられます。

なつと同様に白羽の矢が立ったのは、坂場でした。

なつと坂場は、テレビアニメの世界への新たな扉を開くのでした・・・

【なつぞら】井戸原昇(手越伸也)のモデルは誰?

なつぞら17週ネタバレあらすじ【史実・モデル編】

17週の舞台となる昭和38年(1963年)は、日本のテレビアニメの元年ともいうべき年。

引用:新宿歴史博物館https://www.regasu-shinjuku.or.jp/

世界初の連続テレビアニメ『鉄腕アトム』(虫プロダクション/フジテレビ)の放送がスタートした年です。

『鉄腕アトム』のヒットを受け、数多くの連続テレビアニメがつくられました。

そこで、昭和38年から3年間の日本の連続テレビアニメをピックアップしてみました。

当時の連続テレビアニメシリーズ
(※印は東映動画の制作)

『昭和38年(1963年)』 
・鉄腕アトム 全193話
・銀河少年隊 全92話
・仙人部落  全23話
・鉄人28号  全97話
・エイトマン 全56話
狼少年ケン(※)全86話

『昭和39年(1964年)』
・0戦はやと  全38話
少年忍者風のフジ丸(※)全65話
・ビッグX   全59話

『昭和40年(1965年)』
・スーパージェッター 全52話
宇宙パトロールホッパ(※)全44話
・宇宙人ピピ        全52話
・ドルフィン王子 全3話
・宇宙少年ソラン 全96話
・宇宙エース        全52話
・怪盗プライド     全23話
・遊星少年パピイ 全52話
・W3      全52話
・オバケのQ太郎 全96話

*音声が出ます。ご注意ください~♬


・ジャングル大帝 全52話
ハッスルパンチ(※)全26話
・戦え!オスパー   全52話
(※印は東映動画の制作)

上記の3年間に『東映動画』では、4作品の連続テレビアニメが制作されました。

主人公の奥原なつの、モデルとされる奥山玲子さんは、作画監督として2作品(狼少年ケンとハッスルパンチ)に参加していることが確認できました。

そして、坂場一久のモデルと言われる高畑勲さんは、狼少年ケンで演出をしていることが確認できました。

【なつぞら】モデルは誰? 坂場一久(中川大志)のモデルとは

なつぞら17週ネタバレあらすじ・まとめ

なつぞら17週ネタバレ情報」と「史実・モデル編」でした。

前週の16週から数年後の設定と思われますので、人の動きに色々と変化が起きていることでしょう。

そして、新しいキャストも登場するのではないでしょうか。

また、東京オリンピックの前年ですので、オリンピックに向けた話題も盛り込まれそうですね。

テレビアニメの幕開けを描く17週も、目まぐるしい展開になりそうです~♬

お楽しみに!

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

◀16週18週
◇各話ネタバレはこちら◇

 

スポンサーリンク