「なつぞら」ネタバレ18週まで公開コチラから 〉〉〉

なつぞら18週ネタバレあらすじ|ドラマ&史実ネタバレ情報

 

スポンサーリンク

 

『なつぞら』18週ネタバレあらすじ
一週間分お届けするコーナーです。
各話詳細は詳細あらすじページにてご紹介。
なつぞら第18週テーマ「なつよ、どうするプロポーズ」

『なつぞら』18週ネタバレあらすじ|7月29日~8月3日

なつぞら18週のネタバレ情報と、史実からの当時の背景をお知らせします。

なつぞら18週ネタバレあらすじ

テレビアニメに本格参入した『東洋動画』。

新設の『テレビ班』のメンバー、なつや坂場が手掛けた『百獣の王子サム』は、大ヒットを記録します。

まもなくすると、新作の劇場用アニメ映画の制作も決定しました。

仲は、その監督として下山を指名します。

しかし下山は、その申し出を辞退し、坂場を推薦したのでした。

監督に指名された坂場は、ヨーロッパを舞台にしたアニメ映画の企画を提案すると、見事に採用となりました。

原画担当は、なつと神地に決まります。

坂場が中心になり、なつや神地らが参加するアニメ映画の制作がスタートするのでした・・・

◇『百獣の王子サム』のモデル『狼少年ケン』の動画
*音声が出ますのでご注意ください。

 

なつぞら18週ネタバレあらすじ【史実・モデル編】

なつぞらの舞台になっている『東洋動画』のモデルは、『東映動画』(現・東映アニメーション)です。

前週17週から取り組むテレビアニメ編で、なつや坂場が取り組む作品は、東映動画テレビアニメ第1弾の『狼少年ケン』をモチーフにした作品ではないかといわれてます。

狼少年ケン
・放送期間:昭和38年(1963年)~昭和40年(1965年)
・放送局:現テレビ朝日系/モノクロ作品・全86話
【内容】
ヒマラヤ山脈を望むドカール地方のジャングルの中で狼に育てられた少年ケンが、双子の子供狼チッチとポッポなどの仲間たちとともに、ジャングルの平和を守る物語。野性味溢れる自由奔放な爽快アクションです。

音楽も強烈なインパクトを残しました。

作曲家の小林亜星さんが手掛けたオープニング曲の「ボバンババンボン ブンボバンバババ ボバンボバンボン ブンバボン 」は、一度聴いたら耳から離れないメロディで、日本中で口ずさまれました。

近年でも、時折CMなどで使われたりしていますよね。

そして、番組スポンサーの「森永製菓」による、キャラクターシールなどのオマケ付きの商品も大ヒットしました。

放送当時は日本中で、シールを貼ったランドセルを背負った男の子たちが、ボバンババンボンと口ずさみながら、ターザンごっこをしていたと言われています。

『狼少年ケン』に関して東映アニメーション社史には「当社の版権許諾業務における最初期の成果となった」と記してあるとのことです。

東映動画における、テレビアニメのビジネスモデルになったようですね。

 

なつぞら18週ネタバレあらすじ・まとめ

なつぞら18週ネタバレ情報」と「史実・モデル編」でした。

なつと坂場くんは、新事業のテレビアニメで早速実績を残すようですね。

どんなキャラクター設定や演出で大ヒットを起こすのか、興味がわくところです。

さらに、坂場くんが監督を務めるヨーロッパを舞台にした映画も気になりますね。

また、これらの作品の声優に、咲太郎が関わってくるのかもしれませんね。

なつぞら18週もお楽しみに!

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

なつぞらネタバレ19週20週史実あらすじ編|リアル「東映動画」の歴史から見る!
 

◀17週19週▶
◇各話ネタバレはこちら◇

 

スポンサーリンク