「なつぞら」ネタバレ26週・最終回まで一気公開中!〉〉〉

なつぞらネタバレ22週あらすじ|週間ネタバレ情報

 

スポンサーリンク

『なつぞら』22週ネタバレあらすじ
一週間分お届けするコーナーです。
各話詳細は詳細あらすじページにてご紹介。
なつぞら第22週テーマ「なつよ、優しいわが子」

『なつぞら』ネタバレ22あらすじ|8月26日~8月31日

なつぞら22週のネタバレあらすじ情報をお届けしています。

なつぞらネタバレ22週あらすじ

愛娘・優の預け先が決まらず焦るなつですが、新作テレビアニメ『キックジャガー』の作画監督に決まりました。

忙しくなるなつは、ますます「仕事と育児」の壁に直面します。

坂場は、麻子が立ち上げたアニメ制作会社「マコプロダクション」への入社を決めていましたが、優の預け先が決まるまで入社を待ってもらっていました。

そんな時、出産後は子育てに専念していた茜が、なつに手を差し伸べてくれました。

茜が優を、預かってくれることになったのです。

「マコプロダクション」に入った坂場は、たちまち仕事へのめりこみます。

夫婦の努力と、茜をはじめとした身の回りの人たちの思いやりに助けられて、優はすくすく育っていきました。

昭和47年(1972年)、優は4歳に。

茜が2人目を妊娠したため、新たな預け先を探さなければなりません。

ところが、なつは会社から懇願されて新作アニメ『魔界番長』の作画監督を引き受けることなり、帰宅の遅い日が増えるのでした。

優は咲太郎の声優事務所で預かってもらうことになりました。

ある日、夕見子が農協の牛乳の売り込みのために上京してきます。

夕見子は、天陽が過労で風邪をこじらせ入院していると言うのでした・・・。

【なつぞら】モデルは誰? 坂場一久(中川大志)のモデルとは   【なつぞら】モデルは誰?奥原なつ(広瀬すず)のモデルとは

 

なつぞらネタバレ22週あらすじ・まとめ

なつぞら22週ネタバレ情報」でした。

娘の優ちゃんが、周りに助けられながらすくすく育っているようです。

なつと坂場くんの子どもですから、きっとかわいいことでしょう。

働くママとイクメンパパ

さて、20週21週から続く「仕事と育児の両立」が22週でも大きく描かれます。

現代に比べ、子育て支援制度も周りの理解も少ない時代でしょうから、両立は簡単なことでないでしょう。

そんな中で、茜ちゃんや咲太郎たちが優ちゃんを預かってくれるというのは、なつにとって心強いですね。

なつには応援してくれる人がたくさんいて、羨ましいかぎりです。

一方で、坂場くんは子育てに積極的参加する「イクメン」で、この時代では珍しい存在になるでしょう。

カチンコと言い、バレーボールと言い、あの不器用さを抱えての子育てですからたいしたものですね。

そんな坂場くんが参加する「マコプロ」は、どんな作品を作るのか、これもまた気になりますね。

謎の覆面キックボクサー

なつ産休明け復帰第1弾の『キックジャガー』は、ジャガーの覆面をつけて孤児のために戦うキックボクサーのお話。

これは昭和44年(1969年)から2年間放送されて大ヒットした『タイガーマスク』のようなストーリーのようです。

そして、怖そうな感じの『魔界番長』は、第23週でなつに影響を与える作品になるとのことですよ。

 

なつぞら第22週は、なつママの奮闘ぶりと、それを応援する人たちの優しさに心打たれる展開となりそうです~♬

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

◀21週23週▶
◇各話ネタバレはこちら◇

 

スポンサーリンク