「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレ23週あらすじ|週間ネタバレ情報

『なつぞら』23週ネタバレあらすじ
一週間分お届けするコーナーです。
各話詳細は詳細あらすじページにてご紹介。
なつぞら第23週テーマ「なつよ、天陽くんにさよならを」

『なつぞら』ネタバレ23あらすじ|9月2日~9月7日

なつぞら23週のネタバレあらすじ情報をお届けしています。

なつぞらネタバレ23週あらすじ

物語の舞台は、昭和48年(1973年)の夏

なつは、このままアニメーターの仕事を続けていくべきか悩んでいました。

その理由は、担当したヒット作 『魔界の番長』は、愛娘の優が、怖がってしまうような作品となっていたからでした。

一方で『東洋動画』仕上課のモモッチと、アニメーターの神地が『マコプロダクション』に移籍していきます。

麻子が代表を務め、坂場も勤務する『マコプロダクション』では、「アメリカ・西部開拓時代の物語」の計画が進んでいました。

担当する坂場は、この作品作りにはなつの力が必要と、冷静に分析していました。

坂場から誘われるものの、尊敬する仲や一緒に頑張ってきた同僚たちを裏切ってはいけないと強く思うなつなのでした。

一方、北海道の十勝では・・・

酪農をしながら絵を描き続ける天陽が、体を壊してしまい入院と退院を繰り返す日々を送っていました。

ある日のこと、天陽は病院の許可もなく家に帰ってきてしまいます。

心配する家族に、天陽はもう大丈夫だと笑顔を作ります。

そして、アトリエに入った天陽は、残された力をふりしぼり未完成だった絵を描き上げるのでした。

翌朝、天陽は「畑を見てくる・・・」と家族に言い残し外に出ると、そのまま帰らぬ人となってしまうのでした。

残暑の中にも、秋の気配が近づく9月。

まとまった休暇を取ったなつは、愛娘の優と一緒に北海道・十勝に里帰りします。

そこで、天陽の絶筆となった作品を見たなつは、天陽からの強いメッセージを感じ取りました。

そして、優の言葉が後押しとなり、なつは決心します。

『マコプロダクション』に入り、再び麻子や坂場とアニメーションを作る道を選択したのでした。

休暇が明け、仲に退職の決意を伝えると仲は理解し、なつの背中を押してくれました。

昭和49年(1974年)3月

なつは、約18年の時を過ごした『東洋動画』を退社するのでした・・・

なつぞらネタバレ23週あらすじ・まとめ

「なつぞら23週ネタバレ情報」でした。

なつは、仕事と育児の両立の問題を常に抱えながらも奮闘しています。

しかし、新たな悩みとして「作品の中味」が加わるようです。

『魔界の番長』を優ちゃんが拒否!?

『魔界の番長』を見た娘の優ちゃんに「怖くて見たくない」と言われればショックを受けるのは確かですよね。

自分の仕事を否定されるほど悲しいものはないでしょう。

第102話でなつは「子どもが見るものだから暴力シーンをなるべく見せたくない」と言っていたのですが、皮肉なものですね。

うまく解決できることを祈りたいです。

マコプロへの移籍に悩むなつ

アニメ界に復帰した麻子さんの『マコプロダクション』へ、なつの大切な仲間たちが続々と移籍しています。

『東洋動画』から、嫌がらせを受けないか心配してしまうほどです。

最終的には、なつも移籍することになるのですが、移籍を決めるまでに心の葛藤が描かれそうです。

特に、ここまで育ててくれた「なっちゃんびいきの仲さん」を裏切れない気持ちが強いでしょうね。

なつの移籍を後押しする仲さんの言葉に注目ですよ。

天陽くんよ、やすらかに・・・

23週のテーマは「なつよ、天陽くんにさようならを」。

テーマを知った時に、胸が張り裂ける気持ちになりました。

きっと、日本中から悲鳴が上がることでしょう・・・。

情報によると、天陽くんの絶筆をなつと一緒に見た優ちゃんの言葉が、なつに『マコプロダクション』への移籍を決意するきっかけとなるようです。

天陽くんは亡くなってもなつに影響を与えるとのことで、考えただけでも涙がこみあげてきます・・・。

 

なつぞら第23週は、なつがアニメーターとして新たな道を模索することが描かれます。

そして、天陽くんの最後をしっかりと見届けてくださいね。

 

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

 

◀22週24週▶
◇各話ネタバレはこちら◇

スポンサーリンク