「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【エール】朝ドラネタバレあらすじ公開中!キャストは?ヒロインは?モデルは誰?

2020年(令和2年)3月30日(月)スタート予定の、NHK朝ドラ「連続テレビ小説」第102作の『エール』。

数々の名曲を生み出した作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)さんをモデルにした、おしどり夫婦の波乱万丈の物語です。

ここでは『エール』の事前情報をお届けいたします。

スポンサーリンク

【エール】物語の概要

『エール』は、数々の名曲を生み出した作曲家・古関裕而さんと、妻・金子さんの夫婦をモデルにしたドラマです。

自然豊かな福島で成長した青年が、西洋の音楽に出会います。

その後、豊橋に住む運命の女性と出会い、共に戦争を乗り越えて日本中を元気にする応援歌を創作していきます。

少し気弱な夫と、たくましい妻のデコボコ夫婦が織りなす、笑いと涙と珠玉のメロディーが展開されます。

なお、実在の人物や団体をモデルとしていますが、名前を変更して、大胆に再構成したフィクションとして展開されるとのことです。

古山夫妻を演じる窪田正孝・二階堂ふみ

主人公の古山夫妻を演じる窪田正孝さんと二階堂ふみさん引用:https://mdpr.jp/

【エール】モデルは、作曲家・古関裕而さん・金子さんご夫妻

主人公・古山裕一のモデルは、毎年夏の甲子園で流れる高校野球大会歌『栄冠は君に輝く』など、数多くの応援歌や行進曲で知られる作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)さんです。

そして、夫を叱咤激励する妻(ヒロイン)・関内音のモデルは、歌手の古関金子(こせききんこ)さんと発表されています。

古山夫妻を演じるのは、人気俳優の窪田正孝(くぼたまさたか)さんと、演技派若手女優の二階堂ふみ(にかいどう)さんです。

モデルは作曲家の古関裕而さん・金子さんご夫妻引用:https://www.sankei.com/

 

【エール】タイトルの由来は、福島を応援!

本作は、未曾有の大被害となった東日本大震災から節目の10年を前に、「福島を応援したい」との思いが込められて企画された作品とのことです。

声援や応援の意味で『エール』と付けられました。

NHKの作品案内では『心に届け、君への応援歌!(エール)』と使われています。

【エール】脚本は、清水友香子さん、清水うれ葉さんの2人体制

放送5か月前の2019年11月5日に、脚本家の変更が発表されました。

当初の林宏司(はやしこうじ)さんから、後任として清水友佳子(しみずゆかこ)さん、嶋田うれ葉(しまだうれは)さんの二人体制に変更になりました。

二人のほか、番組スタッフも執筆するとのことです。

交代理由が気になるところですが、「制作上の都合」とのことで、詳細についての回答は発表されていません。

なお、清水さんは音楽畑出身のことですので、経験が大きく活かされそうですね。

◆清水友佳子さんプロフィール

東京都出身、フェリス女学院短期大学音楽科卒業。ピアノ講師などを経て脚本家に転身。社会派作品からミステリー、ラブストーリー、コメディまで幅広いジャンルのドラマ・映画に携わっています。

代表作は『わたし、定時で帰ります。』(2019年・TBS)、『リバース』(2017年・TBS)、『今夜は心だけ抱いて』(2014年・NHK BSプレミアム)など。

◆嶋田うれ葉さんプロフィール

東京都出身、早稲田大学卒業。出版社勤務を経て脚本家、小説家に転身。ミステリー、ヒューマンラブストーリーなど幅広いジャンルの映画・ドラマを手がけています。

代表作は、『全力失踪』(2017・NHK BSプレミアム)、『ベビーシッター・ギン!』(2019年・NHK BS プレミア)、『世にも奇妙な物語』 (2019・フジテレビ)など。

【エール】2つの新しい試み!4K、週5放送

『エール』から、朝ドラの新しい試みが2つ始まります。

①朝ドラ初の4K制作作品
現在の2K放送(フルハイビジョン)から、4K放送(スーパーハイビジョン/超高精細度テレビジョン)になります。
2K放送に比べて画素数が4倍になるため、4K対応テレビで視聴すると、より立体感があり、色彩も豊かでなめらかな映像が見られるようになります。

②週5回放送(月曜~金曜まで)
NHK制作現場の「働き方改革」により、本作より週6回から週5回(月曜~金)の放送となります。
放送回数が減るのは寂しいですが、時代の変化ですから致し方ありませんよね。
その分、質の高い作品が期待できるのではないでしょうか。

なお、主人公の母親役で出演する女優・菊池桃子さんは、以前に政府の『一億総活躍国民会議』の民間議員にも起用されたことあるそうで、『働き方改革』に関する講演などを行っているそうです。

菊池さんのキャスティングも、制作サイドの『働き方改革』に対する意欲のあらわれなのかもしれませんね。

 

【エール】ネタバレあらすじ

明治42年(1909年)・・・

福島のある老舗呉服店に、待ち望んでいた跡取り息子が誕生しました。

昭和の時代に数多くの名曲を世に送り出すことになる、天才作曲家の古山裕一(こやまゆういち)です。

少年時代・・・

跡取りとして期待をかけられ、何不自由なく育てられた裕一ですが、少しぼんやりしているところがあり、周囲は気をもみます。

しかし、音楽に出会うと見違えるように変わり、音楽にのめりこんでいきます。

いつしか、裕一は独学で作曲の才能を高めていくのでした・・・

青年時代・・・

家族に隠して応募した海外の作曲コンクールで入選したことで、裕一の運命が一変します。

そのニュースをきっかけに、歌手を目指す女学生・関内音(せきうち おと)と出会いました。

音楽に導かれて出会った、福島の裕一と豊橋の音。

二人は、文通で愛を育みながら、遠距離のハンデを乗り越えていくのでした・・・

夫婦となった二人・・・

結婚した二人は、東京で新生活を始めました。

才能に恵まれた多くの人々に出会い創作活動に磨きがかかっていきます。

二人三脚で不遇時代を乗り越え、数々のヒット曲を世に送り出していくのでした・・・

そして、戦争へ・・・

戦争の時代に入ると、軍から要請で『戦時歌謡』を作らざるをえなくなりました。

しかし、裕一の曲を口ずさみながら命を落としていく若者が途絶えないため、裕一と音は心を痛めるのでした・・・

戦後の復興へ・・・

戦争で傷ついた人々の心を、自らの楽曲で元気にしようと誓った小山夫妻は、新しい時代にふさわしい音楽を、次々と奏でていくのでした・・・

 

【エール】ネタバレあらすじまとめ

表向きは著名な作曲家夫婦のお話。

実際は、魅力的デコボコ夫婦と、その二人を囲む愉快な仲間たちの夢とロマンにあふれた物語と表現したほうがよさそうです。

モデルとなったのは作曲家・古関裕而さんですが、ご本人のことは知らなくても、作品を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

高校野球でお馴染みの『栄冠は君に輝く』、阪神タイガース応援歌(六甲おろし)、読売ジャイアンツ応援歌(闘魂こめて)。

NHKスポーツ中継テーマ『スポーツショー行進曲』などの、格式高い曲風で、思わず背筋をピンと伸ばして腕を振りたくなってしまうメロディーですよね。

時代が変わっても、いつまでも愛される数々の楽曲を生み出した古関さんを、叱咤激励して支えたのが奥さんの金子さんでした。

天才の影には、支える強い力があるということですね。

ただ、どうやら金子さんは影ながら支えると言う言葉が正しくなさそうですよ。

奥さん自身は「自分が世界の中心だ」と思っている自分ワールドをお持ちの憎めないキャラクターのようなのです。

気弱だけど音楽に対してあくなき情熱を注ぐ夫と、そのお尻をたたいて激励するたくましい奥様のドタバタ珍騒動。

そして、個性的な愉快な仲間たちが加わって、笑いと涙の楽しいドラマが展開されるとのことです。

なんだかワクワクするような展開ですね♪

スポンサーリンク

【エール】キャスト・スタッフ・主題歌

【主人公・ヒロイン】
・主人公(夫):古山裕一/窪田正孝(作曲家・古関裕而がモデル)
・ヒロイン(妻):関内音/二階堂ふみ(歌手・古関金子がモデル)

【裕一の家族、関係者】
・裕一の父:古山三郎/唐沢寿明
・裕一の母:古山まさ/菊池桃子
・裕一の弟:古山浩二/佐久本宝
・裕一の伯父:権藤茂兵衛/風間杜夫
・裕一の同級生:佐藤久志/山崎育三郎(歌手・伊藤久男がモデル)
・裕一の同級生:村野鉄男/中村蒼(作詞家・野村俊夫がモデル)
・裕一の恩師:藤堂清晴/森山直太朗

【音の家族、関係者】
・音の母:関内光子/薬師丸ひろ子
・音の父:関内安隆/光石研
・音の姉:関内吟/松井玲奈
・音の妹:関内梅/森七菜
・音の先生:御手洗潔/古川雄大
・安隆の商売仲間:打越金助/平田満

◆スタッフ
・脚本:林宏司
・制作統括:土屋勝裕
・プロデューサー:西千栄子、小林泰子、土居美希
・演出:吉田照幸、松園武大、ほか
・音楽:未発表
・主題歌:未発表
・語り:未発表

【エール】放送予定

 

第1週「未定」

◆1話・3月30日(月)
◆2話・3月31日(火)
◆3話・4月1日(水)
◆4話・4月2日(木)
◆5話・4月3日(金)

第2週「未定」

◆6話・4月6日(月)
◆7話・4月7日(火)
◆8話・4月8日(水)
◆9話・4月9日(木)
◆10話・4月10日(金)

第3週「未定」

◆11話・4月13日(月)
◆12話・4月14日(火)
◆13話・4月15日(水)
◆14話・4月16日(木)
◆15話・4月17日(金)

第4週「未定」

◆16話・4月20日(月)
◆17話・4月21日(火)
◆18話・4月22日(水)
◆19話・4月23日(木)
◆20話・4月24日(金)

第5週「未定」

◆21話・4月27日(月)
◆22話・4月28日(火)
◆23話・4月29日(水)
◆24話・4月30日(木)
◆25話・5月1日(金)

第6週「未定」

◆26話・5月4日(月)
◆27話・5月5日(火)
◆28話・5月6日(水)
◆29話・5月7日(木)
◆30話・5月8日(金)

第7週「未定」

◆31話・5月11日(月)
◆32話・5月12日(火)
◆33話・5月13日(水)
◆34話・5月14日(木)
◆35話・5月15日(金)

第8週「未定」

◆36話・5月18日(月)
◆37話・5月19日(火)
◆38話・5月20日(水)
◆39話・5月21日(木)
◆40話・5月22日(金)

第9週「未定」

◆41話・5月25日(月)
◆42話・5月26日(火)
◆43話・5月27日(水)
◆44話・5月28日(木)
◆45話・5月29日(金)

第10週「未定」

◆46話・6月1日(月)
◆47話・6月2日(火)
◆48話・6月3日(水)
◆49話・6月4日(木)
◆50話・6月5日(金)

第11週「未定」

◆51話・6月8日(月)
◆52話・6月9日(火)
◆53話・6月10日(水)
◆54話・6月11日(木)
◆55話・6月12日(金)

第12週「未定」

◆56話・6月15日(月)
◆57話・6月16日(火)
◆58話・6月17日(水)
◆59話・6月18日(木)
◆60話・6月19日(金)

第13週「未定」

◆61話・6月22日(月)
◆62話・6月23日(火)
◆63話・6月24日(水)
◆64話・6月25日(木)
◆65話・6月26日(金)

第14週「未定」

◆66話・6月29日(月)
◆67話・6月30日(火)
◆68話・7月1日(水)
◆69話・7月2日(木)
◆70話・7月3日(金)

第15週「未定」

◆71話・7月6日(月)
◆72話・7月7日(火)
◆73話・7月8日(水)
◆74話・7月9日(木)
◆75話・7月10日(金)

第16週「未定」

◆76話・7月13日(月)
◆77話・7月14日(火)
◆78話・7月15日(水)
◆79話・7月16日(木)
◆80話・7月17日(金)

第17週「未定」

◆81話・7月20日(月)
◆82話・7月21日(火)
◆83話・7月22日(水)
◆84話・7月23日(木)
◆85話・7月24日(金)

第18週「未定」

◆86話・7月27日(月)
◆87話・7月28日(火)
◆88話・7月29日(水)
◆89話・7月30日(木)
◆90話・7月31日(金)

第19週「未定」

◆91話・8月3日(月)
◆92話・8月4日(火)
◆93話・8月5日(水)
◆94話・8月6日(木)
◆95話・8月7日(金)

第20週「未定」

◆96話・8月10日(月)
◆97話・8月11日(火)
◆98話・8月12日(水)
◆99話・8月13日(木)
◆100話・8月14日(金)

第21週「未定」

◆101話・8月17日(月)
◆102話・8月18日(火)
◆103話・8月19日(水)
◆104話・8月20日(木)
◆105話・8月21日(金)

第22週「未定」

◆106話・8月24日(月)
◆107話・8月25日(火)
◆108話・8月26日(水)
◆109話・8月27日(木)
◆110話・8月28日(金)

第23週「未定」

◆111話・8月31日(月)
◆112話・9月1日(火)
◆113話・9月2日(水)
◆114話・9月3日(木)
◆115話・9月4日(金)

第24週「未定」

◆116話・9月7日(月)
◆117話・9月8日(火)
◆118話・9月9日(水)
◆119話・9月10日(木)
◆120話・9月11日(金)

第25週「未定」

◆121話・9月14日(月)
◆122話・9月15日(火)
◆123話・9月16日(水)
◆124話・9月17日(木)
◆125話・9月18日(金)

第26週・最終回「未定」

◆126話・9月21日(月)
◆127話・9月22日(火)
◆128話・9月23日(水)
◆129話・9月24日(木)
◆130話・9月25日(金)最終回

 

スポンサーリンク