「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレ19週111話のあらすじと感想【8月7日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ19週111話あらすじ感想

2019年8月7日(水)放送
なつぞら第19週テーマ「なつよ、開拓者の郷へ」

なつぞらネタバレ19週111話|あらすじを最終回まで!

工場設立のための緊急会議に参加するために、なつや坂場も音問別農協へ向かいました。

組合長室にて・・・ 

なつと坂場は夕見子に案内されて、組合長の田辺をたずねました。

田辺は、なつがこのタイミングで十勝に帰って来たことを「天の恵み」だと感激します。

なつぞら_田辺

その理由は、なつが高校時代に演じた劇のおかげで、泰樹を説得することができたため、牛乳の共同販売を実現できたからでした。

田辺は、あれがなければ今度の工場新設もありえなかったと、なつに感謝の意を伝えるのでした。

緊急会議にて・・・ 

会議には、門倉・良子夫妻や、天陽の家族も来ていました。

なつは天陽に婚約者の坂場を紹介すると、あいさつもそこそこに皆で会議に臨みます。

なつぞら_天陽てんよう

音問別農協の田辺組合長は、十勝の全農協組合長と駆け付けた酪農家を前にして『十勝協同乳業』を何としても実現したいと訴えます。

そして、今日の午前中に『工場設置届』を出さなければ、この計画は国に潰されるとして同意を求めました。

しかし、反対派からは不安な酪農民もたくさんいると意見が出て、なかなかまとまりません。

その時、計画に深く関わる夕見子が発言します。

なつぞら_夕見子ゆみこ

なしてわからないんですか!この工場は酪農民が安心して暮らすために、誇りをかけて造ろうとしているんでないですか」とみんなの前で訴えました。

さらに会議が紛糾する中、ふいに菊介が語り始めます。

「その工場は他の乳業メーカーよりもうまいバターが作れるんだべ?」と話しだすと、人に喜んでもらえるのになぜ迷うんだと問いかけます。

さらに、開拓二世・三世の自分たちにも開拓できることはまだあるはずだとして、自分たちが搾った牛乳が人に感動を与えられるなら、こんなに嬉しいことないと言うのでした。

なつぞら_菊介きくすけ

そして「どうかその工場を俺らに造って下さい。俺らに牛飼いの喜びを作らせてください。」と酪農への無垢な思いを語ったのでした。

静まり返っていた会場に「賛成!工場を造れ!」と天陽が大きな声を上げると、次々と「工場を造れ!」の声が鳴り響きました。

そこで専務の剛男が満を持して採決を採ると、満場一致で賛成となるのでした。

なつぞら_会議

拍手と笑顔が広がる中で、なつの兄・照男が「みんな菊介さんに感動した!」と菊介に声をかけると、菊介は恥ずかしがります。

そして、思い出したように「お前のせいだ」と坂場に目を向けました。

菊介の語りは、先日坂場の語った「牛飼いの誇り」がキッカケになっていたのでした。

全員で工場設置届を提出することなり、皆が会議室を出て行きます。

なつぞら_悠吉ゆうきち泰樹たいじゅ

その場に残った悠吉が「もうわしらの出る幕ではないですね」と泰樹につぶやくと、二人は世代交代を静かに喜ぶのでした・・・

十勝支庁にて・・・ 

一行が十勝支庁を訪れると、夕見子の手配で大勢の新聞やテレビの取材班が待ち構えていました。

そこには、札幌のテレビ局に赴任していた信哉の姿もありました。

十勝支庁長の大清水洋(おおしみずひろし)に、田辺が『工場設立届』を手渡します。

なつぞら_大清水おおしみず

十勝の酪農を守れ!」と抗議の声が響く中、大清水は「私だって道産子だ!」と叫ぶと、十勝や北海道を思う気持ちはあなた方に負けないと力を込め「必ず十勝を酪農王国にしてみせます!」と皆に約束するのでした。

拍手が沸き起こる中で、田辺と大清水が固い握手を交わします。

役所と農協、酪農民が一致団結した、十勝にとって歴史的な日になったのでした・・・

なつぞら_田辺たなべ

 

なつぞらネタバレ19週111話|感想を最終回まで!

◀110話 | 112話▶

再び『TEAM NACS』揃い踏み

十勝支庁長の大清水洋役を演じたのは、森崎博之さん!

ドラマ内で難しい顔で言った「リーダーである私が矢面に・・・」を聞いて思わずクスクスしてしまいました。

なぜならば、森崎さんは『TEAM NACS(チームナックス)』という、北海道を拠点に活動している人気演劇ユニットのリーダーだからです。


ナックスは5人で編成されていますが、『なつぞら』への出演率が高いことをご存知の方も多いことでしょう。

5人の構成メンバーは、森崎博之さん(十勝支庁長・大清水洋役)、安田顕さん(小畑雪之助役)、戸次重行さん(山田正治役)、音尾琢真さん(戸村菊介役)、そして大泉洋さん(なつぞら未出演)。

今日は、菊介(音尾)が熱い想いを語り、正治(戸次)が叫び、リーダー大清水(森崎)が北海道愛を誓う・・・。

そしてドラマの最後に、菊介と正治が大清水に駆け寄って握手する場面で3ショットが実現しました。

第8週43話で安田さん、戸次さん、音尾さん以来のNACS揃い踏みでした。

さて、大泉洋さんが出演するのか気になりますよね。

実現することを期待したいです♪

 

イッキュウさんの言葉がキッカケで、工場建設!?

無事に一致団結して、届出を期限内に提出できてよかったですね。

それにしても、皆の心を動かした菊介さんの語りに心を動かされました。


菊介さんが語り出すキッカケとなった、イッキュウさんの小難しい話を、菊介さん自身の言葉に変えて、凝ることなくシンプルに伝えてくれました。

「牛飼いとしての喜びや誇り」は、どんな職業に通じる気がしました。

菊介さんステキすぎ~。

そして聞いているうちに涙ぐみ感極まるイッキュウさんも良かったですね。

イッキュウさんも、十勝で足跡を残したようですね。

なっちゃんも、再び「天の恵み」になれましたね。めでたしめでたし。

【ひとくちMEMO】
今回のエピソードは、昭和42年(1967年)に農民資本によって設立された「北海道協同乳業株式会社(現在:よつ葉乳業株式会社)」がモデルになっているようです。

昭和41年(1966年)十勝管内農協組合長会議で工場建設を決議
昭和42年(1967年)北海道協同乳業株式会社設立、十勝工場完成、バター・脱脂粉乳製造開始

 

工場建設が決まってひと安心です。
明日112話では、取材に来ていた信さんとなっちゃんとの再会です。
イッキュウさんを見て信さんはどんな反応をするのかな?
明日も北海道は楽しそうですね♪

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

◀110話 | 112話▶

 

スポンサーリンク