「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレ19週113話のあらすじと感想【8月9日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ19週113話あらすじ感想

2019年8月9日(金)放送
なつぞら第19週テーマ「なつよ、開拓者の郷へ」

なつぞらネタバレ19週113話|あらすじを最終回まで!

雪月にて・・・ 

雪次郎の「新しい魂」という、新しいお菓子を、集まった面々がのぞき込みます。

『雪月』のバター煎餅にバターとあんこを挟んだ、『おバタ餡(あん)サンド』だと、雪次郎は自信ありげに発表しました。

試食が始まると、口々に「おいしい!」と、驚きの声が上げます。

雪次郎が、「夕見子ちゃんどう?」と聞くと、何かと手厳しい夕見子も「大したもんだわ。おいしいわ」と褒めるので、雪次郎は喜びます。

じっくりと味わった父・雪之助は、雪次郎から製造方法や隠し味などを聞きます。

すると、「初めて・・・お前に先越されたわ・・・」と感慨深げに言うと、すぐに販売するようにすすめるのでした。

雪次郎が考案した『おバタ餡サンド』が完成したのです。

雪次郎は、「これでやっと、俺も一人前だ」と自信を深めます。

雪次郎は、夕見子の工場で作るバターを使うつもりだと言うので、夕見子も「うん、そうして」と目を輝かせました。

雪次郎は、夕見子の作るバターが十勝の『雪月』の菓子になるとの同じだと言い続けるので、言わなくても分かると夕見子は苦笑いします。

それでも雪次郎はお構いなしに、夕見子のバターと十勝の菓子屋がくっつくのと同じだと夕見子を見つめました。

そこにいる誰もが雪次郎の言葉の意味を理解できません。

すると雪次郎は「夕見子ちゃんと雪月が結ばれる運命だと言っても過言ではねえべさ」と言い出しました。

夕見子は腕を組み「過言過ぎて意味分かんないわ!」と呆れ果てます。

想いが伝わってないと悟った雪次郎は、自分を奮い立たせると「夕見子ちゃん、俺と結婚して下さい!」とプロポーズしたのでした。

突然の公開プロポーズに夕見子は驚き、母・妙子や祖母のとよも慌てます。

雪次郎は、「ずっとこの日を待っていたんだわ。夕見子ちゃんにそう言える日を・・・」と、晴れ晴れとした顔で話すと、みんなを集めたのもそのためだと説明しました。

雪次郎に、夕見子らしくはっきり答えてくれと言われた夕見子は、目を泳がせ「知らんわ、そったらこと・・・」と言い、逃げ出そうとします。

それを、なつが引き止めます。

夕見子は「本当に・・・私でいいのかって聞いてんの!」と、雪次郎に聞き返しました。

そして、雪之助、妙子、とよの前に行くと「私は雪次郎君と結婚するようなそったら資格はないのかもしれないのさ」と口にします。

夕見子はかつて、東京に駆け落ちした過去を気にしていたのです。

しかし、雪次郎の家族はそんなことは問題ないと言い、祖母のとよは駆け落ちで夕見子を見直したとまで言うのでした。

雪次郎は「俺にもそんな資格はねえ」と夕見子をかばうと、夕見子は今まで通りしたいことをすればいいと、家族の前で宣言します。

そして「俺は夕見子ちゃんが好きだ。昔からだ。今はもっと好きだ!」と力を込めます。

じっと聞いていた夕見子は「私はもし結婚するとしたら、あんたしかいないと思ってた・・・・」と、プロポーズを受け入れるのでした。

その瞬間、『雪月』は祝福の拍手に包まれたのでした・・・。

柴田家にて・・・ 

早速、雪次郎は柴田家へあいさつに行きました。

お、お嬢さんを、僕にください!

母・富士子が思わず「こったら短い間に、二度もあるのかい、 こんなことが」とつぶやき、皆も驚きを隠せない様子です。

父・剛男が夕見子に「いつのまに?」と問いかけると、夕見子は自分でもわからないと言い「いつの間にか、そういう覚悟はできてたみたい」だと答えました。

富士子が夕見子に、結婚のことを真剣に考えているのかとたずねると、夕見子は「そったらこと、結婚してみなくちゃ分からないっしょ」と堂々と言うので富士子は呆れます。

そんな和やかな中、富士子も剛男も反対する理由はないと言い、二人の結婚を認めるのでした。

結婚が決まり夕見子が急に照れだしていると、坂場が思いついたように言います。

「それじゃ、いっぺんにやりませんか?北海道で」と、なつと夕見子の合同結婚式を提案するのでした。

「そんなことができたらうれしいけどね・・・」と富士子がつぶやくと、夕見子が「よし、そうしよう!」と即決で賛成します。

でも「その方が、めんどくさくないし恥ずかしくない!」と、夕見子らしい理由を明かすので、柴田家は笑いに包まれるのでした・・・

 

なつぞらネタバレ19週113話|感想を最終回まで!

◀112話 | 114話▶

苦い恋を経て、良縁つかむ

雪次郎&夕見子、結婚おめでとう!

まわりくどい伝え方でしたけど、雪次郎くんのプロポーズ大作戦は素晴らしかったですね。


明美ちゃんの推理のとおり、遅かれ早かれこの二人はこうなることだったのでしょう。

なっちゃんとイッキュウさんのお似合いですが、雪次郎くんと夕見子カップルは本当にピッタリですね。

見ている私たちも、二人の幼い頃を知るからこそ余計にそういう見方になってしまうのかも・・・幼なじみ婚最高!

高校卒業後に開催された送別会で雪次郎くんが「夕見子ちゃんに美味しいと言ってもらえる十勝のお菓子を作る」と宣言していましたが(8週43話)、本当に実現させました。

ん~、感無量です~♪

それにしても、雪次郎くんは蘭子さん、夕見子はデパートのボンボンと一緒にならなくて本当に良かった。

二人とも苦い経験をしてきたからこそ、良縁に恵まれたと信じたいですね。

バター工場見建設に燃えている夕見子は、しばらく農協勤めを続けるのでしょうね。

『雪月』の若女将となって、腕をふるう夕見子の姿が早く見たいですね♪

 

ぴったり似すぎの、とよ&泰樹

とよばあちゃんも、泰樹じいちゃんも、まったく同じことを言っていたので吹き出してしまいましたね♪

「一つだけ問題があるわ。柴田のじいさんと親戚になるってことよ」(とよ談

「一つだけ問題がある、雪月のばあさんと親戚になることじゃ」と(泰樹談

なつの言う通り「ぴったり似すぎ」ですね。

ところで、とよばあちゃんが、夕見子が気にする過去のことを、さらっと消してしまうところが素敵すぎました。

なつが東京行きを悩んでた時にも、とよばあちゃんの後押しのおかげもあって、なつは心を決め、泰樹と正面から向き合うことができましたよね(第7週41話)

なつ&夕見子にとって『雪月』は、今までも身内みたいな存在でしたが、今回の結婚により本当の親戚になりましたから喜ばしいことですね。

開拓者一世の強い精神をしっかりと持ちづける、とよばあちゃんと泰樹じいちゃん。

いっそのこと結婚しちゃえばいいのかも♪

 

113話は、いかがだったでしょうか。
血の繋がっていない双子姉妹「なつ&夕見子」の結婚が同時に決まり、柴田家はタンポポが咲き乱れていますね。
さ~て、明日は結婚式ですよ♪

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

 

◀112話 | 114話▶

 

スポンサーリンク