「なつぞら」ネタバレ26週・最終回まで一気公開中!〉〉〉

なつぞらネタバレ21週123話のあらすじと感想【8月21日】

 

スポンサーリンク

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ21週123話あらすじ感想

2019年8月21日(水)放送
なつぞら第21週テーマ「なつよ、新しい命を迎えよ」

なつぞらネタバレ21週123話|あらすじを最終回まで!

病院にて・・・ 

なつは定期健診のため病院を訪れます。

待合室で待っているなつの前には、妊婦と少女の親子がいました。

少女が母親のお腹の子どもに向かって「キラキラバンバンキラキラアニー!動け!」と唱えています。

それは、なつが制作する「魔法使いアニー」の魔法の言葉だったのでした。

それを見ていたなつは、つい嬉しくなるのでした。

診察を受けたなつは、主治医の高橋秀子から、問題なく順調だと診断されました。

なつと同じく働く母親だった高橋は、なつにとって心強い存在です。

産後6週間で仕事に復帰すると言うなつ。

高橋は「医者としては無理をするなと言いたいけれど、働く母親の先輩としては頑張れと言うしかないわ」と、なつを応援するのでした・・・

『東洋動画』にて・・・ 

時が経ち、なつは産休前の最後の勤務に追われていました。

後輩アニメーター・中島の動画をチェックしたなつは「つまらない・・・」と言うと、もっと個性を出すようにとアドバイスします。

しかし中島は、指示どおり描いたつもりだと言い、子どもがそこまで見ているのかと不服そうにします。

さらに、時間もないので無駄なことはしたくないと言うのでした。

「だったら、アニメーションなんかやめなさい」と、なつは中島を制します。

そして、子どもの想像力を超えた時に、初めて子どもに夢を見せられると諭すのでした。

なつは最後の原画を、制作進行の荒井に手渡すと、テレビ班の面々に産休に入る挨拶をします。

堀内が「あとは任せろ!」と頼もしげになつを送り出しました。

その後、作画課にも顔を出したなつは、仲や下山らに挨拶を済ませると、いよいよ産休に入るのでした・・・。

福祉事務所にて・・・ 

産休に入ったなつは、保育園の相談をするために福祉事務所を訪れました。

職員の村川から保育園に預けたい理由を聞かれたなつは、「生活のためでもありますけど、私は働きたいんです」と答えます。

すると村川は「子供を犠牲にしてでもですか?」となつに問います。

そして、子どもは本来母親が育てるもので、勘違いしているのではないかと言われるのでした・・・

坂場家にて・・・ 

帰宅したなつは、福祉事務所の村川の言葉を思い出し、悩んでいました。

そこに坂場も帰宅しました。

落ち込んでいるなつの姿を心配する坂場に、なつは「何でもない…」と力なく答えました。

「君が何でもないと言う時は一人で我慢する時だろう」と、なつの気持ちを察するように坂場が言います。

なつは「言いたくない・・・」とうつむきます。

「なら言わなくてもいいけど・・・」と言い、坂場はなつの肩を優しく引き寄せるのでした・・・

臨月を迎え・・・ 

子どもの預け先が見つからないまま、なつは臨月を迎えました。

ある日の真夜中、なつは突然のお腹の痛みで目を覚まします。

陣痛かと思われましたが、朝まで待っても痛みの間隔が一向に縮まりません。

とにかく医者に行こうと、なつを抱えようとした瞬間に玄関のブザーが鳴りました。

「誰だこんな時に!」めずらしく感情をあらわにした坂場が玄関を開けます。

「おはようございます」そにには、なつの北海道の母・富士子がいたのでした。

その声を聴いたなつが思わず声をあげます。

「母さん、助けて・・・」

富士子はなつ駆け寄ると、心配そうに介抱しだすのでした・・・

◇なつぞら21週・歴代ヒロイン11人目登場はあの人?!

◆次回作「スカーレット」の主題歌はこの人に決定!

 

なつぞらネタバレ21週123話|感想を最終回まで!

◀122話 | 124話▶

豪華ゲスト3連発

今日の『なつぞら』は、天花ちゃん&おしんさんの歴代ヒロイン2人!

そして最後は、ルフィまで出てきて超豪華版でした!

最初に登場したのは、待合室の妊婦のお母さんを演じた藤澤恵麻(ふじさわえま)さん


藤澤さんは、朝ドラ第71作『天花(てんか)』(2004年前期)のヒロインを演じていました。

昔と変わらず、透き通るような美しさ。

産まれてくる子どもは、なっちゃんのお子さんと同級生かな? ママ友としてまた出演してくれるといいですね。

そして次は、産婦人科ドクター役の田中裕子(たなかゆうこ)さん。


田中裕子さんは、朝ドラ第31作『おしん』(1983年)の青年期のヒロイン役。

今日の役はロマンスグレーの似合う貫禄たっぷりのベテラン女医でしたね。

仕事をしながら子育てをしてきた先輩としてのエールも良かったです。

そして最後に登場したのが、福祉事務所の職員役で登場したの田中真弓(たなかまゆみ)さん。


田中真弓さんは、人気アニメ『ワンピース』の主人公・ルフィの声優さんとして有名ですよね。

ルフィとは似ても似つかないお姿でなっちゃんに厳しく迫る・・・あ~怖い。

ちなみ田中さんは、なっちゃんが動画を担当した『わんぱく牛若丸』の牛若丸の声も担当していました。

保育園担当として、あるいは声優としても、再出演があるかもしれませんね♪

 

イッキュウさんの気分はいかに?

お腹が痛みだした中で、なっちゃんが真面目な顔でつぶやいた『子牛を生む母親の気分』。

名言が飛び出して、吹き出しました。

さすが、じいちゃんの弟子、元酪農ガール!

一方で、その言葉に、ちょっとイラっとするイッキュウさん。

苦しむなっちゃんの横で、アタフタするイッキュウさんが、バッグ(入院用?)をずっと持っていましたが、焦りぶりがよく表れていましたね。

用意万端のイッキュウさんのことですから、あのバッグには色々と入っていそうですね。

そして、早朝の訪問者が富士子さんだと分かった時に、なっちゃん以上にイッキュウさんがホッとしたはずでしょう。

ところで富士子さんは、連絡なしのサプライズでやって来たのでしょうかね。

タイミング良すぎ~♪

 

123話は、いかがだったでしょうか。
いよいよお産のカウントダウンです。
明日は、牛の出産に関してはプロ中のプロの、泰樹じいちゃんがなつの前に登場しますよ♪

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

 

◀122話 | 124話▶

 

 

スポンサーリンク