「なつぞら」ネタバレ26週・最終回まで一気公開中!〉〉〉

なつぞらネタバレ21週125話のあらすじと感想【8月23日】

 

スポンサーリンク

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ21週125話あらすじ感想

2019年8月23日(金)放送
なつぞら第21週テーマ「なつよ、新しい命を迎えよ」

なつぞらネタバレ21週125話|あらすじを最終回まで!

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

陣痛が始まったなつが分娩室に入りました。

病院には富士子ら柴田家や、咲太郎らも駆けつけます。

坂場をはじめ咲太郎や剛男たち男性陣は、落ち着かない様子でそわそわしながら、今か今かとその時を待っていました。

オギャー・・・

赤ちゃんの産声が響き渡りました。

なつは無事に元気な女の子を出産し、待ち構えていた皆にも安堵と喜びが広がります。

出産を終えたなつと赤ちゃんに対面した面々は、愛おしそうに赤ちゃんを見つめました。

名前のことになり、なつは泰樹に名付け役を頼みます。

じっくり時間をかけて名前を考えた泰樹は、「なつのように、優しい子になってほしい」という願い込めて「優(ゆう)」と名付けたのでした・・・

◇次回作「スカーレット」主題歌はこの人に決定!

なつぞら21週・歴代ヒロイン11人目登場!最高視聴率60%超えのあの人とは?

 

ランド♬いんふぉめ♬

*ネタバレ予告時点での「いんふぉめ」です。感想は放送後の掲載となります。

坂場家に第一子の女の子が誕生です!

母子ともに健康な出産だったようで安心できそうですね。

なつの粋な計らいによって、泰樹じいちゃんが名付け親になり「優」と決まります。

なつのように優しい子という願いを込める泰樹じいちゃんは、優ちゃんを目の中に入れてしまいそうですね♪

そして、スピッツの歌う『なつぞら』の主題歌「優しいあの子」は、優ちゃんのことだったと判明し、納得です。

情報によると、泰樹じいちゃんは名前を付けるためだけに7日間を費やしたそうです。

慣れない東京で、ひたすら考え込んでいたと思うと頭が下がりますね。

さて、123話の「ランド♬いんふぉめ♪」でも触れましたが、田中裕子さんが本125話でも登場します。

恐らく、産婦人科医か看護師さん、助産師あたりかもしれませんね♪

 

なつぞらネタバレ21週125話|感想を最終回まで!

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

◀124話 | 126話▶

 

 

スポンサーリンク