「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレ22週132話のあらすじと感想【8月31日】

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ22週132話あらすじ感想

2019年8月31日(土)放送
なつぞら第22週テーマ「なつよ、優しいわが子」

なつぞらネタバレ22週132話|あらすじを最終回まで!

昭和48年(1973年)6月1日。優は5歳になりました。

坂場家にて・・・ 

ある日、なつが洗濯を干していると、優が空に浮かんだ雲を指して、馬がいると言い出しました。

そして、本物の馬を見たいと優がせがみます。

なつは今度の夏休み、なつの誕生日の8月15日あたりに必ず休みを取って、優を十勝に連れていくと約束するのでした・・・。

その頃・・・ 

なつは作画監督として忙しい日々を過ごしていました。

作画監督を引き受けた以上はヒットさせようと必死のため、優を迎えに行けない日もまた増えていったのです。

そんな時は、咲太郎の『風車プロダクション』で預かってもらっていました。

みんなの愛情を受けてすくすくと育つ優を見て、まるで昔の自分のようだとなつはしみじみ思うのでした・・・。

ある日曜日・・・ 

夕見子が十勝からやって来ました。

夕見子は、新開発の紙パック入りの『たんぽぽ牛乳』を東京に売り込みに来たのです。

サンプルを飲んだなつは「うんおいしい!十勝の牛乳だわ!」と顔をほころばせます。

相変わらず牛乳は飲めないという夕見子ですが「これを東京で流通させれば私の役目は終わりだわ」と言い、農協を辞めて『雪月』の営業に力を入れると明かしました。

『ディスカバージャパン』という旅行ブームに乗って、『雪月』は土産が飛ぶように売れ忙しくなっていたのでした。

夕見子は「これからは私の力でもっと大きくしてやろうと思って」と目を輝かせます。

優が描いていた馬の絵を見た夕見子は、思い出したように「天陽くんのことは知ってる?」と口にしました。

天陽が過労で風邪をこじらせ、入院しているというのでした・・・

天陽の入院先にて・・・ 

ベッドにいる天陽が馬の絵を描いていると、雪次郎が息子の雪見(ゆきみ)を連れて見舞いにやって来ました。

絵を描き続ける天陽に雪次郎が「休みに来たんだべや」と突っ込むと、天陽は急いで描かなくちゃならないと言って手を止めません。

天陽は「好きな絵を描くために農業をしてたつもりが、絵を売らんと農業がままならんようになってしまった」と自嘲気味に話します。

「お前は離農しないだけ偉い、絵を描いて家族を守ってんだべ」と雪次郎が励ますと、天陽は「俺は俺でいたいだけ、どんなことがあっても」と笑うのでした・・・

坂場家の夕食・・・ 

坂場が帰宅し、みんなですき焼きを囲んでいました。

入院している天陽の話になると、夕見子は「帯広の画廊と契約してて、絵がどんどん売れるようになってんのさ」と近況を話します。

以前から天陽の絵に興味がある坂場は、東京の画壇でも天陽を知らない人はもういないだろうと、売り出し中の天陽の体調を心配しました。

すると、優が「テンヨウくん?」とキョトンとします。

なつが「ママとパパの大事なお友達」と説明すると、優は「じゃあ優ちゃんともお友達だね、優ちゃんも会いたい」とせがみます。

なつは、夏休みになったらきっと会えると優に話すのでした・・・

◆山田天陽のモデルも夭折の画家だった▶

◆北海道編キャスト相関図とプロフはこちら▶

 

なつぞらネタバレ22週132話|感想を最終回まで!

◀131話 | 133話▶

病室の天陽くんと雪見くん

病室の窓から差し込む光を背に絵を描く天陽くんと、お見舞いに訪れた雪次郎くん親子。


やっと雪次郎くんと夕見子ちゃんの息子の『雪見(ゆきみ)くん』に会えました。

ちょっと小柄なのは夕見子ちゃん似ですね。

そして『画家・山田天陽』に向かって、「おじさん絵上手だね」という、お茶目ぶりは幼少時代の雪次郎くんそっくり!

雪見くん、初めまして、会いたかったよ。

毎日のように『雪月』のお菓子をもって天陽くんの病室を訪れているなんて、やっぱり雪次郎くんは優しい男。

男の友情って、いいですねぇ。

そういえば、一つ気になることが…。

お見舞いの『雪月』のお菓子はしっかり包装紙に包まれていましたが、夕見子ちゃん持参のお土産『雪月』のお菓子は無包装でした。

これって…。

雪次郎くんと夕見子ちゃんの性格の違いを現すための演出なのでしょうか?

ちょっと気になりますね♪

 

絵が上手な優ちゃんが描いた馬は来週への布石?

誕生日を迎えた、優ちゃんは5歳になりました!


保育園の年長さんになっていたのですね。

年長さんともなれば、しっかりママのお手伝いもできるお年頃です。

初夏の青空がひろがる日、空を駆ける馬そっくりの雲を見つけたのもママと一緒に洗濯物を干していた時でした。

それがきっかけで夏休みには、十勝に帰省しママに馬に乗せてもらえる約束ができた優ちゃん。

よかったねぇ!楽しみだよね。

母親譲りで、とても幼い頃から絵が上手な優ちゃんですが、今日描いた馬の絵はどこか天陽くんの描く躍動感あふれる馬を彷彿させるものでした。

馬といえば『画家・山田天陽』が愛し、最も得意とするモチーフのひとつです。

今朝も土曜日恒例、来週の予告が流れましたが、「なつよ、天陽くんにさよならを」がタイトルだとか…。

タイトルを知った今では、優ちゃんが描いていた馬は、天陽くんへのお別れのイコンとしか見えなくなってしまいました。

なんだか、切ない土曜日です・・・。

 

132話は、いかがだったでしょうか。
久々に夕見子の登場で、息子の雪見くんも初登場でした。
さて、来週はハンカチが手放せない週になりそうです・・・。
来週もどうぞよろしくお願いいたします♪

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

 

◀131話 | 133話▶

 

スポンサーリンク