「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレ23週133話のあらすじと感想【9月2日】

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ23週133話あらすじ感想

2019年9月2日(月)放送
なつぞら第23週テーマ「なつよ、天陽くんにさようなら」

なつぞらネタバレ23週133話|あらすじを最終回まで!

昭和48年(1973年)の夏。

坂場家にて・・・ 

なつが作画監督を務めるアニメ『魔界の番長』の放送がスタートしました。

なつは優と一緒に放送を見ています。

しかし、番長が変身する場面になると、優は手で顔を覆い「怖い・・・見たくない!」と、寝室に逃げ込んでしまうのでした。

『東洋動画』にて・・・ 

なつのデスクに、ふいに神地がやって来ました。

なつから『魔界の番長』の感想を求められると、神地は「日本のテレビ漫画はどんどんひどい方向に言っているよなぁ…」と、嘆きまます。

会社の方針に不満を表す神地は、このままでは自分もテレビ班に異動だというのでした。

すると神地は「どうせテレビをやるなら、下山さんやイッキュウさんといる所でやりたい!」と言い出します。

そして、神地は『マコプロ』に移るとなつに明けるのでした。

なつは「モモッチに続いて神っちまで・・・」と驚くのでした・・・

坂場家の夕食にて・・・ 

なつは坂場に「マコさんは魔界の魔王だわ。東洋動画を破滅させる気じゃないの?」 と冗談めかしました。

すると坂場は、真顔になり「君もいっそのこと魔王に魂を売ったらどうだ?」と一冊の本を差し出します。

それは、アメリカの西部開拓者の家族を描いた『大草原の小さな家』という本でした。

坂場が考えている企画だったのです。

坂場は、実現するためにはなつの力が必要だと力説します。

そして「一緒にやってみないか?」と、なつを『マコプロ』に誘うのでした。

突然の誘いに驚いたなつですが、「私だけは仲さん達を裏切ってはいけないと思う・・・」と話します。

そして、もし会社を辞めるとしたら、今は少しでも優のそばにいたいと胸の内を明かすのでした・・・

病院にて・・・ 

その頃十勝では、一度退院した天陽が、8月に再び入院していました。

天陽がベッドで絵を描いていると、夏休みで帰省中の兄・陽平が見舞いに訪れます。

なつが天陽に会いたがっていたと伝えると「なっちゃんも俺も会えなくたって、絵を書いていればそれで十分なのさ・・・」と、天陽はほほ笑むのでした・・・

山田家にて・・・

夏の終わりのある日、天陽が突然家に戻ってきました。

天陽は来週に退院が決まったから、描きかけの絵を描きたくなって抜け出してきたのだと言います。

今すぐ病院に戻れと言う家族に、天陽は「大丈夫だって」となだめると、息子の道夫と彩子を抱き寄せ「もうちょっとの辛抱だからな」と愛おしそうするのでした・・・

天陽のアトリエにて・・・ 

天陽はアトリエに入ると、馬の絵を一心不乱に描き始めました。

お茶を持ってきた靖枝は、無理をしないようにと天陽を気遣います。

すると天陽は「靖枝と結婚して本当よかったわ。俺は俺でいられる・・・」と感謝を口にすると、「ここにいろよ」と引き寄せ、靖枝の温もりを確かめるかのように抱きしめるのでした。

翌朝、天陽の絵が完成しました。

徹夜で描き上げた絵から目を離すと、靖枝は、アトリエでそのまま眠っていました。

天陽は、その姿をしばらく見つめた後、靖枝をそっと起こします。

描き上げたばかりの馬の絵を夫婦二人で見つめるのでした・・・

 

【なつぞら】モデルは誰?神地航也(染谷将太)のモデルとは

なつぞらネタバレ23週133話|感想を最終回まで!

◀132話 | 134話▶

天陽・靖枝夫妻にキュンキュン♪

週の始まりから、悲しい雰囲気がどことなく漂いましたね。


自転車で家路を急ぐ天陽くんは、一刻も早く家族に会いたかったのでしょうね。

絵を描きたいと言うのも本当の理由でしょうけど、家族に会うのが一番の目的だったと思えました。

今日の天陽くんは最期を悟っているかのように、鬼気迫る部分と穏やかさが交錯していました。

天陽くんが靖枝さんに感謝して、抱き締めたシーンは胸にくるものがありました・・・

靖枝さんも、天陽くんの変化を感じ取ってると思えましたがどうなんでしょう。

実は、天陽くんはなっちゃんのこと好きなのに、家のために靖枝さんと一緒になったのではないかとずっと疑っていました。

でも、今日のシーンを見て疑惑はなくなりました。

天陽くんは、心から靖枝さんのことが好きなんだと安心できました。

「やっちゃん」「陽ちゃん」と呼び合っている若い夫婦に、キュンキュンしました。

でも・・・明日のこと思うと気分が重い。

なっちゃん! 早く十勝に帰って!!

輝きを取り戻した神っち

えー、神っちも『マコプロ』に移籍しちゃいました!

なっちゃんに報告した時、神っちはドヤ顔なので笑っちゃいました。

魔界の魔王のマコさんは、古巣からどんどん連れて行きますね。

連れて行くというか、みんながマコさんを慕って行ってるというとこでですね。

何より移籍を決めた神っちが晴れ晴れとしていて良かったですね。

入社したばかりの頃は、ものすごい新人が来たとワクワクさせてくれたのに、最近は不平不満ばかり言ってたので心配していました。

マコさんのもとで、尊敬するイッキュウさんや下山さんと、世界中の人を驚かすような映画を作ってもらいたいものですね。

さて、これでマコさん、下山さん、イッキュウさん、モモッチ、神っちが揃いました。

魔王の手先を夫に持つなっちゃんも移籍は時間の問題かな!?

◇【なつぞら】を公式サイトで1話から無料視聴できるんです~♬▶

133話は、いかがだったでしょうか。
イッキュウさんの出した本『大草原の小さな家』の表紙に描かれたお父さんは、間違いなく泰樹じいちゃんでしたね。
この一冊がなつの人生を変えそうです。
そして、明日・・・。
あ~明日の放送が来なければいいのに・・・

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

◀132話 | 134話▶

 

スポンサーリンク