「なつぞら」ネタバレ26週・最終回まで一気公開中!〉〉〉

なつぞらネタバレ23週135話のあらすじと感想【9月4日】

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ23週135話あらすじ感想

2019年9月4日(水)放送
なつぞら第23週テーマ「なつよ、天陽くんにさようなら」

なつぞらネタバレ23週135話|あらすじを最終回まで!

天陽のアトリエにて・・・ 

天陽の遺作を見て興奮する優が「本物のお馬さん、やっと見られたね、ママ」と無邪気に笑顔を見せます。

なつが「どうして、これが本物だと思ったの? 動かないのに・・・」とたずねると、優は「絵を動かすのは、ママのお仕事でしょ?」と口にします。

なつは、その言葉にこらえきれず、鳴咽するのでした・・・

山田家の母屋にて・・・ 

悲しみにくれる天陽の両親・正治とタミは、天陽の最期をなつたちに話します。

医者の話によれば、先が短いことを天陽に告げようとしていた矢先の事だったといいます。

退院が決まったと、嘘をついてまで家族のもとへ帰って来た天陽は、もうダメなことがわかっていたのだろうと母・タミは泣きながら話します。

父・正治は、家族の生活のために最後まで絵を残そうとしたのかもしれないと、天陽の思いを語ります。

一家の大黒柱の天陽がいなくなったため、正治は離農を考えていると明かします。

その話が出たところで、兄・陽平は天陽の妻・靖枝に、天陽の絵を全部売れば当面の生活は困らないだろうと画廊の人が言っていたと明かします。

「嫌です!」ずっと黙って聞いていた靖枝が叫びました。

靖枝はここから動かないし、絵も絶対に売らないと訴えます。

そして、天陽は家族と一緒にいるために「自分の命をこの土地に、土に命をまくために帰ってきたとしか思えません」と、天陽の気持ちを推し測るのでした。

その時、天陽の息子・道夫が「じいちゃん、僕がやる!」と立ち上がると「母ちゃんを助けて僕が働くからここにいたいよ!」と正治に訴えました。

娘の彩子も「私も働く!ここにいたい!」と言い出すので、タミは、昔の天陽みたいだと言い、再び声をあげて泣き出すのでした。

3人の強い思いを知った正治は「この家族の言葉がきっとあいつの遺言なんだろう」と言うと、息子の残した家族を守っていくと決意するのでした。

畑にて・・・ 

一人で畑に向かった靖枝は、天陽の温もりを探すように、天陽が亡くなった場所に頬をあてていました。

するとそこに、泰樹が「天陽に会いに来た」と現れました。

泰樹は「天陽はここにおる・・・」と口にすると、そのことを忘れなければ天陽はいつまでも生きていると言い「わしの中にも天陽はおる」と靖枝を励ますのでした・・・

天陽のアトリエにて・・・ 

アトリエで一人になったなつは、天陽の自画像に向き合いました。

すると、天陽の声が聞こえてきます。

「アニメーターを辞めたいって、悩んでるのか?」

うなずくなつに、それなら答えはもう出ていると声が聞こえてきました。

なつは 「また天陽くんの答えを教えてよ・・・」と助けを求めました。

「優ちゃんが君の答えだろ?今は」と天陽は答えを指し示します。

そして、絵を動かすのがなつの仕事だと優に言われたことを引き合いに出し、それで十分じゃないかと言います。

その時、天陽の幻影がなつの前に現れました。

そして、なつは優のために行動すればよいとやさしく語りかけると「これからも頑張れ・・・なっちゃん!」とエールを送りました。

なつは、今も天陽とは広いキャンバスで繋がっていると確信すると、「ありがとう・・・天陽くん」と精いっぱいの笑顔を作るのでした・・・

 

◇人気朝ドラが公式サイトから無料見放題で~す♬コチラ▶

なつぞらネタバレ23週135話|感想を最終回まで!

◀134話 | 136話▶

天陽くん一家の結びつき

天陽くんは良い家族に恵まれました。


この家族の深い結びつきに、昨日よりも号泣です。

靖枝さんの言葉や行動を見て、天陽くんが「靖枝と結婚して良かった」 と言ったことに嘘はなかったことを改めて実感しました。

一歩引いたようにつつましい靖枝さんですけど、今日は初めて抵抗したのではないのでしょうか。

この土地を離れないことが決まって、靖枝さんがそのことを報告する様に土の上で横になっていたシーンは、特に涙が止まりませんでした。

二人のお子さんたちも、天陽くんの生き方をずっと見てきたから、幼い頃の天陽くんと同じように後を継ぐと言ったのでしょうね。

これからも、正治さんとタミさんと手を取り合って、天陽くんの宿る土地で仲良く暮らしていってもらいたいです。

 

なっちゃんと天陽くん

天陽くんとお別れをしなければならないなっちゃんに、私も心が痛かったです。

第10週60話にて、なっちゃんへの想いを断ち切った天陽くんが、なっちゃんの絵を塗りつぶしました。

そして天陽くんは、そのキャンバスの上に自画像を描きました。

その天陽くんの自画像となっちゃんが向き合うという、会話なのか自問自答のような不思議なシーンでした。

天陽くんはこうなるとわかっていたのかな?

それにしても、天陽くんとの会話によって、なっちゃんは現在の迷い道から抜け出せるような気がしますね。

最期までなっちゃんを導いてくれた天陽くんは、やっぱり大きな存在でしたね。

これからもなっちゃんが迷えば、アドバイスしてほしいですね。

天陽くんありがとう。そして、さようなら・・・。

135話は、いかがだったでしょうか。
二日続けて天陽くんに泣かされました。
なっちゃんも、靖枝さんも起きたことを少しずつ受け入れていくのでしょうね。
天陽くん、安らかにおやすみください・・・

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

◀134話 | 136話▶

 

 

スポンサーリンク