「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレ23週136話のあらすじと感想【9月5日】

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ23週136話あらすじ感想

2019年9月5日(木)放送
なつぞら第23週テーマ「なつよ、天陽くんにさようなら」

なつぞらネタバレ23週136話|あらすじを最終回まで!

雪月にて・・・ 

『雪月』のある通りは、すっかりモダンな商店街となっていました。

そして、洋菓子喫茶風の『雪月』に、なつと優がいました。

「お待たせー」パテシエ姿の雪次郎が現れます。

「雪月ロールとシュークリーム、そして、おバタ餡サンド」と言いながらテーブルに並べました。

息子の雪見(ゆきみ)君は、優が美味しいと言うと「よかった~」と嬉しそうに満面の笑顔をうかべます。

そんな、談笑の中で雪次郎の母・妙子が加わり、天陽の話になります。

皆が気づかう中、なつは、天陽は今も変わらずに居るような気がすると言います。

「俺もそうなんだわ、なっちゃん。」雪次郎も天陽がいなくなったとはどうしても思えないと話します。

やがて、とよばあちゃんと、店主・雪之助も顔を見せます。

雪之助は、一瞬考えるそぶりを見せた後、「なっちゃんに見てほしいもんがあるんだわ」と言い出します。

それは、亡くなる前に天陽が描いてくれたという『雪月の包装紙』でした。

それを見たなつの目から、一瞬にして涙が溢れます。

それは、十勝の雄大な景色にポツンとひとり立つ少女の絵でした。

それはまさに、幼い頃のなつの姿でした。

雪之助が、その時の話を伝えます。

天陽は、なつの開拓者精神から、天陽の十勝での暮らしが始まっていると話したと言います。

そういう出会いを、雪月のお菓子にも込めたいと言うと、雪之助も感激し「それを聞いたら、なっちゃんも喜ぶだろうね」と目を細めたのでした。

そして、なつが何かでくじけそうになった時には、「雪月のお菓子をその包装紙に包んで送ってやってください。」と言っていたといいます。

「天陽くんは、子供のころの思いをずぅっと大切にしていたんだね…」

なつはその天陽の思いに、ふたたび涙があふれるのでした。

そして、『雪月の思い』と『天陽の思い』に包まれたお菓子を、「東京のなっちゃんへ…」と手渡されると、なつは北海道で過ごしたすべての時と、すべての人たちの思いを受けとめるのでした・・・

柴田家夕食にて・・・ 

砂良の父・弥市郎が来ていました。

弥市郎は、「あいつは作品そのものになったんだ」と芸術家天陽を語ります。

なつの父・剛男は、天陽は寿命を知りながらも、自分は作品と共に生き続けることを家族に教えたくて、病院を抜け出して帰ってきたかもしれないと、話します。

皆が口々に天陽の事を話す中、泰樹がぼそりと言います。

「なつ、おまえは大丈夫なのか…」

なつと天陽を誰よりもずっと見続けてきた泰樹は、なつの気持ちを察します。

「うん…大丈夫」と泰樹に笑顔を送るなつ。

そして、今も天陽はみんなの心に生き続けている「きっと、それが答えだね…天陽くんの」と言い、天陽の死をようやく受け入れるのでした。

寝室にて・・・ 

なつは坂場から渡された『大草原の小さな家』を、優に読み聞かせていました。

やがて寝付いた優。

その寝顔を見たなつは、おもむろにスケッチブックにペンを走らせます。

物語りを読んでいるうちに、登場人物のイメージがふつふつと湧いてきたのでした。

そして翌朝のこと、

優がそのスケッチブックの絵を見て「これ見たい、優ちゃんこれが見たいよママ!」と、なつを揺り起こします。

「優これ見たいの?」と、なつの顔が輝きます。

そして飛び起きると、急いで電話に走ります。

ダイヤルを回すなつの顔からは、もう迷いは消えていたのでした・・・

 

◆視聴率60%超えのあの朝ドラを一気見できるんです。もちろん無料ですよん♬~

 

なつぞらネタバレ23週136話|感想を最終回まで!

 

◀135話 | 137話▶

とよばあちゃんは役者が一枚上!

雪月を訪ねたなっちゃんと優ちゃん母子を、小畑家の面々が勢ぞろいでお出迎え。


雪之助さんと妙子さん夫妻の頭にもすっかり白髪が増え、それだけ月日は流れているのだと気づかされます。

でも、とよばあちゃんのギャグは、相変わらずひねりが効いていました。

なっちゃん母子の顔を見るなり「相変わらずメンコイね、なっちゃんは~」と、優ちゃんの頭を撫でる大ボケをかましましたよね。

皆を煙に巻き、オロオロするのを見て楽しむ余裕まである、そんなとよばあちゃんは役者が一枚上!流石です。

威勢が良く口八丁の『十勝のおしゃべりばあさん』まだまだ健在、元気です。

少し足腰が弱っているようでしたが、泰樹じぃちゃんととよばあちゃんには絶対、元気で長生きしてほしいですよね♪

 

心に刺さる名言のオンパレード!

今日、なっちゃんに語り掛けたとよばあちゃんの言葉。

「残された者はつらいけど、先に逝った者、大切な思い出に恥ずかしくないように生きなければ…」

さすがに、開拓の時代を生き抜いたとよばあちゃんの言葉には、真実と強さがあります。

さらに、柴田家で夕食を摂りながらの弥市郎さんが語った言葉。

「天陽の人生は、長いも短いもない。ただそこにあるだけ…。あいつは作品そのものになった」は、画家・山田天陽を見事に表現していますよね。

世代は違っても、弥市郎さんは同じ芸術家として、天陽くんをとても評価していたことがうかがい知れる一幕でした。

それだけでなく、今日は心に沁みるセリフが多く、天陽くんがデザインした雪月の包装紙のシーンもそうでした。

あの包装紙欲しい~♪

 

136話は、いかがだったでしょうか。
まさか、三日も続けて天陽くんに泣かされるとは思いませんでした・・・。
結ばれることのなかったなつと天陽くんですが、魂の繋がりはこれからも永遠に続くことでしょうね。
なっちゃんの次なる動きが楽しみですね♪

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

 

◆10代の天陽となつの雪原での別れをもう一度観るならコチラから▶

 

◀135話 | 137話▶

 

スポンサーリンク