「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレ23週137話のあらすじと感想【9月6日】

 

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ23週137話あらすじ感想

2019年9月6日(金)放送
なつぞら第23週テーマ「なつよ、天陽くんにさようなら」

なつぞらネタバレ23週137話|あらすじを最終回まで!

なつと坂場の電話・・・ 

優の一言で心が決まったなつは、すぐに東京の坂場へ電話をかけました。

『大草原の小さな家』の企画がまだ動いていないことを確認したなつは、「私にやらせてほしいの」と思いを伝えました。

受話器を置くと、なつは母・富士子に「私・・・やっぱり仕事を続けるわ」と明かします。

仕事と子育てで、迷い悩んでいることを富士子に話していたなつ。

その答えが出たことに安心する富士子に、なつは「また天陽君に答えを教えてもらっちゃった」と天陽の導きに感謝するのでした・・・

夕食にて・・・ 

なつが帰省していると知った妹の明美が、土曜日の晩に札幌から帰ってきました。

明美は女子大を卒業すると、信哉の後を追って放送局で働いています。

男ばかりの中で働く明美に、富士子が「いい人いないのかね?その中に」と口にします。

すると明美は、母の発想に呆れ、今の時代に女は結婚のために生きてるわけじゃないと論じます。

長男・照男が、明美の姉・夕見子に似てきたと揶揄すると「ユミ姉ちゃんは結局中途半端だったわ」とバッサリ切り捨てるのでした。まさに、夕見子の再来です。

そんな談笑の中で、祖父・泰樹は、なつに仕事を続けていくのかと聞きました。

なつは、辞めてもいいと思っていたが、天陽と話して再びやることを決めたと話します。

すると照男の妻・砂良が、行方知れずのなつの妹・千遥がどこかで見ているから、なつは仕事を続けるべきだと話します。

そして、なつの作品を見た千遥が、なつが元気でいることを知って安心するだろうというのでした。

なつも、作品を通して千遥にずっと呼び掛けてきたから「それをやめるわけにはいかないわ」と、気持ちを新たにします。

泰樹は、迷いが消え晴れ晴れとするなつに安心するのでした・・・

『マコプロ』にて・・・ 

なつの決意を受け止めた坂場は、麻子に『大草原の小さな家』の企画書を提出し「奥原なつがその気になりました」と報告しました。

麻子は色めき立ちます。

なつが自分からやりたいと言い出したので、間違いないと坂場が話すと、麻子は「なら大歓迎よ!」と喜びをあらわにします。

下山、神地、桃代も「面白くなる!」と、待ちきれない様子になるのでした・・・

坂場家にて・・・ 

なつと優が東京に帰ってきました。

坂場が天陽の描いた『雪月』の包装紙を見つめていると、なつは、天陽の絵と『大草原の小さな家』が重なり、どうしても描きたくなったと明かします。

優が寝静まると、坂場はなつに企画書を見せました。

「北海道を舞台にして、その物語を創ってみたいんだ」坂場の構想を聞いたなつは、目を丸くします。

なつにも、新たな物語が始まりそうなのでした・・・

 

◆明美役の鳴海唯(なるみゆい)さんのプロフはコチラ▶

 

◆ノブさんが朝ドラデビューした『あさが来た』を無料で観れますよん♬~コチラから

 

なつぞらネタバレ23週137話|感想を最終回まで!

◀136話 | 138話▶

柴田家の女性陣は強し!

柴田家の女性陣は強くて結束が固そう


優ちゃんもそこに、仲間入りするのは間違いないでしょうね。

弱い男の象徴的存在の剛男さんですが、今日は強がっていましたね。

でも、そこをイジられてしまい、見ていて切ない・・・。

そんな剛男さんも、夕見子の駆け落ち騒動の時など、イザとなったら一歩も引かないハートの方だということはよくわかります。

家庭円満のために、普段は弱そうに振舞うのが秘訣なんですね♪

それにしても、明美ちゃんが夕見子にしか見えないほど強い女性になってて驚きました。

ただ明美ちゃんは、富士子さんの手伝いをずっとしていましたから、家庭的な面もあるところが夕見子と違うところですね。

明美ちゃんが高校生の時に、信さんのように放送の仕事をしたいと言ってましたけど、本当に夢を叶えちゃうところが柴田家の強い女性を感じます。

可愛らしかった明美ちゃんですが、より女性らしく磨きがかかっていましね。

ただ、見た目とは裏腹に、職場の男性には恐れられていそうですね♪

 

なっちゃんが動き出す!

天陽くんからのアドバイスと、優ちゃんの「これが見たいよ」が後押しとなり、『マコプロ』に行くことを決めたなっちゃん。


今回の旅は人生の転機となりましたね。

なっちゃんからの電話を受けたイッキュウさんも、なっちゃんが元気になったことを嬉しそうにしてましたよね。

イッキュウさんがマコさんに報告する時に「奥原なつがその気になりました」という言い方が、対等な関係でいたい気持ちを感じますよね。

きっと、イッキュウさんはなっちゃんがが自分から動き出すのをずっと待ってたのでしょうね。

無理強いをしなかったイッキュウさんの優しさがステキです。

なっちゃんの参加によって『マコプロ』に、ますますと活気が出そうです。

ところで、モモッチの服がどんどん派手になっていますが、結婚してからコンサバになったなっちゃんとは正反対。

コーディネートやおしゃれの楽しさは、モモッチの色指定の仕事に活かされていそうですね♪

 

137話は、いかがだったでしょうか。
迷いが吹っ切れたなっちゃん!
『マコプロ』に移籍して、描きたい絵を描くことが秒読みになってきましたね
ただし、その前に『東洋動画』に伝えなければ・・・。
明日も楽しみですね♪

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

◀136話 | 138話▶

 

スポンサーリンク