「なつぞら」ネタバレ26週・最終回まで一気公開中!〉〉〉

なつぞらネタバレ25週145話のあらすじと感想【9月16日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ25週145話あらすじ感想

2019年9月16日(月)放送
なつぞら第25週テーマ「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」

なつぞらネタバレ25週145話|あらすじを最終回まで!

ソラのファンという女の子・千夏の後を追ったなつ。

千夏と一緒にいた母親を見て・・・

路地にて・・・ 

「千遥!・・・千遥?・・・千遥だよね・・・私が分かる?」

なつの呼びかけに困惑する表情の母親は、小さくうなずきました。

なつの直感どおり、母親は千遥だったのです。

千遥が「突然お邪魔してすみませんでした」と他人行儀にするので、なつは「何言ってるの、嬉しい・・・来てくれてありがとう」と感激します。

なつぞら ちはる

千遥は言い訳するように、娘がソラを毎週楽しみにしていて「どんなところで作っているのか、私も見てみたくなって・・・」と、たずねて来た理由を口にしました。

そして、娘にはなつのことを何も話していないから「あなたのことは知らないんです」と明かしたため、なつは事情を察しました。

そこに、坂場と優が出てきたので、なつは千遥に家族を紹介します。

そそくさと帰ろうとする千遥を引き止めたなつは、今どこにいるのか教えてほしいと懇願します。

千遥は神楽坂で『杉の子(すぎのこ)』という料理屋をしていると告げると「もしよかったら・・・お客様としていらして下さい」となつを誘ったのでした。

なつは「行く!必ず行く・・・」と言うと、兄・咲太郎も誘ってもよいかと聞いてみました。

千遥は「あなたがお誘いしたい方なら、私は構いません」と答えると「それじゃさようなら」と帰って行くのでした・・・

なつも「さようなら・・・」と声をかけ二人を見送ると、「ああ・・・でもよかった。信じられない!」と感極まるのでした。

『杉の子』にて・・・ 

娘・千夏から、なつの事を友達かと聞かれた千遥は、穏やかな表情で「そう、お母さんが子供だった頃の・・・」と答えます。

千夏はソラを作るなつをすごいと言うと、 『マコプロ』でもらったセル画を嬉しそうに見るのでした。

そんな娘を見て、千遥は話したいことがあると言い出します。

千遥は、家に帰ってこない夫・清二と離婚すことになるかもしれないと、娘・千夏に打ち明けました。

そして、そうなったら、ここには居られなくなると話します。

千夏と二人どこか知らない街で、暮らさなければならないというのでした。

「・・・それでもいいよ。お母さんと一緒なら」と、千夏は答えました。

千遥は不安そうにする娘・千夏をそっと抱き寄せます。

「ごめんね、ちゃんと家族を作ってあげられなくて・・・」千遥はその切なさと共に、千夏を抱きしめるのでした。

その日の夜・・・ 

咲太郎と光子を自宅に招いたなつは、千遥に会ったことを話します。

突然の知らせに、咲太郎も光子も色めき立ちます。

そして、「お客としてなら来てもいいって」と、なつは誘われたことを伝えました。

「でも、どうして千遥は、今になって会ってくれる気になったんだろう?」

なつは嬉しい半面、千遥の心変わりになにか違和感を感じてしまうのでした。

なつは咲太郎と光子、そして、信哉を誘って、次の土曜日に千遥の店に行くことを決めました。

やがて『大草原の少女ソラ』の放送時間になりました。

坂場家でみんながテレビに見入っていたころ、千遥と千夏も二人でテレビを見ていました。

なつが作ったこの作品で、家族の時間がまた繋がりはじめたかのようでした・・・

【スカーレット】ネタバレあらすじを最終回まで随時公開中!

◆【なつぞら】1話から無料で観れる方法はコチラ~♬

 

ランド♬いんふぉめ♬

*ネタバレ予告時点での「いんふぉめ」です。感想は放送後の掲載となります。

出演者

広瀬すず、岡田将生、比嘉愛未、清原果耶、中川大志、染谷将太、川島明、渡辺麻友、伊原六花、犬飼貴丈、粟野咲莉、増田光桜、貫地谷しほり

念願だった千遥(ちはる)と再会を果たしました!

しかも、アニメーター・奥原なつの名前を見つけてもらえたのです。

なつの願いは、しっかりと千遥が受け止めていてくれていたと思うと感慨深いですよね。

本当は抱き合いたい二人なのでしょうが、そうもいかないのが悩ましいですね。

千遥は、なつや咲太郎と兄妹だと公言できない事情を抱えています。
(第14週の81話82話83話

ごく当たりまえな会話の中で、千遥なりの精一杯の思いを込めたおもてなしをするのでしょう。

この辺も、見どころとなりそうですね。

千遥に会えただけでなく、居場所まで教えてもらえてホントに良かった!

今度こそ、兄弟の交流ができることを願いたいですね♪

 

なつぞらネタバレ25週145話|感想を最終回まで!

 

◀144話 | 146話▶

28年ぶりの再会!

千遥に会えて、なっちゃん良かったね~!


感激するなっちゃんとは対照的に、困り顔の千遥でしたね。

でも、なっちゃんのそばに行ってみたい! もしかしたら会えるかもしれない!と、勇気を出して『マコプロ』をたずねたのではないでしょうか。

千夏ちゃんがソラのファンだと言い訳していましたけど、簡単に来られるものでがありません。

テレビで奥原なつの名前を見つけて、インターネットでチャチャっとググって見つかる時代でないですから、電話案内で聞いて地図を頼りにやって来たのでしょう。

夫と別れることを決めて、心境の変化がなっちゃんの元へと足を向かせたのでしょうね。

ん~考えただけで泣けてくる(><)

優ちゃんと千夏ちゃんが、いとこ同士で仲良くできる日が早く来て欲しい~♪

 

近い将来の、朝ドラヒロイン候補?

千遥を演じる、清原果耶(きよはらかや)さんの演技力に圧倒されました。

彼女が登場するだけで空気が変わります。

言葉が無くても、目の動きや表情で語ってしまう演技ができるすごい女優さんです。

そして、幼いなつと千夏ちゃんの二役を演じる粟野咲莉(あわのさり)ちゃんも表現力豊かな才能ある子役さんですよね。

そんな二人を『なつぞら』キャラクター紹介を見て、びっくりしました!

粟野咲莉(あわのさり)ちゃんは2010年生まれの9歳で、清原果耶さんは2002年生まれの17歳

歳の差は8歳・・・え~!?

特に清原さんの、疑いようのない『昭和のお母さんの佇まい』は、17歳とは思えません。

『あさが来た』おふゆちゃんを演じていた時も、13歳と聞いてびっくりしましたけど、どんどん演技力を上げていますよね。

近い将来、2~3年のうちに、清原さんが朝ドラヒロインになることを高らかに予想したい気分です♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

清原果耶 officialさん(@kaya0130_official)がシェアした投稿


 

空気を読む優ちゃん

千遥たちが帰った後に、優ちゃんが「ママの妹でしょ」と無邪気に言ってましたけど、千遥と千夏の前で言わなくて良かった~。

優ちゃんは空気を読める子ですよね。


十勝にロケハンに行った時に、『魔界の番長』が大嫌いなのに、モデルの門倉番長に「番長大好き~」とヨイショしてましたが、ただものではありませんね。

恐らく、光子さんから帝王学を学んでいると感じました♪

そうそう、本格バターカリーで有名な『川村屋』の元マダムの光子さんに、家庭的なカレーを振舞う坂場家にほっこりしました♪

 

145話は、いかがだったでしょうか。
「これ以上望めない」ほどの良い縁談だってはずの千遥ですが、どうやら今現在はそうではないようです。
奥原兄妹のハッピーエンドがやって来ることを祈りましょう♪ 

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

◀144話 | 146話▶

 

 

スポンサーリンク