「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレ25週147話のあらすじと感想【9月18日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ25週147話あらすじ感想

2019年9月18日(水)放送
なつぞら第25週テーマ「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」

なつぞらネタバレ25週147話|あらすじを最終回まで!

『杉の子』にて・・・ 

千遥の料理を、心ゆくまで堪能したなつや咲太郎たち。

帰り際になつは、千遥にだけわかるようにそっと手紙を渡します。

一同は千遥の消息とその生活ぶりを見て安心し、笑顔で店を後にするのでした・・・

千遥の部屋にて・・・ 

店を終えた千遥は、なつから渡された年季の入った封筒を開けました。

それは、義父・剛男が戦地から持ち帰ってくれた、なつたちの父親からの手紙でした。

家族にあてた手紙が、ようやく3人に届いたのです。

手紙と一緒にあった、父が描いた家族の絵を千遥は見つめます。

そこに描かれた一人ひとりの肖像を見ながら、千遥は自分の家族を知り、父の思いを知り涙するのでした・・・

千遥の家にて・・・ 

日曜日の夜、『大草原の少女ソラ』を見ています。

レイが乳搾りをするシーンを見て、千遥は柴田家で乳搾りをしたことを思い出します。

隣では、千夏が「私も乳搾りをやってみたいな・・・」とつぶやきながら、乳しぼりの手つきを真似ていました。

坂場家にて・・・ 

優も乳搾りをしてみたいとなつにねだっていると、坂場が「千遥ちゃんもきっと見てくれてるだろうな」と口にします。

そして、千遥に会えて安心できたのかとなつに聞きます。

なつは「千遥は立派な料理人だった」と言うと、誇りを持って料理をしていることだけはよくわかったと話します。

そして、「それだけで安心できた」と、修行を重ねて成長した千遥を誇りに感じるのでした。

『マコプロ』にて・・・ 

なつは、相変わらず『大草原の少女ソラ』の制作に追われていました。

そんな最中、坂場は「卵を割って焼くシーンがおいしそうに見えない」と言い、描き直してほしいとなつに頼みます。

「ちょっと待って!」

締め切りのことで頭を悩ますプロデューサーの麻子は、我慢しきれずに口を挟み、多少の妥協は仕方ないとなつたちに言います。

しかし、なつはこの物語にとって大事なシーンだと訴え、麻子の忠告を押し切るのでした。

大量の卵を用意したなつと神地は、何度も卵をフライパンに割り落とす様子を観察しては、動画を描き直します。

ヤキモキする麻子をよそに、いつのまにかスタッフ全員で卵を割るシーンで盛り上がるのでした。

3週間後・・・ 

「これ見てよ!これっ!」

弾むような麻子の声が、社内に響きます。

放送局から戻った麻子のその手には、視聴者からの大量の手紙が入った、段ボール箱が抱えられていました。

麻子は、特に反響があったのは『あの卵を焼くシーン』だと話します。

なつ達がこだわりぬいた作品は、確実に子どもたちに届いていたのでした・・・

『杉の子』にて・・・ 

千遥が店で仕込みをしていると、夫・清二の母、杉山雅子(すぎやままさこ)がやって来ました。

千遥は神妙な顔つきで「お義母さん・・・お話ししたいことがあります。清二さんとも、きちんとお話しさせて下さい。」と申し出ます。

驚いた雅子は「別れたいってこと?」と、表情を強張らせました。

「お願いします・・・」千遥は頭を下げました。

ある日のこと・・・

意を決した千遥は、再び『マコプロ』になつをたずねるのでした。

 

朝ドラ【スカーレット】のネタバレあらすじ感想を最終話まで公開中!

◆千遥役・清原果耶さんのプロフと近況は、コチラ~♬

 

ランド♬いんふぉめ♬

*ネタバレ予告時点での「いんふぉめ」です。感想は放送後の掲載となります。

出演者

広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人、岡田将生、比嘉愛未、清原果耶、工藤阿須加、北乃きい、清原翔、中川大志、染谷将太、川島明、渡辺麻友、伊原六花、犬飼貴丈、有薗芳記、岩谷健司、藤本沙紀、沢城みゆき、鳴海唯、粟野咲莉、増田光桜、浅茅陽子、貫地屋しほり、草刈正雄ほか

なつが渡した手紙によって、千遥の心がさらに動くようになるのではないでしょうか。

そして『大草原の少女ソラ』を見て、同時に乳搾りをしたいと言い出した、千夏ちゃんと優ちゃん。

さすがいとこ同士、ぜひ柴田牧場で二人で乳搾りしてもらいたいですね♪

北海道の柴田家や小畑家、山田家だけでなく、千遥と千夏ちゃんも作品を見ててくれていると思うと、なつのモチベーションも高くなりますよね。

それにしても、イッキュウさんのこだわりはかなりのものだと想像できます♪

そのこだわりに答えてしまう精鋭が揃っているのが『マコプロ』の強みでしょう。

一方で、今は経営者でありプロデューサーの立場のマコさんは、アニメーターの時とは違った意味で(経費や時間など)イッキュウさんに振り回されるのでしょうね。

さて、なつをひょっこり訪ねてきた千遥と千夏ちゃん。

千遥はなつに、何か相談ごとをするとの情報です。

それをキッカケに、なつと咲太郎と千遥の関係が大きく動き始めるようです♪

 

なつぞらネタバレ25週147話|感想を最終回まで!

◀146話 | 148話▶

歴代ヒロイン『浅茅陽子』さん

千遥の義母・雅子役として、歴代ヒロインの『浅茅陽子(あさじようこ)』さんが登場!


浅茅さんは、朝ドラ第17作『雲のじゅうたん』(1976年)でヒロインを演じました。

『なつぞら』第25週149話で、千遥の離婚協議の鍵を握る重要な役柄を演じますよ。

浅茅さんの登場で、歴代ヒロインは15人が登場したことになります。

最終話に向けてまだまだ登場するかもしれませんから、こちらも楽しみですね♪

 

千遥となつの違いがクッキリ

貫禄感たっぷりのお義母さんがやって来た時に、千遥ちゃんに緊張感が走っていましたね。

お義母さんは、千遥ちゃんが切り盛りしている店なのに息子の店だと言い、家に帰って来ないのも、店に出ないことも許している様子。

挙句は「そのうち目が覚める」と・・・

もう、どーなっちゃっているのかと呆れてしまいました。

千遥ちゃんにしてみれば隠し事がいっぱいあって、負い目があるから耐え忍んできたのでしょう。

そのため、お義母さんとも上手くいっていない様子でした。

もう限界を超えたけど、育ての母には言い出せず、思い切って姉に相談しに行ったと想像します。

なっちゃんと千遥ちゃんの、今置かれた環境や、育った環境、養母などの違いがくっきり出ていて考えさせられシーンでした・・・

 

卵とマコとしずる感

卵は重要シーンだと譲らない坂場夫妻に、必死に抵抗するマコさん。


ただでさえ遅れているのに、「これ以上は許してぇ~」と怯えるマコさん。

一縷の望みを託すように「卵よ・・・難しいわよ・・・」と悲壮感たっぷりに訴える姿が面白くてニヤけてしまいました。

それなのに、放送後に届いた反響の手紙を前に腕組みして「あの卵を焼くシーンよ!」とドヤ顔で言い放つマコさんを見て大笑いです。

山ほどの卵を何度も割って、みんなで意見を出し合いながら描き直していると、見た目や音、匂いまで届くような、すぐに食べたくなる『しずる感』あるアニメが完成!

伝えることの難しさと楽しさが詰まった、アニメ作りの醍醐味を感じるシーンでした。

子供たちの反響は、作り手にとってはこれ以上ない嬉しい言葉ですよね。

それにしても今回のあの目玉焼きは、食欲を刺激する『アルプスの少女ハイジ』のチーズや、『ジブリ飯』でしたね♪

 

147話は、いかがだったでしょうか。
千遥の旦那はクズのようです・・・。
すぐに泰樹じいちゃんを呼んで、夕見子の元彼の時のように「抹殺‼️」コースをオススメしたい感情がメラメラ・・・。
明日は、千遥の状況が明らかになりますからお見逃しなく♪

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

◀146話 | 148話▶

 

 

スポンサーリンク