「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

なつぞらネタバレ25週150話のあらすじと感想【9月21日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ25週150話あらすじ感想

2019年9月21日(土)放送
なつぞら第25週テーマ「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」

なつぞらネタバレ25週150話|あらすじを最終回まで!

千遥の離婚の話し合いは、無事に決着しました。

『杉の子』にて・・・ 

なつ達が喜んでいるところに、千遥の娘・千夏が帰って来ました。

「あっ、なつおばさん」

なつは、駆け寄ってきた千夏に『咲太郎おじさん』を紹介しました。

そこに、心配して十勝から駆け付けた剛男が入って来ました。

話し合いが解決したと聞いた剛男は、胸をなでおろすのでした・・・

そして、剛男は千遥の忘れ物だと言い、バッグの中から風呂敷包みを取り出します。

それは、千遥が柴田家に置いてきたワンピースでした。

なつぞら 剛男

懐かしそうにそれを受け取った千遥は、奥から柴田家で借りたなつの服を持ってきました。

「やっと返せるのが嬉しいから」と、なつに差し出します。

そして、なつから預かった『亡き父の手紙』も返しました。

その手紙を30年前に戦地から持ち帰った剛男が、それを見て言います。

「奥原さんの思いは、3人にしっかり受け継がれたんだね・・・」

なつぞら 剛男

感慨深そうに語る剛男の言葉を、3兄妹は心から噛みしめるのでした。

 食事にて・・・ 

千遥の作った天丼を皆で味わっている時、なつは、千遥と千夏に夏休みに一緒に十勝に行こうと誘いました。

それを聞いた剛男が、千遥のことを誰よりも心配する泰樹が喜ぶと話します。

その時、なつが「じいちゃん元気?」とたずねました。

「元気というか・・・このところ穏やかでな」と、剛男は含みのある言い方をするのでした・・・

柴田牧場の牛舎にて・・・ 

一人、うつろな瞳で牛を見つめていた泰樹。

そこに来た富士子は、次の夏にはなつと千遥が帰ってくるから元気でいなくちゃねと声をかけますが、泰樹は何も答えません。

一度医者に診てもらおうと勧める富士子に、泰樹は「もう十分じゃ・・・」とつぶやくのでした。

坂場家にて・・・ 

坂場家に宿泊することになった剛男。

坂場は今夜も仕事で、会社に泊まり込んでいました。

優を寝かしつけた剛男は、家でも仕事に追われるなつを心配します。

なつは、優のためにもこんな生活を変えたいが、今はどうしようもないとため息をつきます。

剛男は、優にはその気持ちが伝わっているから「優を信じろ」と言います。

なつは、剛男はいつだって子どもを信じてくれてたと感謝します。

そして、「父さんは強くて優しい人だわ、じいちゃんと同じように開拓者の魂が宿ってるからね」と、その思いを伝えるのでした。

柴田家にて・・・ 

十勝に帰った剛男は、千遥のことを喜ぶ家族に「心配なのは、なつだ!」と告げます。

なつと坂場は不眠不休で仕事をしていて、それは番組が終わる6月まで続くと話します。

そして、春には優が小学校の入学するため、家政婦を探していると興奮気味に報告するのでした。

なつぞら 泰樹

「富士子、お前行ってやれ。なつを助けてやれ」

黙っていた泰樹が口を開くと、剛男も同調し、照男や砂良も後押しします。

理由をつけて渋る富士子でしたが、なつの事を思い引き受けるのでした・・・

『マコプロ』にて・・・ 

昭和50年(1975)の春が近づいた頃。

富士子が上京してきました。

なつぞらネタバレ なつ

なつは、泰樹がなつを助けるように命じたことを富士子から聞いて、泰樹に感謝するのでした・・・

つづく

 

スカーレットの主題歌はスーパーフライ!|夫は?出身は?実家は?

◆朝ドラ・なつかしのヒロインたちを無料視聴で一気見する方法!コチラ

 

ランド♬いんふぉめ♬

*ネタバレ予告時点での「いんふぉめ」です。感想は放送後の掲載となります。

出演者

広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人、岡田将生、清原果耶、北乃きい、清原翔、中川大志、染谷将太、川島明、渡辺麻友、伊原六花、犬飼貴丈、粟野咲莉、渡邉蒼、大野泰広、鈴鹿央士、増田光桜、小林颯、吉田奏佑、貫地谷しほり、草刈正雄ほか

千遥にとってこの上ない条件で離婚は決着するということで、想像するだけで涙が出て来そうです。

そして、ちょっと遅れて剛男さんも合流。

奥原兄妹の父と戦友だった剛男さんは、兄妹を離れ離れにしてしまったという責任感から、いてもたってもいられずに駆けつけたのでしょうね。

剛男さんに引き取られたことからなつの数々の奇跡は起こりましたから、この場に一緒に居てくれることは、なつも願ったり叶ったりかもしれませんね。

さて、千遥のことは解決しましたが、なつの仕事はてんてこ舞いです。

優ちゃんの面倒も疎かになっているのでしょうから、剛男さんが心配するのも無理はありませんよね。

そんな経緯で、泰樹じいちゃんの鶴の一声で富士子さんが東京へやって来ます。

なつとイッキュウさんにとって、最高の助っ人ですね。

優ちゃんにとっても、大好きなおばあちゃんとずっと居られるので楽しそうな日々が始まりそうですね♪

 

なつぞらネタバレ25週150話|感想を最終回まで!

◀149話 | 151話▶

強くて優しい開拓魂を持つ男

今日は千遥ちゃんの離婚問題が心配のあまり、剛男お父さんが上京してきましたね。


『杉の子』に着くと、ちょうど千夏ちゃんも学校から帰ってきました。

子供の頃のなっちゃんそっくりな千夏ちゃんに会えて、上機嫌の剛男お父さんでしたが、店内に入るとさらに嬉しそうに!

なっちゃんたちの父親に託された手紙が、やっと三人に届き、三兄妹が揃っているのを見て本当にほっととしたのでしょう。

優しく律儀な剛男さんらしいです。

三人兄妹の末っ子、千遥ちゃんの離婚問題も何とか円満解決と聞いて、責任感の強い剛男さんも、やっと肩の荷が下りたのかもしれませんね。

柴田くん…本当に君のおかげだよ。ありがとう

なっちゃんたちの奥原お父さんの声が流れましたが、剛男さん本当におつかれさまでした。

剛男さんも強くて優しい開拓魂を持つ男です♪

泰樹じっちゃんが心配!

いまだに自分の奥さんを、「ふじこちゃぁん」と呼ぶ剛男さんとはまた一味違う、強くて優しい開拓魂を持つ男、泰樹じっちゃんはなんと今年で91歳!

牧場のことを相談する照男君には「好きにやれ…。お前に任せる」と言い、体を心配して病院に行こうと言う富士子さんには「…もう、十分じゃ」と無表情で答える。

そして、今日の最後のシーンです。

牛舎で幼いなっちゃんの幻影を見て、崩れ落ちるようにしゃがみ込む泰樹さんが映し出されました。


泰樹さんの、今後が心配です。

どうか「もう、十分」などと言わずにもっともっと長生きしてほしい。

ラスト1週間の予告編で、『NACS』最後の1人の大泉洋さんの出演もわかり楽しみもありますが、泰樹じっちゃんが心配です!

 

150話は、いかがだったでしょうか。
泰樹さんの命により、家政婦のミタならぬ『家政婦の富士子ちゃん』が坂場家にやって来ましたね。
夏の終わりとともに、『なつぞら』は残り1週、6話のみとなりました。
最終話までお付き合いを、どうぞよろしくお願いいたします♪

 

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

◀149話 | 151話▶

 

スポンサーリンク