「なつぞら」ネタバレ26週・最終回まで一気公開中!〉〉〉

なつぞらネタバレ26週151話のあらすじと感想【9月23日】

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ26週151話あらすじ感想

2019年9月23日(月)放送
なつぞら第26週テーマ「なつよ、天晴れ十勝晴れ」

なつぞらネタバレ26週151話|あらすじを最終回まで!

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

昭和50年(1975年)年3月

小学校入学を控えた優の世話をするために、北海道から富士子が上京してきました。

なつと富士子が優の入学の準備をしていると、最近、泰樹が元気がないと富士子は明かすのでした・・・

4月になり、優の小学校の入学式が行われ、なつと坂場、富士子も参加します。

入学式が終わると、なつと坂場は、優を富士子に預けてすぐに仕事に戻っていきました。

『大草原の少女ソラ』の放送がスタートして半年が過ぎ、今やすっかり人気番組になっていたのでした。

視聴者の目も肥えて行き、制作にもより一層力が入ります。

富士子は、毎日のように夜遅く帰宅するなつの健康を心配しました。

しかし、なつは、泰樹のような開拓者の人たちに、恥ずかしくないものを届けたいという思いを抱いていました。

なつの本質が少しも変っていないことに、富士子は嬉しくなるでした・・・

【スカーレット】ネタバレあらすじを最終回まで随時公開中!

◆富士子役・松嶋菜々子さんのプロフと40%超えのあの番組とは?

 

ランド♬いんふぉめ♬

*ネタバレ予告時点での「いんふぉめ」です。感想は放送後の掲載となります。

出演者

広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人、清原果耶、北乃きい、清原翔、中川大志、染谷将太、川島明、渡辺麻友、伊原六花、犬飼貴丈、岩谷健司、藤本沙紀、大野泰広、伊藤修子、鈴鹿央士、粟野咲莉、増田光桜ほか

ピカピカの一年生になった優ちゃん!

なつが優ちゃんを産んだのは昭和43年(1968年)6月ですので、もう7年近く経ちました。

周囲の助けに支えられながら、なんとか『育児と仕事』を両立してきたなつと坂場夫妻は感無量ではないでしょうか。

支えてくれてきた方々に感謝しきれないでしょう。

還暦を迎えて白髪が目立ってきた富士子さんですが、つかの間の優ちゃんとの生活を楽しんでくれるといいですね。

アニメも終盤を迎えてますます忙しくなるなつですが、91歳になり老いが目立つ泰樹さんに元気になるもの届けるためにも手は抜けないようです。

なつの創るアニメで、泰樹じいちゃんが元気になるといいですね♪

 

なつぞらネタバレ26週151話|感想を最終回まで!

感想記事は、放送後掲載させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

◀150話 | 152話▶

 

 

スポンサーリンク