「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ3週|なんと喜美子の仕事は「女中見習い?!」キビシ~イッ!!

スカーレット第3週テーマ
「ビバ!大阪新生活」

『スカーレット』ネタバレ3あらすじ予告|10月14日~10月19日

スポンサーリンク

週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

スカーレット・ネタバレ第3週のあらすじ予告

中学を卒業して、就職のため大阪に出てきた喜美子。

喜美子が勤務することになった『荒木商事』は、女性の下着をデザインする会社です。

社長の荒木さだは、喜美子の母・マツの遠縁に当たり、常治に押し切られる形で、所有する下宿屋『荒木荘』で喜美子を女中として雇ったのでした・・・。

スカーレット 荒木荘 3週

『荒木荘』には、さだのほかに、医学生の酒田圭介、新聞記者の庵堂ちや子、元公務員の田中雄太郎の4人が住んでいました。

喜美子は住み込みで、住人たちの世話をするのが仕事です。

『荒木荘』を切り盛りする女中の大久保のぶ子は、喜美子と対面するなり「信楽に帰れ!」と、言い放つのでした・・・

落ち込む喜美子がかばんを開けると、母と父がそっと忍ばせてくれたあるものを見つけました。

家族の思いやりに心打たれた喜美子は、覚悟を決めると翌朝、さだと大久保に頭を下げます。

そして、のぶ子に認めてもらえるように働きたいとお願いするのでした。

スカーレット のぶ子

すると大久保は、喜美子の心意気を受け止めるのでした・・・

とある夜の事・・・

喜美子とちや子がおしゃべりをしていると、信楽のことが話題になりました。

喜美子は、夕日のきれいな場所で拾った信楽焼のかけらを見せると、ちや子はしみじみと見つめるのでした・・・

スカーレット 庵堂ちや子

喜美子は仕事を懸命に覚え、自分なりに工夫を凝らしていきますが、のぶ子はなかな認めません。

ある時に、のぶ子は大量のストッキングを持ってくると、喜美子に破れているところを繕えと命じます。

夜なべ仕事で喜美子が繕うと、翌日もその翌日ものぶ子は持ってくるのでした・・・

初めての給料日・・・

喜美子は父・常治との約束で、初月給は全額を信楽に送ることになっていました。

大卒の給料が六千円ほどの時代、喜美子が期待を膨らまながら受け取ったのは千円札一枚だけ。

現実の厳しさを知る喜美子だったのでした・・・

スカーレット 喜美子

荒木商事『下着ショー』の日。

休みをもらった喜美子は、ショーを取材するちゃ子と一緒に見に行きます。

ちゃ子が勤める新聞社に立ち寄ると、喜美子は散乱した机が気になり手際よく片づけはじめました。

その姿を、編集長の平田昭三が見ていたのでした・・・

 

スカーレットネタバレ3週あらすじ予告・まとめ

第3週は、大阪編のスタートです!

喜美子は中学生から社会人一年生へ。

物語りの舞台は、のどかな田舎の信楽から、にぎやかでせわしい大都会の大阪です。

信楽に引っ越しするまでは大阪にいた喜美子ですが、すっかり信楽っ子になってしまいましたから大阪の変化に驚くことでしょうね。

大阪編で登場するキャラも、一癖も二癖もありそうな面々です。

就職先のさだ社長は遠縁とはいえ、付き合いもほとんどなさそうですから優遇されることもなさそうです。

自由奔放で進歩的な上、不思議ちゃんキャラのにおいも・・・。

そして、喜美子に立ちはだかるのは、女中のエキスパートの大久保のぶ子さん!

いきなり喜美子に「帰れ」と浴びせるとは、かなり手ごわそうですね。

出鼻から叩きのめされた喜美子を救うのは『草間流柔道の心得』です。

草間さんは、喜美子の人生の師匠と表現してもよいかもしれませんね♪

 

喜美子が女中をする『荒木荘』の住人もなかなか個性的です。

喜美子が恋をするお相手の、育ちがよくまじめなイケメン医学生(演:溝端淳平さん)。

よき友人となる大ざっぱな性格の女性新聞記者(演:水野美紀さん)。

そして元公務員の俳優志望の変なおじさん(演:TKO・木本武宏さん)の3人です。

楽しそうなドタバタ劇が展開されそうですね。

さて、待ち焦がれた初めてのお給料を手にする喜美子ですが、現実を突きつけられます。

しかもそれを全額、実家に送る約束とは・・・

喜美子に稼いでもらおうと目論む常治父さんも金額を見てガッカリするのかもしれませね。

昭和28年(1953年)はテレビ放送が始まった年。

終戦から8年経ち、新しい時代の熱気がたちこめる頃ですね。

社会人一年生の喜美子の大阪での奮闘ぶりに期待したいと思います♪

ではでは

◀2週4週▶

各話ネタバレはこちら

スポンサーリンク