「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ6週|喜美子・信楽に帰る!成長した幼なじみの顔・顔・顔!

スカーレット第6週テーマ
「自分で決めた道」

『スカーレット』ネタバレ6あらすじ予告|11月4日~11月9日

スポンサーリンク

週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

スカーレット・ネタバレ第6週のあらすじ予告

父・常治から、母・マツが倒れたと連絡を受けた喜美子は、急いで大阪から実家へ帰りました。

喜美子が慌てて茶の間へ駆け込むと、常治は、大阪にはもう戻らなくて良いと、喜美子に突然言い放ちます。

スカーレット 常治 じょうじ

事情が分からずに喜美子が困惑していると、倒れたはずのマツが顔を出しました。

倒れたというのは常治の嘘で、喜美子を信楽に帰らせるためのものでした。

喜美子が帰ってこないと困る事情が、川原家にはあったのです。

それは川原家の家計が、想像以上に困窮していたことでした。

そこで、常治は繁盛している『丸熊陶業』で、喜美子を働かせる話を進めていたのでした・・・

喜美子はその困窮を知ると、信楽に帰ることを決断するのでした。

いったん大阪に戻る喜美子・・・

心配するさだ達に、実家の事情を打ち明ける喜美子。

絵の学校へ通うことはあきらめて、その資金は家族の借金返済に充て、自分は信楽に帰ることを伝えます。

この日は、ちや子が荒木荘に戻らず、お別れの挨拶ができなかったことが喜美子の心残りでした・・・

信楽に帰った喜美子・・・

喜美子が信楽に戻ってまもなくすると、幼なじみの照子の実家『丸熊陶業』で働くことが決まりました。

仕事は、陶工や絵付け職人の、昼食とお茶を用意する食堂の仕事です。

スカーレット 喜美子 きみこ

絵付け』という言葉は喜美子にとって聞き覚えの無いものでしたが、勤務初日に、その絵付けされた火鉢を見て一瞬で魅了されるのでした。

喜美子と照子と信作の3人が誰もいない絵付け係の部屋で話していると、そこに絵付けの親方と共に職人達が戻って来ました。

ところが、照子の父で社長の熊谷秀男と犬猿の仲の親方は、突然、職人達を全員連れて辞めてしまうというのでした。

その一部始終を見ていた喜美子は、自分の中で絵付けをしたいという思いが溢れてきます。

そして、その思いを照子に伝えるのでした。

スカーレット 照子 てるこ

照子は、絵付けは男の仕事だと躊躇しながらも、父である社長に伝えることを約束しました。

そして、社長から「試しに・・・」と許可を得た喜美子は、翌朝、絵付け場に向かいます。

喜美子が部屋を覗いてみると、そこには見知らぬ初老の男性が座っていたのでした・・・

◆スカーレット・キャスト一覧コチラ▶

 

スカーレットネタバレ6週あらすじ予告・まとめ

 

◀5週7週▶

各話ネタバレはこちら

スポンサーリンク