「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ2週10話|なんと今日でチビッ子喜美ちゃんともお別れ~!

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年10月10日(木)放送

スカーレット第2週テーマ
「意地と誇りの旅立ち」

【スカーレットネタバレ2週10話|あらすじを最終話までお届けです!

スポンサーリンク

道場にて・・・ 

「喜美ちゃん、知らん?照子がいなくなったんや!」血相変えて道場に駆け込んできた照子の母・和歌子。

草間に事情を聴かれた和歌子が話します。

照子は叱られるとぷいっと家を出ていくが、いつもすぐに帰ると言います。

しかし、今回は『人さらい』の話を聞いていたので、心配になり探しに来たと言うのでした。

和歌子から、「ポン煎餅で子どもをおびき寄せる」という、人さらいの手口を聞いた喜美子たちは、青ざめるのでした・・・

川原家の庭にて・・・ 

大野雑貨店の陽子と警官が、喜美子をたずねてきました。

そして、物陰からは陽子の夫・忠信がその様子を見守っていました。

警官は、大野雑貨店の前で拾ってしまった『赤い手袋2組』を差し出し、喜美子と直子にあげると言います。

喜美子は手袋をもらう意味がわからず困惑しますが、押しの強い陽子に誘導されながら、最後は喜んで受け取ります。

娘を思う父・常治の気持ちを、ようやく届けることができたと、陽子と忠信は喜ぶのでした・・・

川原家にて・・・ 

手袋を手にした妹・直子も、はしゃいでいます

母・マツは「2人分の手袋・・・そない都合のええ話・・・」と笑いました。

マツは、大野夫妻の思いやりのある画策を見抜いていたのでした。

「ぬくいなあ・・・ええなぁ」

手袋をはめた喜美子と直子は、揃ってうれしいポーズをするのでした。

神社にて・・・ 

喜美子は、お使いの途中で神社に寄ると、照子の無事を頼みしました。

するとその時、女の子の叫び声が聞こえてきました。

「やめて、嫌や言うてるやん、放して!」

そこには、見知らぬ若い男に、腕をつかまれる照子の姿がありました。

喜美子はその男のもとに駆け寄ると、「照ちゃん、逃げて!」と言い放ち、柔道の構えで男に立ち向かいます。

「とやあ~! とやあ~!」

草間から教わった技で、男を投げ飛ばそうとしますがビクともしません。

「その人、うちの丸熊陶業の陶工やで?」照子の言葉に、喜美子は拍子抜けしました。

陶工は、家出した照子を、家に帰るよう説得していたと明かすのでした。

結局、照子の家出の理由は分からずじまいでしたが、照子の失踪は無事に解決するのでした・・・

草間が旅立つ日・・・ 

「喜美ちゃん、くれぐれも気を付けて。むちゃはしないように」

草間の言葉に、喜美子はにこやかに返事します。

マツが、奮発して白米のおむすびを持たせました。

そこに、陶工の慶乃川がたぬきの焼き物を土産に届けにきました。

さらに、柔道の教え子とその母親たちも次々と来て、草間との別れを惜しみます。

「また遊びにきます」

再会を約束した草間は、東京へと旅立っていきました。

それから5年後・・・

昭和28年(1953年)2月。

喜美子は15歳になり、もうすぐ中学を卒業する頃となっていました・・・

つづく

 

【スカーレットネタバレ2週10話|感想を最終話まで!

◀9話 | 11話▶

てんやわんやありながら、時が一気にスキップ!


常治父さんのやさしが詰まった赤い手袋が、大野夫妻の優しさによって、ついに喜美ちゃんと直ちゃんのところに届きました。

なんだかもどかしい展開でしたが、喜ぶ姉妹の姿を見てホッコリしたのではないでしょうか。

そして、行方不明になった照ちゃんでしたが、『人さらい』ではなくて家出という結末でした。

家出の理由が明かされませんでしたが、今後のどこかで明かされるのではないでしょうか。

照ちゃんの心に中に抱える影が気になりますね。

さて、小学4年生だった喜美ちゃんが、中学3年生へ。

ヒロイン・喜美子役は、子役の川島夕空ちゃんから、戸田恵梨香さんにバトンタッチ。

それと同時に、幼なじみの信作役と照子役も、林遣都さん、大島優子さんが登場しました。

少女期が終わり、いよいよ『スカーレット』本番の突入ですよ♪

ではでは

◀9話 | 11話▶

スポンサーリンク