「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ3週15話|喜美子クビからの復活?謎の住人・雄太郎登場!

NHK朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年10月16日(水)放送

スカーレット第3週テーマ
「ビバ!大阪新生活」

【スカーレットネタバレ3週15話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

大阪に来た初日に信楽に帰れと告げられた喜美子。

しかし、家族や信楽のみんなの思いを胸に、ここで頑張り抜く決意をしました。

スカーレット 喜美子 きみこ

翌朝の事・・・ 

出勤する女中・大久保のぶ子を玄関で待ち構えていた喜美子は、のぶ子にもらった信楽へ帰る汽車賃を返します。

そこに、家主・さだも起きてきました。

喜美子は二人に向かい「予定どおりここで働かせてもらいます!」と、改めて宣言するのでした。

スカーレット のぶ子 さだ

のぶ子は呆れ顔になり、さだも帰ることに納得したはずなのにと困惑します。

食堂にて・・・ 

新聞記者のちや子が朝帰りし、医大生の圭介も起きてきて、皆が食堂に集いました。

喜美子は話を聞いて欲しいと訴えると、「大久保さんのことをず~と考えていました」と、話し始めます。

のぶ子が眉をひそめる中、喜美子は相手を敬う『草間流柔道』の話を持ち出すと、さだ、ちや子、圭介が興味を示しはじめました。

スカーレット 荒木荘

喜美子はのぶ子の仕事ぶりに感銘を受けたことを明かすと、「いつか、あんたにしかできひん、参りましたと言わせてみたい」と、話します。

「どうか雇って下さい、働かせて下さい!戦わせて下さい、お願いします!」

スカーレット 喜美子 きみこ

喜美子の真剣な姿に、さだ、ちや子、圭介の三人は胸を打たれます。

のぶ子は、「戦うって、子ども相手にアホらしもない」と言い残し、台所に入っていきました。

しかし、テーブルには、のぶ子が用意した急須と湯飲みが準備したままになっていました。

それを見た圭介とちや子が、喜美子にお茶を煎れるよう目配せすると、さだがのぶ子に聞こえるように「この子にお茶いれてもろてええんやね~?」と、声を掛けます。

スカーレット さだ

呆れ顔だったのぶ子ですが、内心では喜美子の決心を受け止めたようでした。

「ちゃっちゃっとしなはれ!」

のぶ子の激が飛び、女中・喜美子の大阪での生活が始まるのでした・・・

謎の住人・雄太郎・・・ 

ちや子と圭介は、淀川で見つかった30~40代の男性の溺死体事件のことを話題にすると、姿を見せない住人・田中雄太郎(たなかゆうたろう)を心配します。

スカーレット 喜美子 きみこ

二人は、喜美子に挨拶するようにけしかけました。

喜美子がノックすると、雄太郎はしつこく三つ子だという三文芝居を繰り返した後に、「どうも田中雄太郎です」と出てきました。

スカーレット 雄太郎 ゆうたろう

ちょっとどころかかなり変わっている雄太郎を、喜美子は「楽しい!」と無邪気に笑い転げるのでした・・・

忙しい日々・・・ 

喜美子は住み込み女中として、忙しい日々が始まりました。

『荒木荘』の朝は早く、慣れない喜美子は4時半に起きます。

掃除や洗濯にも細かいルールがあり、買い物や御用聞きの応対など、朝から晩まで、やることは山のようにあります。

スカーレット 大久保のぶ子

中でも食事の支度は一番の仕事です。

住人は起きてくる時間も出かける時間も違い、食事の好みも違うため、そのたびに用意します。

とにかく覚えることや考えることがたくさんあり、自由な時間はほとんどありません。

喜美子はのぶ子に喰らいつくように、一つ一つを必死で覚えていきました。

自室にて・・・ 

喜美子が、唯一ほっとできる寝る前のひと時。

『魔法のハガキ』を使って初めての便りを書くのでした・・・

スカーレット 喜美子 きみこ

「お母ちゃん、楽しいで~!」

 

 

【スカーレットネタバレ3週15話|感想を最終話まで!

今日の出演者
戸田恵梨香、溝端淳平、羽野晶紀、三林京子、オール阪神、木本武宏、水野美紀、ほか

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

 

◀14話 | 16話▶

スポンサーリンク