「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ3週16話|大久保流を草間流で乗り切る?常治の無言電話とは?

NHK朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年10月17日(木)放送

スカーレット第3週テーマ

「ビバ!大阪新生活」

【スカーレットネタバレ3週16話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

大野雑貨店にて・・・ 

喜美子から初めての便りを受け取った母・マツ。

娘の頑張る姿を思い浮かべ安心すると、そのハガキを大野雑貨店の陽子に、嬉しそうに見せるのでした。

「楽しい」と書いてあるので、陽子も身内のように喜びます。

その一方で、マツは気難しい性格の次女・直子に手を焼くことを、陽子にこぼすのでした・・・

その夜・・・ 

いつもにように仕事後に、若い衆の保と博之を引き連れて酒を飲みに行った常治。

酔いつぶれてしまい、大野雑貨店の店主・忠信に背負われて店までやって来ました。

電話を見た常治は、酔った勢いで『荒木荘』に電話をかけます。

「荒木荘でございます・・・もしもし?」

受話器の向こうから喜美子の声が聞こえると、常治は胸がいっぱいになり、何も言うことができません。

いたずら電話だと思った喜美子が電話を切りました。

「喜美子・・・喜美子・・・よう頑張れよ・・・」泣きながら常治はつぶやきます。

陰では忠信たちが、切ない気持ちで見守るのでした・・・

『荒木荘』の食堂にて・・・ 

幼なじみの照子から、喜美子に手紙がきました。

いかに楽しい高校生活を送っているかと自慢するように、「楽しい」の文字が36個も書かれています。

高校内で満面の笑顔を浮かべる写真も、何枚も同封されていました。

実はその写真が、信作に「偽りの笑顔やん」とバカにされながら撮影されていたものとは、喜美子には知る由もありません。

喜美子は、高校生活を謳歌する照子と、荒れた自分の指の落差から、次第にせつなさがこみ上げてくるのでした・・・

そんな時に・・・ 

仕事を終えたちや子が帰って来ました。

照子の写真を見せながら、二人のおしゃべりが始まります。

話題が父・常治のことになり、喜美子は「女に学問は必要ない」という父の考えで、進学せずに就職したと打ち明けました。

「ひどいな、それ」と、ちや子は同情します。

喜美子は信楽にいたかったけど、「最後は自分で納得して来ました。旅のお供を連れて・・・」と、笑顔を浮かべるのでした。

喜美子の部屋にて・・・ 

喜美子は、旅のお供の『焼き物のかけら』を、ちや子に見せます。

その陶器の破片を手に取ったちや子は、昔のものだと高い値がついたりすると口にしました。

「お金になるということですか?」喜美子は目を丸くします。

ちや子は、焼き物に詳しい上司に見てもらうから、一度会社に来ればよいと言ってくれるのでした。

「えらい価値があったらどないしよ~、なんぼするんやろ?ヒイ~~~!」

ひとりで浮足だつ喜美子なのでした・・・

つづく

【スカーレットネタバレ3週16話|感想を最終話まで!

今日の出演者

戸田恵梨香、富田靖子、羽野晶紀、大島優子、林遣都、マギー、三林京子、安原琉那、稲垣来泉、中川元基、諸園裕太、財前直見、水野美紀、北村一輝、ほか

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

 

◀15話 | 17話▶

スポンサーリンク