「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ4週20話|ちや子の迫力にたじろぐ!雄太郎が銀幕デビュー!

NHK朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年10月22日(火)放送

スカーレット第4週テーマ
「一人前になるまでは」

【スカーレットネタバレ4週20話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

新聞社で就職体験・・・

編集長の平田から、雑用を頼まれた喜美子は手際よく取り掛かります。

すると、他の新聞社に記事をすっぱ抜かれたと言いながら、記者の一人が駆け込んできました。

平和的な空気だった職場の空気が一変し、怒号が飛び交い始めます。

ちや子は、激しく言い合いをすると駆け出していきました。

喜美子は、ちや子のあまりに迫力に驚き、茫然と見送ります。

そんな喜美子に、平田が、ちや子の数々の武勇伝を明かしました。

そして「どこぞの男より二倍は働く。ブン屋(新聞社)の誇りも人の二倍はある」と、ちや子を高く評価するのでした。

その後、平田は、喜美子の信楽焼のかけらの鑑定結果を報告しました。

価値があるないよりも、室町時代の焼き物だと言います。

喜美子はその話になぜか感動し、自分にとってかけがえのないものであることを再確認したのでした・・・

雄太郎の銀幕デビュー・・・

就職体験を終えて帰宅した喜美子に驚きのニュースが飛び込んできました。

なんと、役者志望の雄太郎が、念願の銀幕デビューが決まったと打ち明けるのです。

セリフは「うわー」のたった一言。

しかし雄太郎は、「今はお金より夢や」とカッコつけて言うのでした・・・

夢、将来・・・

喜美子は、夢を追う雄太郎の言葉や、深夜まで働きづめのちや子に心を動かされます。

自分には夢があるのか、将来を見つめ直すのでした・・・

 

【スカーレットネタバレ4週20話|感想を最終話まで!

今日の出演者

戸田恵梨香、水野美紀、辻本茂雄、ほか

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

 

◀19話 | 21話▶

 

スポンサーリンク