「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ4週20話|ちや子の迫力にたじろぐ!雄太郎が銀幕デビュー!

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年10月22日(火)放送

スカーレット第4週テーマ
「一人前になるまでは」

【スカーレットネタバレ4週20話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

雄太郎の協力で、喜美子はちや子の新聞社に就職体験にやって来ました。

『デイリー大阪』にて・・・ 

喜美子は、男性記者たちを圧倒して飛び出して行くちや子を見てあっ気にとられます。

ちや子が出て行き静けさが戻ると、喜美子は手際よく雑務をこなしていきました。

スカーレット 平田 辻本

そこへ、編集長の平田が、喜美子の『信楽焼きのかけら』を返してくれました。

平田は、大学の先生に鑑定したもらった結果、価値があるないよりも、室町時代の焼き物だったと報告し、「なかなかのもんちゃう?」と、笑みを浮かべます。

スカーレット 辻本 平田

金額的な価値を期待していた喜美子ですが、「ほな、大事に取っておきます」と、陶片の入った小箱を宝物のように手にし、嬉しそうに微笑むのでした。

スカーレット 喜美子 きみこ

ちや子のことを心配した喜美子に、男性記者がちや子は鉄砲玉だと揶揄します。

すると平田が「どこぞの男より二倍は働く、ブン屋(新聞社)の誇りも人の二倍はある」と、男性記者をいさめます。

スカーレット 平田 辻本

そして、ちや子は仕事をおろそかにせず、最後まで責任を持って取り組むと高く評価するのでした・・・

『さえずり』にて・・・

就職体験を終えた喜美子を、雄太郎が待っていました。

スカーレット 雄太郎 木本

感想を聞かれた喜美子は、仕事は難しくないため、ちや子と相談してじっくり決めたいと前向きに答えます。

試しに働くことを薦めた雄太郎は、その話を聞き安心するのでした。

そこにマスターがアイスクリームを運んできます。

スカーレット さえずり

僕もええことあったんや!

雄太郎は、「僕も嬉しいことがあってん、おごったるわ。喜びを分かち合おうや!」と、満面の笑みを浮かべるのでした・・・

『荒木荘』の食堂にて・・・ 

雄太郎は、さだと圭介に『大阪ここにあり』という台本を差し出すと、「ついに映画俳優や!」と得意げに言います。

市役所を辞めて役者を目指していた雄太郎の、念願の銀幕デビューが決まったのでした。

スカーレット 雄太郎

夢を見つけたんよ

セリフは、「うわーっ!!」しかありません。

しかし雄太郎は、「今はお金より夢や、お金より大事なもん、僕は見つけた」と、遠くを見るように言うのでした・・・

自室にて・・・ 

ちや子の帰りはいつにも増して遅く、うとうとした喜美子は夢を見ます。

ちや子が、草間流柔道で次々と男たちを投げ飛ばします。

映画俳優になると息巻く雄太郎、医者になると叫ぶ圭介も柔道着を着ています。

「とやあ~!」

自らの掛け声で、びっくりして目覚めた喜美子。

目がさえてしまい、喜美子は花の絵を描きはじめました。

そこへ、ちや子が帰ってきました。

ちや子は「今日、試しに働いてみてどうやったん?」と聞きます。

すると、喜美子は「雄太郎はんがすごいですよ、映画に出はるんですって!」と、驚きのニュースを話します。

「映画っ!!」ちや子は仰天します。

スカーレット ちや子 

それよりも自分の事や

しかし、その話よりも今日の喜美子の感想が、気になるちや子なのでした・・・

 

【スカーレットネタバレ4週20話|感想を最終話まで!

◀19話 | 21話▶

ちや子さんから、自分の人生は、自分自身で考えるようにアドバイスされていた喜美ちゃん。


転職を決めたはずですが、迷いが出てきたようです。

お給料や勤務条件だけではなく、夢や誇りを持つ『荒木荘』の人たちを見て、自分自身を見つめ直す機会を得ました。

仕事に誇りと責任をもって、男をはねのけて頑張るちや子さん。

今はお金より夢だと、映画俳優を目指す雄太郎さん。

医者になるために、日々努力している圭介さん。

さださんも、喜美ちゃんに初めて会った時に、洋装を美しく着こなすための下着づくりをしている明確な目的を語っていました。

大久保さんも、プロ意識の塊です。

15歳の喜美ちゃんは、どんな答えを出すのか気になりますよね。

ところで、喜美ちゃんの旅のお供だった焼き物のかけらは、室町時代(1336年~1573年)だと判明しました。

重要なアイテムとして、今後もちょくちょく画面に登場しそうですね♪

ではでは

◀19話 | 21話▶

スポンサーリンク