「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ5週28話|寂しおますやん・・・。のぶ子の言葉にさだもしんみり?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年10月31日(木)放送

スカーレット第5週テーマ
「ときめきは甘く苦く」

【スカーレットネタバレ5週28話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 お別れの日・・・ 

圭介が『荒木荘』を出て行く日が来ました。

「喜美ちゃん、さいなら・・・」

喜美子は、さだや雄太郎と一緒に、再会を約束して笑顔で圭介を見送りました。

心の中にぽっかりと穴が開いた喜美子は、圭介の大好物のおはぎを食べながら、圭介と過ごした楽しかった日々を振り返ります。

次第にポロポロと涙がこぼれ落ちてきた喜美子は、こんな苦しい思いをするくらいなら、恋なんて二度とするもんかと固く心に誓うのでした。

喜美子の恋物語は、こうして終わりを告げたのでした・・・

その年の暮れ・・・ 

喜美子が休みを取ったため、のぶ子が久しぶりに『荒木荘』にやって来ました。

のぶ子は煮物や経理簿などを見て、喜美子の仕事ぶりをチェックしています。

さだが、そろそろ喜美子を認めてあげたらどうだと言うと、のぶ子は自分が認めたら喜美子が『荒木荘』を卒業してしまうと口にします。

そして「寂しおまっしゃやないか」と、ため息をつくのでした。

そこに、ごきげんな様子で喜美子が帰ってきました。

学校見学で3校を回ってきた喜美子は、『レノア美術研究所』の週3日の絵画コースなら、『荒木荘』の仕事と両立できそうだと嬉しそうに報告します。

さだは、なによりも喜美子が『荒木荘』を辞めないことがわかり大喜びです。

のぶ子は、厳しい目つきと口調で「しっかり働きぃ!」と、喜美子に喝を入れると帰っていきました。

外に出たのぶ子が、満面の笑みで喜んだことを、喜美子は知りませんでした・・・

食堂にて・・・ 

喜美子は、帰宅したちや子に学校のことを報告します。

ちや子も推薦していた『レノア美術研究所』を目指すと話しました。

すると、そう言えばと、ちや子がカバンから案内状を取り出し、喜美子に渡します。

レノアの特別講師・ジョージ富士川のサイン会があると言い、日本を代表する芸術家の顔を拝んでこいと勧めました。

学校のお金を心配するちや子に、喜美子は「問題は、うちのジョージ(父・常治)」だと悩ましげに言います。

そして「先のことはわからへんけど勉強してみたい」と、話すのでした。

ちや子は、雄太郎を引き合いに出して「こういう人もおるから、先のことは分からんでもやりたいことあったら、やったらええねん」と、背中を押すのでした・・・

数日後・・・ 

ちや子の上司・平田が『荒木荘』にやって来ました。

春から大学に通う、知人の娘の下宿探しのためだといいます。

平田は、案内するちや子に、新聞社の赤字続きは変わらないから「お前も身の振り方、考えといたほうがええぞ」と、漏らします。

しかし、ちや子は「うちはヒラさんについていきます。辞めません!」と答えるのでした。

そのちや子の信頼を、正面から受け止められない平田がいました・・・

サイン会場にて・・・ 

喜美子は、世界的な芸術家・ジョージ富士川のサイン会場を訪れました。

展示されている作品の価値はわかりませんが、見よう見まねで鑑賞してみます。

そこに、「ボンジュール!ジョージ富士川が来たでえ」と、言いながら富士川が会場に入って来ました。

コテコテの大阪弁に驚く喜美子ですが、さらに驚くことが待ち受けているのでした・・・

スカーレット ジョージ富士川

ボンジュール!・・・

つづく

【スカーレットネタバレ5週28話|感想を最終話まで!

◀27話 | 29話▶

もう一人のジョージである、ジョージ富士川が登場しました♪

派手な金髪ヘアー、フランス語の挨拶なのにコテコテの大阪弁・・・あやしさ満点で期待が膨らみますね。


さて、笑顔で圭介さんを見送った喜美ちゃん。

一人で回想するシーンは、かわいそうで見ていられませんでした。

喜美ちゃんの初恋は悲しい結末になってしまいましたが、人生の財産になったかことでしょう。

二度と恋などしないと言わず、次の恋を見つけてもらいたいですね♪

さて、今日の28話は、優しさに包まれた回となりましたね!

『荒木荘』と学校を両立したい喜美子を手放しで応援するさださん。

悩まずに進めと、背中を押すちや子さんと雄太郎さん。

一方で、喜美ちゃんが浮かれないように引き締めながらも、陰では、ツンデレ炸裂で喜ぶ大久保さん。

誰よりも一番喜んだのは間違いなく大久保さんでしょうね。

そして、喜美ちゃんがせっかく用意した『おはぎ』を持って行かなかった圭介さんですけど、 それはあき子さんに対しての優しさだったか、あるいは喜美ちゃんが抱く未練を断ち切るための優しさだったのではないでしょうか。

また、ちや子さんに忠告したヒラさんの言葉にも、ちや子さんを気遣う優しさがにじみ出ていましたね。

明日は、お待ちかね、草間さんと8年ぶりの再会で~す♪

ではでは

◀27話 | 29話▶

スポンサーリンク